公式HP 夢見ヶ崎動物公園 > 夢見の動物 公式FB  

レムール舎 (キツネザル舎)

最新情報 2029 2028 2027 2026 2025 2024 2023 2022 2021 2020
2019 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010
2009 2008 2007 2006 2005 2004 2003 2002 2001 2000

Profile

秋のレムール舎レムール舎は、2004年3月26日午後、マダガスカル共和国大使臨席のもとオープンしました。5メートルの高さの天井で、全体を網で覆い、来園者は獣舎の中通路と外側の両方から観察できます。レムールはキツネザルを総称する学名で、森に住む「おばけ」とも言われる貴重種です。レムール舎の完成とともに、いままでのエリマキ、ワオキツネザルに、クロ、ブラウンキツネザルが加わりました。レムールは全部で7種類いますが、そのうちの4種類がここに居ることになります。

舎内区分 現在の住民 以前の住民
混住メス専用 ブラウンキツネザル、  ワオキツネザル   
混住オス専用 ブラウンキツネザル、  ワオキツネザル   
クロキツネザル クロキツネザル   
ワオキツネザル、  ブラウンキツネザル クロキツネザル
エリマキキツネザル エリマキキツネザル ワオキツネザル


レムール(キツネザル)

レムールが生息するマダガスカル島は、日本の約1.6倍の広さで、日本から約1万km離れたインド洋にあります。この島は世界で4番目の大きさで、地形や地質、気候や植生も多様なため、小さな大陸とみなされています。
アフリカ大陸から400kmしか離れていないのに大陸と共通の哺乳類がほとんどいません。
マダガスカルがアフリカ大陸から分離したのは霊長類の祖先が出現する以前のことで、レムールの祖先はアフリカ大陸から流木などに乗って流れ着いたと考えられています。
漂着したレムールの先祖は、マダガスカルの多様な環境に適応し、様々な種分化をとげ、過去にはゴリラほどの大きさにもなる種もいました。現在は60~90種がマダガスカルに生息しています。
しかしその後、2000年ほど前に、この島に渡った人類の生活圏の拡大に伴い、レムールは絶滅の危機に瀕しており、今日では厳重に保護されています。


上記は、東京農業大学、「食と農」の博物館にあるバイオリウム内のレムール舎前にあった説明です。以前、ここには沢山のレムールがいましたが、最近は数が少なくなったようです。研究施設のためか獣舎の金網は白いままで、なかを覗くには少々不便なところもあります。夢見ヶ崎動物公園のレムール(キツネザル)たちは、2004年、ここから来ました。バイオリウムの“バイオ(BIO)”は「生き物」、“リウム(RIUM)”は「空間」のことだそうで、大きな温室に、動物園、植物園、水族館といったくくりを取り去った「生きもの空間」を創出し、珍しい動物や植物がここで共棲しています。入場無料、(財)進化生物学研究所が運営しています。中に入ると、来園者と一緒にリクガメが散歩し、大きな熱帯の樹にはカメレオンやイグアナがいました。沢山の水槽には熱帯魚もいます。カメや熱帯魚、熱帯の植物、そして農作物の販売も行われていました(2010/10/12)。





レムール舎は、2004年3月26日午後、マダガスカル共和国大使臨席のもとオープンしました。5メートルの高さの天井で、全体を網で覆い、来園者は獣舎の中通路と外側の両方から観察できます。レムールはキツネザルを総称する学名で、森に住む「おばけ」とも言われる貴重種です。レムール舎の完成とともに、いままでのエリマキ、ワオキツネザルに、クロ、ブラウンキツネザルが加わりました。レムールは全部で7種類いますが、そのうちの4種類がここに居ることになります。


レムール舎レムール舎2005/05/29
レムールの飼育は歴史が浅く、野生の状態もまだ詳しく知られていないため、ここでの飼育は手探りで行っている状態です。ワオとブラウンを同じスペースで飼育していますが、どちらもおとなしい性格であり、故郷マダガスカルでは、ブラウンは主に樹上で暮らし、ワオは地上で暮らすことが多いため、同じ場所でも棲み分けができるだろう、という思い切った決断による実験でした。ブラウンの双子が無事に育ち、ワオの子供と一緒にグルーミングしてくれるのが、とりあえずの夢だそうです。夕方、レムールたちを庭から獣舎に入れるとき、スンナリ入る日もあれば、逃げ回る日もあります。その原因すらまだ分かっていないそうです。ここでの飼育は大学と提携して行っており、この経験を蓄積し、レムールの生態を解明、将来はここで繁殖した子供達が、マダガスカルの森で絶滅の危機にある仲間のところに駆けつける日がくる、それが夢見ヶ崎動物園の夢のひとつのようです。

2005/05/26
梅雨時の湿気対策かエアコンを設置するようです(東京、ぴっぴさん)。

2005/06/07 夢見ヶ崎動物公園レムール舎が宝くじの図柄に: 6月15日(水)~6月21日(火)に販売される第1953回関東・中部・東北自治宝くじの図柄が「夢見ヶ崎動物公園レムール舎」になります(市政だより「かわさき」6月1日、No.874より抜粋)

2005/07/02
エアコンが設置されました。


仕切られたレムール舎2007/03/21
春の動物園まつり「園内リレーガイド」柾さんの写真や地図を交えた説明によると、現在日本には6種類のキツネザルがいますが、そのうち4種類がここにいるそうです。

2007/10/19 ブラウンとワオは♂♀を分けるため真ん中にネットを張りました。ブラウンの2頭組だった♂と♀は、それぞれのなかでもやはり折り合いが悪くはじかれています。多頭飼育は一見にぎやかで楽しく見えますが実情は結構厳しいものなんです。(ブログ「動物園からの手紙」 07-10-19)

2007/10/20
新しく設けられたネットによる仕切は、ナイトルームとナイトルームのちょうど真ん中辺りに張られました【写真左】。これでレムール舎はいままでの3つから、4つに仕切られたことになります。リクガメ舎寄りにはワオとブラウンのメス(と夫?)と子供、その反対側にはワオとブラウンのオスばかりいます。ワオは1頭のみですが、これはエリマキキツネザルと同居していた1頭と思われます。

2007/12/24
昨日から酪農大学獣医学科の学生による「レムール類の寄生虫」の研究が始まりました。


2010/03/22
ワオキツネザルとブラウンキツネザルは、家族舎と独身舎に分かれますが、家族舎には、現在、7頭のメスがいます。独身舎はオスばかりです(春の動物園まつり、動物リレーガイド、上原さん)。

2010/09/20
今まで家族舎と独身舎に分けられていた、ワオキツネザル+ブラウンキツネザル舎は、秋の動物園まつり、動物リレーガイドでの説明によると、繁殖抑制のため、今では家族舎はメス専用に、独身舎はオス専用にしているそうです。リレーガイドでは、毛の色や位置によるそれぞれの個体の見分け方(全員に名前がついています)の説明がありました。
 ´
  

2012/03/03 レムール舎の仲間たち(個体識別写真)
レムール舎にいる全レムールの個体を識別するためのカードがレムール舎内に置かれるようになりました。「レムール舎の仲間たち」、「レムール識別カード(おもて)【写真上左】」、「レムール識別カード(うら)」があります。写真とともに、名前、性別、生年月日、特徴などが記されています。
この識別写真は、公式ホームページにも掲載されています(追記 2012/11/08)。

2014/04/02
レムール舎が、補修工事で終日展示が中止されていました。貼り紙には「本日、補修工事のため、キツネザルの展示を、中止をさせていただきます。」とありました【写真左】(島貫様)。

2014/10/04
午後、レムール舎の入口に「ただいま作業中のため、通路を閉めきっています。しばらくお待ち下さい。」【写真右】の掲示が出されていました。
 ´
  

2015/08/28
閉園時、レムール舎のワオキツネザル+ブラウンキツネザルの♀ブースでは、なかなか部屋に戻ってくれず、飼育スタッフの苦労は続きます【写真左】(島貫様)。

2016/04/03
レムール舎のワオキツネザル+ブラウンキツネザル、メス舎に設けられた台。夢見で多くなっている行動展示のひとつのようです【写真右】。

2016/11/20 秋の動物園まつり
レムール舎には床暖房が入っています。クロキツネザル舎には、クロキツネザルと、ワオキツネザル+ブラウンキツネザルの2グループがいます。外へは1日交替で出されます(動物リレーガイド)。動物病院の手術室の説明では、動物の大きさにより使い分けられる注射針、毛刈りバサミなど、人の手術との相似点、相違点が詳しく説明されました(バックヤードツアー)。

  

2018/01/14
レムール舎運動場の樹木剪定後、草刈りが行われました【写真上左】。

2018/04/22 飼育の日でのキーパーズトーク
レムール舎での説明。ワオキツネザルとブラウンキツネザルは、バナナが大好きでトマトは苦手とのことです【写真上中】。

2018/09/22 ゆっくり食べよう エンリッチメント餌台
動物公園での飼育環境は、毎日が単純で変化が少ないものになりがちです。レムール舎のキツネザルたちも、特に給餌(食事)のときは、空腹で待ちきれず、エサを与えるとすぐに食べ終えてしまいます。(野生では、時間をかけて探しながら採食しています)
そこで、環境エンリッチメントとして、少しでもキツネザルたちがゆっくりと食べられるよう、またその様子をお客様に観察していただけるよう、既存の台のほかに新たに竹筒のエサ入れを用意しました。これをレムール舎内の各グラウンドに取り付けたところ、キツネザルたちはみな興味深々で、すぐに学習し、手探りで上手に果物やペレットを探して食べています。
この様子はレムール舎にてご覧いただけます。給餌時間は午前10時頃です。ぜひお越しください。(給餌時間は天候等により時間は前後するほか、日によっては竹筒エサ入れでの給餌は実施しない日もあります。ご了承下さい) (湯澤)【写真上右】(公式FB)

2018/10/26 キツネザルのキーパーズトークを行います!
本日10月26日は「世界キツネザルの日」。マダガスカルに生息するキツネザルについて多くの方に知ってもらい、その保全を進めていくためにこの日が定められています。
夢見ヶ崎動物公園でも、10月27日、28日の土日に、キツネザルのキーパーズトークを行います。レムール舎前にて、13:30〜15:00 頃、随時行う予定です。キツネザルたちについて飼育員が楽しくお話します。
ぜひお越しください!(公式FB)【写真左: エリマキキツネザル】

2018/10/27
ワオキツネザルのメス【写真右】。この前でキツネザルについてのキオーパーズトークが行われ、原産地、マダガスカルとキツネザル(レムール)の紹介、夢見のキツネザルについての詳しい説明がありました。
  
  

2019/01/26
レムール舎内に、ここにいる4種類のレムールの絵が飾られています。誰の作品でしょう【写真上左】。

2019/04/21 飼育の日キーパーズトーク
レムール舎ではブラウンキツネザル(樹上で生息)とワオキツネザル(地上で生息)の同時飼育が行われ、血統を守るため、オスとメスを分けて飼育しています。またお互いに闘争しないよう、オス、メスともそれぞれ2つのグループに分け、交代で外に出すようにしているそうです【写真上中】。

2019/07/03
紫陽花とレムール舎【写真上右】。

  

2020/04/09
新型コロナウイルス感染拡大防止のため閉鎖されたレムール舎。外から観察できます【写真上左】(島貫様)。

2020/04/15 (現在臨時休園中)レムール(キツネザル)とシャガ
レムール舎で今満開なのが、シャガという花です。
アヤメによく似た白い花を咲かせ、スラリとした姿の葉が魅力です。冬でも枯れない丈夫な性質をしています。
人里近くの湿地に自生しているので、名前は知らなくても一度は見かけたことがあるかもしれません。
学名は「Iris japonica」といいますが、中国原産で、4〜5月に開花し、たいへん綺麗です。
コロナウイルス感染拡大防止のため、現在 夢見ヶ崎動物公園も休園措置を取っていますが、シャガとキツネザルの写真をどうぞお楽しみ下さい。(湯澤)【ワオキツネザル 写真上中と上右】(公式FB)

2020/04/19
シャガの花のなかでくつろぐ、レムール舎、ワオキツネザルとブラウンキツネザルのオス【写真右】。
  

This home page is written in Japanese.
Copyright © 2021 Misato World. All rights reserved.