<
  公式HP 夢見ヶ崎動物公園 > 夢見の動物 動物名索引  

  ワカケホンセイインコ フサホロホロチョウ
Vultrine Guineafowl
パラワンコクジャク  

最新情報 2019 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010
2009 2008 2007 2006 2005 2004 2003 2002 2001 2000

Profile

アフリカの乾燥した草原や林に住み群れで暮らしています。飛ぶより歩くほうが得意なようです。美しい鳥ですが、昔から食用としてヨーロッパで輸入されるほど、まるまると肥っています。夢見でも「まあ、おいしそうな鳥」と見とれているおばさんがいました。

おとなしくて気が小さく、大きな音でショック死したこともあります。首から上はコンドルのような顔をしており、温かい雨の日や寒いときなどに独特の声で鳴きます。

2005年当時10数羽いましたが、年々数が減り、2017年4月現在、展示されているのは1羽だけになりました。


名 前 フサホロホロチョウ
学 名 Acryllium vulturinum
英 名 Vultrine Guineafowl
分 類 キジ目ホロホロチョウ科
分 布 アフリカ東部乾燥地帯の草原や低木のヤブ
食 物 雑食性。草、草の実、昆虫、トカゲ、ネズミなど
夢見定食 キャベツ、小松菜、成鶏用配合飼料

  

2005/02/13 撮影【写真上左】

2005/02/20
午後、2羽がケージに移され運ばれて行きました。12羽から10羽になりました。

2005/03/13
現在、6羽になりました。

2005/05/02
現在17羽いました。

2005/08/07
現在15羽いました。

2005/08/21 優雅に歩く個性豊かな鳥です【写真上中と上右】

2005/10/22 撮影【写真右】
  

2007/03/21
春の動物園まつりでは「園内リレーガイド」長谷川さんの話によると、成鳥と幼鳥の見分け方は、成鳥は目が赤く、幼鳥は黒いので見分けるそうです。

2007/04/14
舎内に茂みが2つ置かれました【写真左】。

2007/06/16
茂みはレッサーパンダが食べる細い竹で、フサホロホロチョウが繁殖しやすいように設けられました。

2007/06/19
オスとメスを譲渡しました。

2007/08/14
教職員への実習指導中の説明によると、顔は精悍ながら気が弱いため、何かに驚いてショック死することがあるそうです。

2007/08/22
アオダイショウを捕獲。フサホロホロチョウの卵を呑み込んでいました。このところ続いているヘビ騒動の真犯人?!

2007/09/08
フサホロホロチョウのヒナ12羽が孵化、バックヤードにある動物病院のケージで元気に飛び回っています。親とは似ても似つかぬ黄色地に黒の線が入った、虎の仔を鳥にしたような姿です【写真右】。孵卵器にはまだふ化中の卵があるそうです。ヘビさえ出なければ可愛い姿を公開できるのでしょうが残念です。ブログ「動物園からの手紙」にもっと鮮明な写真があります。
  

2008/02/16
去年孵化した幼鳥のなかで、もっとも育ちが悪かった仔が亡くなりました。

2008/06/14
6月3日付「ゆめみにゅーす第8号」によると、4羽が福山市動物園に行きました。

2008/09/06
舎内の茂みに卵を発見。卵はよく産んでいるようです。

  
  

2009/06/30
3月1日〜5月31日の間に死亡した個体がいました(ゆめみにゅーす第12号)。

2009/12/06 撮影【写真上左と上中】

2010/03/04
昨年11月1日〜今年1月31日の間に7羽譲渡しました(ゆめみにゅーす第15号)。

2010/03/14
数えたところ、今日展示されていたのは14羽でした。

2010/04/10
今日は16羽展示されていました。

2010/10/31
今日は餌が木の切り株のうえに置かれていました【写真上右】。


2011/01/22
去年の秋から始まった切り株のうえに餌をまく給餌法にもすっかり慣れ、食事時には夢中で食べていました【写真左】。

2011/05/21
数えたところ、全部で15羽いました。

2011/07/09
梅雨が明け夏到来。聞きようによっては「ほろほろ」とも聞こえる独特の大きな声で鳴き【写真右】、切り株のうえの餌をパクパク食べていました。

2011/07/17
全部で12羽いました。

2011/07/23
今日は全部で14羽いました。

2011/07/30
今日は全部で12羽でした。

2011/08/20
11羽いました。

2011/09/19
全部で13羽いました。

2011/11/23 & 26、12/17
今日は12羽でした。

  

2012/01/14
12羽いることを確認しました。

2012/02/04 & 02/18
全部で11羽いました。飼育スタッフが切り株のうえに置いた餌を美味しそうに食べていました【写真上左】。

2012/03/18
春の動物園まつり、バックヤードツアーで、入院している2羽が紹介されました。

2012/08/04 & 09/01
「この秋の夢見コレクションはこれで決まり」まるでファッションモデルのように姿勢よく優雅に歩いてみせるフサホロホロチョウ【写真上中】。

2012/08/06 ★ピックアップ動物★ フサホロホロチョウ
分類:鳥綱 キジ目 ホロホロチョウ科
 アフリカ大陸の乾燥地帯の草原に暮らしています。 飛ぶことより走ることの方が得意です。頭部に羽毛がほとんどなく耳から後頭部を覆うのみ、また首から胸にかけて生えている房(ふさ)のような縞模様の羽、体の羽の水玉模様、鮮やかな青い羽毛に真っ赤な眼… という美しい外見が特徴です。
 群れで暮らしているため、他の仲間の動きに敏感です。また、群れの誰かが声を上げると、つられて皆で鳴き始めることもしばしばあります。いかつい顔に似合わない、とてもきれいな声も特徴のひとつです。
 見た目は似ていますが性格はさまざまで、気の強い個体や人慣れしている個体もおり、給餌の時間には飼育担当を追いかけたり、バケツから餌をかすめていったりするシーンが見られるかもしれません。(ゆめみにゅーす第25号)

2012/09/16
姿勢の良さは夢見随一。相変わらず背筋をまっすぐにして歩いていました【写真上右】。

2012/10/27
日当たりの良い場所でぐっすり眠るフサホロホロチョウ【写真左】。季節の変わり目に来ているためか、独特の鳴き声がときおり聞かれるようになりました。

2012/12/01
その独特の美しい姿と鳴き声はいつも来園者の注意を引きます【写真右】。ヒナはどんな姿をしているのでしょう。ここでは公開されないようなので、まだ見たことがありません。

2012/12/08
赤い帽子を被った骨ばって筋肉があるようでないような顔。みんな同じ顔と思いきや、よく見ると少しずつ表情が違う独特な顔つきのフサホロホロチョウです。


2013/01/05
フサホロホロチョウ舎の北向側に、北風除けの白いフェンスが張られました【写真右】。この内側には以前から笹などが置かれ、卵を孵化しやすいよう配慮されていましたが、この白いフェンスが気に入らないのか、やたら嘴でコツコツ突っついていました。

2013/02/17
寒い時期なのに、フサホロホロチョウたちは、夢見にいる他の鳥や動物のように身を寄せ合うこともなく、思ったより元気です。切り株の上に置かれた餌を盛んに突いていました。これも北風除けの白いフェンスのお陰かもしれません。

2013/03/07 赤ちゃん紹介
  
だーれだ? これが… .最終的にこうなります。

普段は一般の人が入れないバックヤードで、ある鳥の雛を育てています。成長するまで表に出せないため、雛の姿を直接お見せできる機会はなかなか無いのですが…。縞模様のこちらの雛、じつはフサホロホロチョウのこどもです。成鳥の頭部は羽が無く、色も真っ青で特徴的な姿をしていますが、雛はまったく異なります。10月末に生まれたこの雛は、1月末現在、まだ頭もフサフサしています。みなさまのお目にかかるころには、大人の姿になっている予定ですが、目の色が赤くなるのに少し時間がかかるため、よくみると見分けられるかもしれません。【写真上3枚】(ゆめみにゅーす VOL.27 平成25年2月4日付)

2013/05/03 ★動物たちの主な移動(平成25年2月1日〜平成25年4月30日)★
フサホロホロチョウ(2羽、他園館へ搬出)(ゆめみにゅーす第28号)

2013/05/05 & 12
今日展示されていたのは7羽でした。

2013/05/25
せっせと餌を啄むフサホロホロチョウ。入梅を前に独特の声で鳴いていました【写真左】。

2013/06/22 & 06/29
現在展示されているのは7羽です。

2013/10/14
フサホロホロチョウ舎に下記を記述した新しい掲示が出ています【写真右】。
〜フサホロホロチョウの生息域について〜
現在のところ、フサホロホロチョウの野生での生息数は絶滅の恐れがないとされていますが、動物種によっては密猟が深刻な地域であり、密猟者の取り締まりは強化されつつありますが、経済的な問題や、罰則が軽いことなどにより、なかなか無くならない現状があるようです。
アフリカ大陸(ケニヤ、エチオピア、タンザニアなど)の草原等に住んでおり、時に巨大な群れを形成して暮らします。ホロホロチョウの中では最大で、警戒すると大声で鳴きます。昼行性で、長距離の飛翔はできません。夜間は樹上で休みます。
  

2014/01/01
新しい年を迎え、フサホロホロチョウたちは元気そうでした。

2014/02/12 ★動物たちの主な移動(平成25年11月1日〜平成26年1月31日)★
フサホロホロチョウ(♂2死亡)。(ゆめみにゅーす VOL.31 2014/02/02付)

2014/04/27
フサホロホロチョウが特徴のある美しい声で鳴いていました【写真左】。

2014/08/15
飼育スタッフが、切り株の上など色々なところに餌を置き、来園者に嘴の動きなどがわかるよう配慮しています【写真右】。おとなしい鳥なので、スズメもきて一緒に食べています。

2014/09/20 & 21
4羽だけになりました。

2014/09/23
小心な鳥だそうですが、人には興味を示します。

2014/09/27
切り株に置かれた餌を一生懸命食べていました。


2014/10/19
一羽が掲示板のうえにいました【写真上左】。

2014/11/16 秋の動物園まつり
「夢見ヶ崎動物公園40周年記念写真展」が行なわれ、ホロホロチョウの写真が掲示されていました。現在のフサホロホロチョウより前に、ホロホロチョウがいたのでしょうか【写真上中】。モノクロームの写真ですので、随分むかしということになります。どなたかご存知の方はお教え下さい。

2014/12/31
9月に4羽になって以来、数に変動はありません。そのうちの2羽は特に仲が良さそうです【写真上右】。いままでは数の少ないときでも10羽はいたので寂しくなりました。


2015/02/11
相変わらず4羽で暮らしています【写真右】。

2015/04/04
去年、数が減って現在残っているのは4羽だけと寂しい限りです。

2015/11/15 秋の動物園まつり
あいかわらずの4羽ですが、バックヤードで孵化したヒナが育っていることがわかりました。
  
  

2016/01/10
フサホロホロチョウは4羽で年を越しました。相変わらず切り株のうえの餌をおいしそうに食べています【写真上左】。

2016/04/10
フサホロホロチョウが首を伸ばしていないときはこんな猫背になります【写真上中】。

2016/05/07
4羽で暮らしています。右奥に草で覆われたコーナーがあり、ここで卵を産んでいるようで、1羽がなかにいました【写真上右】。


2016/07/30
表に出ていたのは先週と同じく3羽でした。うち1羽は昼寝の最中です【写真上左】。

2016/08/07 ★動物たちの主な移動(平成28年5月1日〜平成28年7月31日)★
フサホロホロチョウ(♀1 死亡)。(公式HP、ゆめみにゅーす VOL.41 dd.2016/08/02)。

2016/08/09
フサホロホロチョウの雌雄は外見ではわかりません。今回死亡したのがメスだとわかったのは、死後、病理解剖を行ったためです(夢見ヶ崎動物公園)。

2016/08/13
現在残っているフサホロホロチョウ【写真上中】の1羽と【写真上右】の2羽。

2016/11/20 秋の動物園まつり
動物病院の見学で、目が見えないため公開できない個体が紹介されました【写真右】(バックヤードツアー)。

2016/12/29
展示されているフサホロホロ鳥は、年々数が減っていますが、今年も1羽減り、3羽で年を越しそうです。
  
  

2017/01/06
フサホロホロチョウの1羽は昨年中から調子が悪いことがあり、一時入院・その後元気になって退院させておりましたが、先日残念ながら死亡いたしました(夢見ヶ崎動物公園)。亡くなったのは1月2日か3日と思われます。これで10年少し前には20羽近く展示されていたフサホロホロチョウは2羽になってしまいました。

2017/01/22
2羽だけになったフサホロホロチョウのつがい。寂しいのか来園者が近づくとすぐに寄ってきて嘴を突き出します。2羽だけになる以前は見られなかった行動です【写真上左】。

2017/02/17 ★動物たちの主な移動(平成28年11月1日〜平成29年1月31日)★
フサホロホロチョウ(♀1 死亡)(ゆめみにゅーす VOL.43、2017/02/03)

2017/03/23
2月9日に始まった鳥類の展示休止は3月20日に終了、キジ舎も展示を再開、フサホロホロチョウが久しぶりに元気な姿を見せてくれました【写真上中】。人が好きな2羽は来園者が近づくとそばを離れようとしません。

2017/04/02
フサホロホロチョウが1羽しかおらず不安そうに動き回っていました【写真上右】。

2017/04/05
1羽は足の指を痛め、病院に入院中です(夢見ヶ崎動物公園)。


2017/04/16 飼育の日
バックヤードツアーで入院中の個体に会うことができました【写真上左】。また以前からいる目の見えない個体も元気でした。

2017/04/28
展示されているフサホロホロチョウは相変わらず1羽で、いつも不安そうに動き回っています。

2017/05/12
展示されているフサホロホロチョウは相変わらず1羽のみです。早く仲間が戻って来ないかと、いつも奥にある動物病院や動物公園事務所のほうを眺めています【写真上中】。

2017/06/11
10年前には10数羽いたフサホロホロチョウが1羽だけになって3か月が過ぎました。残された1羽はいつも寂しそうで外ばかり眺めています【写真上右】。

2017/07/15
1羽だけになったフサホロホロチョウは、いつも不安そうにオウム・インコ舎に近い場所で外を気にしながら行ったり来たりしています【写真右】。

2017/08/04 ★動物たちの主な移動(平成29年5月1日〜平成29年7月31日)★
フサホロホロチョウ(♂1死亡)(公式HP、ゆめみにゅーす VOL.45 より抜粋)

2017/09/09
フサホロホロチョウ、ニワトリの新規導入、飼育動物種の変更については検討中です(夢見ヶ崎動物公園)。

2017/11/05 鳥舎(ニワトリ舎)に引っ越し
仲間が次々と居なくなり広い場所に一羽残され落ち込んでいたフサホロホロチョウは、ショウコクのいたところに引っ越しました。新しい環境が気に入ったようで両隣の住民に興味津々です。これも一羽で寂しかったショウコクはお隣のミノヒキチャボ舎に合流しました。

2017/11/12 秋の動物園まつり
目の見えない個体はバックヤードで元気に過ごしていました(バックヤードツアー)。

  

This home page is written in Japanese.
Copyright © 2017 Misato Systems Inc. All rights reserved.