公式HP みさとワールド 夢見ヶ崎動物公園 動物名索引  

【夢見の約束】 騒いだり走ったりしない。動物にものをあげない。指や手を檻に入れない。ゴミは持ち帰る。


交通案内図

Revised on November 22, 2017

夢見ヶ崎動物公園は、首都圏の西の玄関、品川駅から横須賀線で13分、新川崎駅前に聳える加瀬山の上にあり、都心にもっとも近い、古墳や自然林に囲まれた動物公園です。しかも入場無料で年中無休。ここでは、ハートマンヤマシマウマ、フンボルトペンギン、シセンレッサーパンダ、マーコール、ラマなど約60種の動物が暮らしています。

【飼育展示数】(2017年10月末日現在)
哺乳類:24種153点、鳥類:26種93点、爬虫類:10種45点


Dreaming Point Classic
トップ トピックス 夢見について 夢見の動物 関連リンク


Topics on Yumemi/ 夢見トピックス

     
2017/11/21 夢見ヶ崎動物公園サポーター制度に基づく寄附の状況について(公式HP)

2017/11/10 夢見ヶ崎動物公園公式フェイスブックができました(公式HP)
キーパーズガイドのタイムスケジュールタイハクオウムの雄「セント」が埼玉県こども動物自然公園へなど。

ゆめみにゅーす VOL.46(11月6日付)発刊(公式HP)
マーコールのスパークリングはじまりました、新任職員紹介、年賀状コンクールのお知らせ、ピックアップ動物「ホンドタヌキ」獣医の日記「ブラウンキツネザル」、動物たちの主な移動、かせやま夢見処など。

年賀状コンクールのお知らせ
来年も動物たちへの年賀状を募集します。いただいた年賀状は事務所に掲示し、スタッフによる投票で上位の方には商品を差し上げます。
あて先:〒212-0055 川崎市幸区南加瀬1-2-1 夢見ヶ崎動物公園「年賀状コンクール」あて
募集期間: 平成 30 年 1 月 1 日(月)~1 月 7 日(日)(必着)
掲示期間: 平成 30 年 1 月14日(日)~1 月 21 日(日)
(ゆめみにゅーす VOL.46 2017/11/06)

2017/11/05 領地替えが行われる
「あれ?クジャクがいなくなった!」と言う家族連れの声で調べると、どうもホンシュウジカの若いオスが群れのボスから追放されたようで、隣のインドクジャク舎に移され、そのため、インドクジャクはキジ舎のフサホロホロチョウ舎に引っ越し、そのあおりでフサホロホロチョウはニワトリ舎のショウコク舎に移動、一羽で寂しかったショウコクは、幸せなことに右隣りのミノヒキチャボと一緒に暮らせることになりました。



「秋の動物園まつり」から
        
朝、富士見デッキから冠雪した富士山がくっきり望めました。 動物園事務所前にある動物たちの慰霊碑への献花。 慰霊塔前広場で開会の挨拶をする岩瀬園長(右)。
  
ヤギ餌やり体験。 動物ふれあいコーナーのポニー試乗体験。 アライグマの「アズキ」(キーパーズガイド)。
  
富士見デッキで行われた動物ふれあいコーナーのヒツジ。 子供たちのお相手を務める豚(動物ふれあいコーナー)。 動物ふれあいコーナーのヤギ。
  
バックヤード側から見たマーコール舎。 バックヤードで若いハクビシンが元気に飛び回っていました。 バックヤードで元気な1年前に引退のハイイロコクジャクのオス。
  
オオバタン。バックヤードの「シェル」は元気そうでした。 バックヤードにある動物病院に保護されたフクロウがいました。 バックヤードにいるヨウムの「ムー」。元気そうでした。
  
シセンレッサーパンダの「ケイコ」。この木の上がお気に入り。 孵卵器で生まれたインドクジャクとハイイロコクジャクの仔。 厩舎内で来訪者を迎えるヤマシマウマの「ミドリ」。
  
ラマ舎壁に残るシベリアヘラジカ、オスの角の〝ひっかき傷〟 旧クジャク舎に収容された怪我をしたホンシュウジカ。 ラマの「タイタン」。外から娘の「ケイト」が眺めています。
  
Updated / 更新情報
        
吊るされた餌の入ったザルの回りで遊ぶボリビアリスザルの仔。 暖かい舎内で餌を食べるケヅメリクガメ。 ピコリーノの服が新しくなりました。
  

     
2017/11/12 イシガメ、  インドクジャク、  ケヅメリクガメ、  コバタン、  シセンレッサーパンダ、  チリフラミンゴ、  チョウゲンボウ、  テンジクネズミ、  フサホロホロチョウ、  フンボルトペンギン、  ブラウンキツネザル、  ベニコンゴウインコ、  ホンドタヌキ、  マメコバタン、  

2017/11/10 アカオヒメシャクケイ、  ショウジョウインコ、  ブラウンキツネザル、  フンボルトペンギン、   ホンドタヌキ、  マーコール、  ワタボウシパンシェ、  

2017/11/05 イシガメ、  ショウコク、  フサホロホロチョウ、  ミノヒキチャボ、  


News on Animals/ 動物ニュース

     
2017/11/22 トランプ大統領が七面鳥に「恩赦」、米感謝祭の恒例行事(REUTERS)

スイス研究チーム、マラリア蚊の抗原「アキレス腱」を発見(swissinfo)

「生きた化石」、珍しいサメが捕まる ポルトガル(CNN)

塩湖に生息するハエの「奇妙な」潜水行動を解明、米研究(AFP)

地球上で最後の1頭となったオスのキタシロサイの画像が物語る「絶滅」(AOL)

「数万匹に1匹」姫島で初発見 雌雄モザイクのアサギマダラ(大分合同新聞/goo)

「やっぱりいたんだ」 アカハネバッタ県内初確認 緒勝さん(福島大大学院)が会見(福島民報/goo)

耕作放棄地にヒツジ初出勤 立山の中山間地、食べて除草(北國新聞/goo)

アリゲーターガーなど特定外来生物に16種 飼育、輸入が禁止に(産経新聞)

「赤とんぼ」という“とんぼ”は、実は存在しないってホントなのでしょうか?(tenki,jp/livedoor)

衝突死した「オジロワシ」山積み写真 風力発電とバードストライク(J-CAST/livedoor)

珍しいイルカ「スナメリ」か…隅田川で目撃(日本テレビ/livedoor)

【動画】キリギリス7新種を発表、上腕ムキムキ ~ どれも巨大で超攻撃的、マダガスカル(Natinal Geographic)

真っ白なヘラジカに射殺許可、論争勃発 ~ 女性がヘラジカと接触してけが、駆除の決定に住民からさまざまな反応が(National Geographic)

[ニュース]氷漬けのホラアナライオン=完全体発見、世界初−生態解明に期待・日露研究チーム(nippon.com/Bing)

意外なあの動物もレッドリストに? 絶滅危惧種と侵略的外来種の今(AERAdot/Bing)

動物園のタンチョウ、金網越しにアオサギへ餌おすそ分け(朝日新聞/Yahoo!)

恐竜好き集まれ 今年も検定、挑戦者求む 兵庫・丹波(神戸新聞/Yahoo!)

2017/11/11 サルとヒト続く知恵比べ 進化する獣害対策(神戸新聞/Yahoo!)

三陸マダコ豊漁 昨年比8倍も 産地も驚く異常事態(河北新報/goo)

古き良き…福岡に猫の島 CNNも「世界5大スポット」(朝日新聞)

1万匹以上の装具を制作、日本初の動物義肢装具士・島田旭緒さん きっかけは義眼・指を失った祖父(AbemaTIMES/livedoor)

2017/11/09 千葉)ゾウのゆめ花、「妊活」のため沖縄へ出発 市原(朝日新聞)

東京に行ったら乗ろう! ネコ文化と鉄道文化が一度に味わえる「招きネコ電車」=中国メディア(Searchina)

加計呂麻島の路上にワニ、住民捕獲…3日前にも(読売新聞/livedoor)

無邪気さに心があらわれそう! ボールで遊ぶミーアキャットの赤ちゃんたち(ねとらぼ)

犬が散歩中に飼い主を見上げてくる時の心理(Gunosy)

浜松でヒアリ200匹 中国発のコンテナから(産経新聞)

「33種の動物や人の声で威嚇する」! 害獣撃退“オオカミロボ”が発進 農作物被害対策に 山梨・南アルプス市(産経新聞)

カリフォルニアに“オオトカゲ”出現 民家の庭で発見(スポニチ/Yahoo!)

小動物や鳥類、爬虫類も加入できるペット保険「プリズムコール」 最もこの保険に適しているのは亀(Yahoo!)

金魚透明化に成功 静岡大理学部・徳元教授ら(中日新聞/goo)

HEY!タクシー!動物をタクシーのように乗りこなす動物が話題に! (秒刊SUNDAY)

【世界を読む】世界最強の戦闘機をハチが襲撃…運用停止に追い込む“大番狂わせ”(産経新聞/livedoor)

NZの「ファーストキャット」交通事故死、首相も悲しみを表明(AFPBB/livedoor)

サンシャイン水族館で魚1235匹大量死 酸欠が原因か(スポーツ報知/Yahoo!)

ユキヒョウがリアル“獅子の子落とし” 着地に失敗して顔ごと地面に突っ込んでしまう(BIGLOBE)

「哺乳類の最も古い先祖」の化石 英南西部ドーセット州で発掘(BBC/Yahoo!)

2017/11/03 新種のオランウータン インドネシアのスマトラ島で発見(NHK)

2017/11/02 車を見てテンションMAXな「サイ」の赤ちゃんが超かわいい!(9ポスト/Biglobe)

黒いシジュウカラ、国内で初めて確認 遺伝子の変異?(朝日新聞/Yahoo!)

【動画】センザンコウ101匹を保護、密輸船から ~ 「世界で最も密売されている哺乳類」、インドネシア沖(National Geographic)

幻のサラマンダーを再発見、42年ぶり ~ 史上3度目の目撃、「希望を与えてくれる発見」と研究者(National Geographic)

ロシア・バイカル湖で130頭前後のアザラシが大量死 当局発表(AFP/livedoor)

深海アイドル図鑑 /14 ヒカリキンメダイ (毎日新聞)

カブトムシ 「角の謎」分かった 名古屋大など発表(毎日新聞)

空気読みすぎな動物たちの奇跡の1枚が話題となる(秒刊SUNDAY)

動物密輸疑いで日本人女拘束=タイ(時事通信/goo)

アライグマを飼育・放した疑いで書類送検 全国初摘発(朝日新聞/goo)

<逃げまるくん>イノシシ撃退装置、クマにも効果あった!食害大きい栗畑で実証(河北新報/goo)

<駆除>市街地でのエゾシカ対策「秘密兵器」は吹き矢 稚内(毎日新聞/goo)

神の使いである犬たちが花飾りをつけ盛大に称えられるネパールの犬まつり「ククル・ティハール」(Karapaia)

極寒の北極圏の海底に潜む、巨大クラゲをとらえた貴重な映像(Karapaia)




Welcome to Yumemigasaki Zoological Park. Yumemigasaki means dreaming point. This lovely zoological park is located in Kawasaki City, Japan. It opens 7 days a week from 9:00 to 16:00 in free of charge.



みさとワールド夢見ヶ崎動物公園への連絡はこちらです You are visitor number

since September 11, 2003.
This home page is written in Japanese.
Copyright © 2017 Misato Systems Inc. All rights reserved.