公式HP みさとワールド 夢見ヶ崎動物公園 公式FB  

【夢見の約束】 騒いだり走ったりしない。動物にものをあげない。指や手を檻に入れない。ゴミは持ち帰る。


交通案内図

夢見ヶ崎動物公園は、品川から横須賀線で3駅目、新川崎駅前、加瀬山の上にある自然と調和した入場無料で年中無休の動物園です。 ここでは、シマウマ、ペンギン、レッサーパンダ、マーコール、ラマなど約60種の動物がのんびり暮らしています。

【飼育展示数】(2020年10月末現在)
哺乳類:24種162点、鳥類:25種86点、爬虫類:10種86点


Dreaming Point Classic
トップ トピックス 夢見について 夢見の動物 いきもの環境ニュース

Topics on Yumemi/ 夢見トピックス


     
2020/11/15 ラマの赤ちゃんが生まれました (公式HP)

2020/11/05 ゆめみにゅーす VOL.58 11/03 付発刊(公式HP)
ケイトの旅立ち、アニーありがとう、年賀状コンクールのお知らせ、ピックアップ動物:ケープハイラックス、獣医の日記、動物たちの主な移動など


秋、朝露の宿るころ

           
運動場の外が気にやり重い体を持ち上げようと頑張るアルダブラゾウガメの「ナンバーファイブ」。 新入りのミドリコンゴウインコとお隣のベニコンゴウインコはお互い気に入ったようです。 換毛期に入ったフンボルトペンギン。今年生まれたヒナは輝くばかりに美しい姿です。
  
ホンドダヌキの「ゲンマイ」も白い毛が生え始めました。 チリフラミンゴ舎はマーコール舎側入口にあった目隠しがなくなり素通しになりました。随分広く感じられます。 リクガメ舎とレムール舎のあいだで日光浴するホウシャガメ。
  
食欲旺盛なニホンキジのメス。 水禽舎、野外水槽で元気に泳ぐクサガメ。 動きの速い母親「ワカメ」の背にしっかりしがみついているフサオマキザルの赤ちゃん。父親は「フサオ」のようです。
  
珍しく格子際にいたアカオヒメシャクケイ。 左後肢がないマーコールの「シオリ」は元気に育っています。 好奇心旺盛なアメリカアカリス。カメラを近づけるとすぐ寄ってきます。
  
一本の藁を仲良く食べる今年生まれのマーコールの双子。 ワオキツネザルの「アンズ」。相棒のブラウンキツネザルの「ロール」がいなくなり寂しそうです。 お乳を飲む今年のホンシュウジカのバンビ第1号。
  


Updated / 更新情報

     
2020/11/15 ラマ  

2020/11/05 ケープハイラックス  ホンドタヌキ  ヤギ  ラマ  ワタボウシパンシェ  年賀状コンクールのお知らせ  




Welcome to Yumemigasaki Zoological Park. Yumemigasaki means dreaming point. This lovely zoological park is located in Kawasaki City, Japan. It opens 7 days a week from 9:00 to 16:00 in free of charge.



みさとワールド夢見ヶ崎動物公園への連絡はこちらです You are visitor number

since September 11, 2003.
This home page is written in Japanese.
Copyright © 2020 Misato World. All rights reserved.