会社概要 バイオテクノロジー機器の
オリエンタルインスツルメンツ
相模原市中央区  Tel. 042-707-1731
弊社へのメールはこちらです

前ページ トップページ 微生物関連 次ページ

微生物関連



■複合菌分離移植装置

    ●小型複合菌分離移植スクリーニング装置 ORT-670

    ●大型複合菌分離移植スクリーニング装置 ORT-700

    ●自動分注システム H-50 H-100

■連続振とう培養OD測定装置 TIC-OD-500






複合菌分離移植装置

ORT シャーレ等に培養された土壌菌等のコロニーをカラー解析により色別に分類し、自動的に移植する装置です。
  • シャーレに培養された土壌菌およびその他多くの菌をカラー別に分別移植します。

  • 培養シャーレ上のコロニーの総てをカラー別に分別し、マイクロトレー(96穴)に分別移植します。

  • 0.5mm以上のコロニーをカラー別に分別移植を自動的に行います。

  • カラー解析により、多種の土壌菌を複合移植することができます。

  • 菌種類別に他の容器に分別培養することができます。




小型複合菌分離移植スクリーニング装置

ORT-670



多くの混釈された微生物を色別、サイズ別等に分離同定し、シャーレよりマイクロプレートへ、更にマイクロプレートよりマイクロプレートへ、PCの設定により寒天培地された未知の微生物の分離培養を自動的に行う装置です。

ORT670-1 ORT670-2 ORT670-3 ORT670-4
移植装置部です。この部分の変更により多くの移植作業を行うことができます。 この装置は総てPCの画面の表示に従いコントロールし、シャーレよりマイクロプレートへ、または、マイクロプレートよりシャーレへ、その他マイクロプレート間の分離移植も可能です。 装置は、PC一式と作業部で場所も取らず小型の装置です。


微生物コロニーを複合菌分離移植スクリーニング装置は、シャーレ等に培養された土壌菌等々を色別に認識、更にサイズ別に識別し、マイクロプレート等に自動的に分離移植する装置です。またPCRへの分注操作も自動的に行います。機種別に少量処理用の小型装置から、大量処理用の大型装置等々、お客様のニーズに合わせ製造致しております。
【仕 様】
シャーレ枚数 9枚
マイクロプレート 2枚(96,24,12穴)内1枚はPCR用に使用し、約4℃に冷却
移植ピン 200℃〜400℃の減菌槽にて移植ピンの減菌を行う
処理速度 1コロニー2秒にて処理します

*その他明細仕様につきましてはお問い合わせ下さい。




大型複合菌分離移植スクリーニング装置

ORT-700

ORT-700

この装置は自動的に大量分別処理を行うための装置で、シャーレ100枚とマイクロプレートが50枚セットでき、一旦、PCにて設定することにより。色による分別処理、またはサイズ別分別処理を行い、移植ピンも自動的に200℃〜400℃の温度で減菌し、一切のコンタミネーションも心配はいりません。

【仕 様】
シャーレ枚数 100枚
マイクロプレート マイクロプレート: 30−50枚連続運転可能、また、PCR用マイクロプレートも約4℃に冷却し、PCRを使用しないときはマイクKロプレートからマイクロプレートへの移植可能です。
コロニー解析 特殊カメラで撮像し、色、サイズ等々をPC画面上でセレクトすることにより自動運転が出来ます。
移植式 移植方式はシャーレよりマイクロプレート等の移植を多種行うことができます。
減菌処理 200℃〜400℃の減菌槽に移植ヘッドを入れて行い、ヘッドに付着した異物を除去いたします。

*その他明細仕様につきましてはお問い合わせ下さい。



自動分注システム H-50 H-100


液体培地、寒天培地等を自動的にマイクロプレート、ボトル、シャーレ等に1μl−500μl,1ml−10ml 1分注致します。その他異種容器の注入を正確に行います。再現性につきましても±0.1%を保証いたし、総てお客様の要望の金額および仕様で製造致します。

H-50 H-100
Model H-50
Model H-100
小型分注装置ですが、用途に応じて多くの注入作業が出来ます。
中型分注入装置で、多種に渡るボトル、プレート、シャーレ等に自動的に液体を注入する装置です。



シリンジポンプ

上記の装置に右のポンプを装着することにより、多くの薬液等の分注を正確に行うことが出来ます。
一連式ポンプ 三連式ポンプ 4連式ポンプ
一連式ポンプ 三連式ポンプ 4連式ポンプ




連続振とう培養OD測定装置

TIC-OD-500


OD  多くの製薬会社および微生物培養関連会社が、現在までは、その都度培養状況を人為的に、振とう培養装置より取出し測定しておりましたが、この度当社が開発致しましたOD測定装置は、振とう培養装置に連動して人為的に測定することなく、測定時間を設定することにより自動的に培養過程の測定が可能です。更に、現在ご利用されている既存の振とう培養装置の一部を改良することにより、ご使用いただけます。

【仕 様】
測定サンプル 液体培地
測定方法 透過光によるサンプルの濃度測定(OD値)
測定範囲 0.00〜2.00(OD値)
測定精度 A/D分解能 10bit
測定波長 630nm
測定時間設定 振とう培養装置より任意設定可能
データ出力 OD値表示および RS232C によりPCへ表示
測定数 3〜5チャンネル(チャンネル数は特注にても増加可能)
電源 AC100V±10%、50/60Hz

This home page is written in Japanese by Shift-JIS code.
Copyright © 2021 Oriental Instruments Co., Ltd. All rights reserved.