公式HP 夢見ヶ崎動物公園 動物名索引  

トピックス 2017


トップ トピックス 夢見について 夢見の動物 関連リンク
最新情報 2019 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010
2009 2008 2007 2006 2005 2004 2003 2002 2001 2000
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
  2017年1月
  

2017/01/02
新年を迎え、慰霊塔前広場、了源寺前の梅が咲き始めています【写真上左】。富士見デッキでは水仙が満開になりました【写真上中】。

2017/01/14
この冬の寒さのピークを迎えたうようで、富士見デッキから見える山々も雪を被るようになりました【写真上右】。


2017/01/16 動物たちへの年賀状展
1月15日(日)から1月22日(日)まで動物公園事務所入口で「2017年動物たちへの年賀状展」が行われています【写真上3枚と下左と下中】。
冬の盛り、富士見デッキでは日中も冠雪した富士が見えています【写真下右】。

  

2017/01/16
慰霊塔前広場の梅が満開を過ぎ散り始めました。蜜を求め飛来するシジュウカラなどが見られるようになりました【写真上左】。富士見デッキの河津桜の芽も大きく膨らみ、その下の斜面では水仙が満開を迎えています。

2017/01/29
富士見デッキの河津桜が咲き始めました【写真上中】。加瀬山斜面の竹林前にある野仏【写真上右】。

  2017年2月
  

2017/02/04
富士見デッキの河津桜【写真上左】と、了源寺前の菜の花【写真上中】。

2017/02/05
ふれあい広場の入口が拡げられていました【写真上右】(島貫様)。リス舎の網のトンネル型通路の下は、前日4日の午後は以前の改札口スタイルだったので、5日に拡張されたようです。

2017/02/10 夢見ヶ崎動物公園における鳥インフルエンザ対策について
 平成29年2月7日(火)、東京都足立区において死亡野鳥から鳥インフルエンザウイルスが確認されたことを受けまして、夢見ヶ崎動物公園において次のとおり対策を実施することとなりましたので、お知らせします。
1 対策の内容
 (1)鳥類の展示休止等
  ア フラミンゴ舎及びペンギン舎の展示休止
  イ 鶏舎、キジ舎、クジャク舎等へのビニールシートの被覆
 (2)来園者の靴底消毒
 (3)進入車両のタイヤ消毒
2 実施時期
 平成29年2月9日(木)から当分の間
来園者のみなさんへのお願い
 飼育している鳥類への鳥インフルエンザ感染を防ぐため、来園時の靴底消毒への御協力と鳥類の展示休止について御理解と御協力をお願い申し上げます。
(夢見ヶ崎動物公園公式HP)


2017/02/11 鳥インフルエンザへの対策状況
鳥インフルエンザ対応のため、動物公園では万全の対策が取られました。これほど徹底した対策は、おそらくヘラジカの病気以来でしょう。動物公園への全ての入口にはお知らせと靴底消毒の白い粉薬が置かれ【写真上左】、鳥類の檻の前には展示中止のお知らせが出されています【写真上中】。水禽舎入口はシャッターが下ろされ、訪園者はシャッター越しにペンギン、チリフラミンゴ、ニシトビを眺めていました【写真上右】。ニワトリ舎前隣のミーアキャット舎の手すりから始まる立ち入り禁止のロープは、オウムインコ舎の前を横切り【写真下左】、キジ舎前を通り富士見デッキまで続いています【写真下中】。立ち入り禁止のロープ内では、最近増えてきたハトが悠々と餌を探していました【写真下右】。


2017/02/17 獣医の日記
 私たちが毎日のようにお世話になっているもののひとつが注射針です。細いの、太いの、長いの、短いの色々ありますが、ただ薬を注射する以外にも色々使い道があり、使い方や使う相手によって使い分けています。
 薬などを注射する時、太い針の方がすぐに終わりますが、太ければ皮膚にあく穴も大きく、打った薬が漏れてきますし、なにより痛いです。かといって細すぎると薬を打ち終わるまでに時間がかかりすぎ、動物を押さえている時間が長くなってしまいます。この太い、細いというのも動物の大きさや皮膚の厚さによって変わるので、その都度ちょうど良いものを選ばなくてはいけません。採血の場合は血管に針が入らなくてはいけないので、それにあった太さを使いますが、見えない血管に刺す場合は勘と経験で選びます。ただし太さがバッチリでも、採血する獣医が下手だと血は取れませんが…。処置のためにほんの少しだけ皮膚を切るのに使うこともあります。切れ味鋭く、メスを使うより傷が小さくて済むからです。骨折したとき、骨の中にピンといって金属製の細い棒を入れて支えにすることがありますが、小鳥などの場合は、軽くて細い注射針を替わりに使うこともあります。
 そんなこんなで獣医が愛用する注射針ですが、私は刺してばかりで、実は刺されるのは苦手です。大人なので、我慢しますけれども。
(ゆめみにゅーす VOL.43、2017/02/03)

2017/02/19 鳥インフルエンザ対策(2)
キジ舎、オウム・インコ舎、ニワトリ舎は、外部との接触を遮断するため透明なシートが張られました。

2017/02/21 夢見ヶ崎動物公園「春の動物園まつり」の開催中止について
 夢見ヶ崎動物公園では、「春の動物園まつり」を平成29年3月19日(日)に開催する予定で準備を進めてまいりました。
 しかしながら、平成29年2月7日(火)に東京都内において、死亡野鳥から鳥インフルエンザウイルスが確認されたことを受け、当園においても、鳥類の展示休止や来園者の方々の靴底の消毒等の対策を平成29年3月24日(金)まで実施しておりますことから、「春の動物園まつり」は中止いたしましたので、お知らせいたします。
 「春の動物園まつり」を楽しみにされていた市民の皆様には、ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解いただけますようお願いいたします。
(夢見ヶ崎動物公園)


2017/02/15
富士見デッキの河津桜が葉桜となり、了源寺前の白モクレンが咲き始めました【写真上左】。

2017/02/25 鳥インフルエンザ対策(3)
ニワトリ舎左①~➂の部屋に外部との接触を遮断する透明シートが張られ【写真上中】、ショウコクが以前コシャモがいた部屋に移されました。また⑤の部屋にいたオオタカは姿がありません。インドクジャク舎にも透明シートが張られ外部との接触が遮断されました【写真上右】。

  2017年3月

2017/03/04
了源寺前前の白モクレン【写真上左】と菜の花【写真上中】。富士見デッキ下、旧JR団地跡では三階建て商業ビルの建設工事が始まりました【写真上右】。


2017/03/11 「動物ふれあい & クイズコーナー」を開催
〝動物にえさをあげてみよう! 動物について物知りになろう!〟のスローガンで、「動物ふれあい & クイズコーナー」が、動物園事務所前で行われ、福田ファームからヤギ、ヒツジ、ポニーが来園、参加者のお相手を務めました【写真上3枚】。 開始30分前から各回50名に整理券を配布、①10:00~、②10:45~、➂11:30~、④13:15~の4回行われました。

2017/03/18
夢見正面入口にある棕櫚(シュロ)。茶色の実が見えています【写真右】。

2017/03/21 夢見ヶ崎動物公園における鳥インフルエンザ対策の終了について
 平成29年2月7日(火)に東京都内において死亡野鳥から鳥インフルエンザウイルスが確認されたことを受けまして、本動物公園では平成29年2月9日(木) から鳥類の展示休止等の対策を行い、3月24日(金)まで実施する予定でござい ましたが、展示の鳥類に感染することもなく安全性が確保出来ましたことから、3 月20日(月)をもって対策を終了し、本日から鳥類の展示を再開いたしますので、 お知らせします。
  また、来園者の皆様には、対策の期間中、靴底消毒等に御協力いただきましたこ とを御礼申し上げます。
(川崎市報道発表資料)

2017/03/21 夢見ヶ崎動物公園「飼育の日」イベントを開催します! ~毎年4月19日は「し・い・く(飼育)」の日です~
 平成21年より、公益社団法人日本動物園水族館協会が4月19日を「飼育の日」と 定め、全国の動物園及び水族館では、来園者の皆様に「動物飼育」などをより身近に感 じていただくことを目的にイベントを開催しております。
  夢見ヶ崎動物公園におきましては、「飼育の日」にちなんで4月16日(日)に下記の とおり様々なイベントを開催いたします。今回は、例年よりも多くの団体が参加しますので、より多くの市民の皆様の御来園をお待ちしております。
【概 要】
1 日時 平成29年4月16日(日)10:00~15:30
2 場所 川崎市夢見ヶ崎動物公園(川崎市幸区南加瀬1-2-1)
3 内容 ●キーパーズトーク(各動物舎の前にて飼育員がお話をします。)
     ●バックヤードツアー(園内の調理場、動物病院等の見学)
     ●シマウマ・ヤギのエサやり体験
     ●動物公園のなかなか聞けない話
     ★動物公園&日吉商店街連合会コラボグッズ販売【日吉商店街連合会】
     ★スマホアプリで夢見ヶ崎動物図鑑を作ろう【幸区役所・ソーバル㈱】
     ★コンサートコーナー【迦併舎オールスターズ 他】
     ★野鳥クイズコーナー【神奈川県野生動物リハビリテーター】
     ★竹とんぼづくり体験コーナー【加瀬山の会】
     ★緑の募金・花苗プレゼントコーナー【川崎市公園緑地協会】
     ★模擬店コーナー【北加瀬谷戸福栄会 他】 など
     ※★マークのイベントは、鳥インフルエンザ対策に伴い中止した「春の動物園まつり」に参加
      予定であった団体の皆様から改めて参加をいただき、今年度初めて実施するものです。
4 その他
      荒天時は中止となります。また、動物公園駐車場は御利用できませんので公共の交通機関での御来園に御協力ください。
(川崎市報道発表資料)

2017/03/23
ひと月以上続いた鳥舎を外部と遮断する透明シートがなくなり、その前に張られた立ち入り禁止のロープも外された〝ふれあい広場〟の光景。ようやくいつもの夢見らしい姿を取り戻しましたが、なぜか夢見全体が広々として見えます【写真右】。
  
  2017年4月
  

2017/04/02 賑わう慰霊塔前広場
ソメイヨシノが咲き始め、加瀬山では色とりどりの花があちこちで咲き乱れ、いよいよ春の到来です。親子連れがあちこちでテントを張ったり、ブルーシートを敷いたりして、お花見やピクニック、運動を楽しんでいました【写真上左】。

2017/04/08 花吹雪の加瀬山
今年の桜は寒さが続いたため、長い間桜を楽しむことができました。加瀬山斜面の遊歩道では大自然の中、ピンクの花びらに包まれて行く感じが味わえ【写真上中】、富士見デッキでも見事に咲いていました【写真上右】、そのデッキ下斜面では、「実のひとつだに...」で有名な山吹がきれいに咲き始めました【写真左】。

2017/04/14
飼育の日を前に慰霊塔もピンクの桜に囲まれ、その前の広場には鯉のぼりが登場しました【写真右】

2017/04/16 飼育の日
飼育の日イベントは、夢見で亡くなった動物たちへの黙とうで始まりました。各動物舎では、「キーパーズトーク」として、それぞれの担当者から詳しい説明があり、ヤギとハートマンヤマシマウマへの「餌やり体験」では、長い列ができました。「バックヤードツアー」では、普段は見ることのできない動物病院や入院している動物が紹介されました。手術室の説明では、ヒト用とは違う特有の器具の説明などもあり、川崎市内で保護され夢見に持ち込まれ手当てを受ける野生動物が年間100例ほどあり、アオバト、ホンドタヌキ、トラツグミ、カワセミ、ホオジロ、フクロウなど多岐にわたるそうです。また動物のための調理場、レッサーパンダ舎、シマウマ舎やラマ舎の内部が紹介され、動物公園事務所の集会室では「動物公園のなかなか聞けない話」として、Power Point や動画を使用してレッサーパンダの鳴き声や、生態について興味深い説明がありました。また、鳥インフルエンザの影響で中止になった「春の動物園まつり」で行われる予定だったグッズ販売、スマホアプリでの動物図鑑作成、野鳥クイズコーナー、竹とんぼづくり、緑の募金・花苗プレゼント、模擬店が行われるなど例年より規模の大きいものになりました。

動物公園事務所前の動物たちの慰霊碑に捧げられた花束。 スタッフ全員により捧げられた亡くなった動物たちへの長い黙とう。 午前10時の開始前、会場は早くも来園者でいっぱいに。
  
かつては展示され、現在はバックヤードで暮らす、オオバタン、アオボウシインコ、ヨウム。 動物病院の手術台。人と違う動物の手術特有の器具も紹介されました。 鯉のぼりと桜吹雪のなか、慰霊塔前広場でのコンサート。
  

2017/04/22 花の季節
夢見ヶ崎動物公園がある加瀬山には、おそらく1年でもっとも多くの花が咲き乱れる季節を迎えています。樹上には多くの種類の鳥を見ることができます。

慰霊塔前広場、了源寺前の花壇と八重桜。 9号古墳山頂への階段脇の山吹。 慰霊塔前広場、9号古墳斜面の八重桜と山吹。
  
  2017年5月

2017/05/01 獣医の日記
 この冬はしばしばニュースでも取り上げられているように、野鳥での鳥インフルエンザの発生が例年より多く、警戒の必要な期間も長くなりました。ニワトリなどの家禽に発生した場合は、すぐ殺処分してそこから周囲の農場に感染が広がることを防いでいますが、動物園にいる鳥の中には絶滅の恐れがある種類のものもおり、なんとか動物園内にウイルスを入れない・入ってしまった場合は感染を広げない、という対策が基本になります。
 そもそもの原因は、ウイルスに感染した野鳥が、冬に大陸から日本に渡ってくることで、特に感染しやすい水鳥やそれらを食べる猛禽の生息地や、渡りのルートが近くないのであればそれほど心配する必要はないのですが、そのような場所に立ち入ったヒトが体に付けたウイルスを持ちこむ可能性があり、さらに今年は川崎市の近くでも発生してしまったため、急ごしらえの対策をしました。
 この期間に来られた方は見たと思いますが、ヒトや車が入ってこられる場所には消毒薬をまき、鳥のいる獣舎はビニールシートで覆いや屋根を作り、…などです。もっと近くで発生した場合や万が一園内で発生した場合、本当なら動物園を立ち入り禁止にした方がよいのですが、この動物園には門が無いのでそれができません。今回はこの程度で済みましたが、正直に言うと、今後さらに悪い状況になった場合のことを考えると、衛生対策の限界には不満も不安も残りました。
(ゆめみにゅーす VOL.44)

2017/05/01 新任職員紹介 ~ 4 月から新しく仲間入りした職員のご紹介です。(ゆめみにゅーす VOL.44)

新しい仕事に悪戦苦闘する日々で動物たちにも 「アンタ誰」と言う目で見られていますが、早く心を開いてもらえるよう 努力しつつ、ヒトも動物も楽しく過ごせる園を目指したいと思います。(飼育・診療 石川真理子) 4月から嘱託として勤めることになりま した。大学での体育会の経験を活かしてバ リバリと働き、人と動物に貢献できるようがんばりたいと思います。(飼育・井上斥) まだてんてこ舞いの日々ですが、少しでも早く慣れて皆さんのお役にたてるようがんばり ます!(事務・板垣祐司)

2017/05/06
小獣舎の現在は〝調整中〟の表示がある旧オグロプレイリードッグ舎にやたら竹が集められています。何か準備しているようですが…【写真左】。

2017/05/19 夢見ヶ崎 ~ オウムが動物園にご案内 ~ 株式会社中商
 幸区南加瀬の産業廃棄物処理業者、株式会社中商(中嶋達夫代表取締役)が4月28日、同社前に「夢見ヶ崎動物公園案内オウム」を新しく設置した。
 時計台は30年ほど前からあったが、老朽化に伴いリニューアルすることになった。公園入口に位置する同社は、動物園への道を聞かれることが多かったため、この機に地域貢献を目的として、地図を入れた時計台とした。
 新しく設置された時計台は3階建アパートほどの高さで、電波時計と熱中症対策に温度計もついている。リサイクル業の同社らしく公園内のゴミのリサイクルも訴えており、看板には「ゴミのリサイクルに協力しましょう」の一言も。
 「動物園の園長からは『助かっている、ありがとう』と感謝の言葉をいただきましたし、通勤通学の人たちからも時間がわかるので喜ばれている。」と中嶋社長。 夢見ヶ崎案内の新しいシンボルの誕生だ。
【写真右: 大きなオウムが目印】(タウンページ幸区版)

  

This home page is written in Japanese.
Copyright © 2017 Misato Systems Inc. All rights reserved.