公式HP 夢見ヶ崎動物公園 > 夢見の動物 動物名索引  

  アカアシガメ ヨツユビリクガメ (ホルスフィールドリクガメ)
Central Asian tortoise
ブラウンキツネザル  

最新情報 2019 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010
2009 2008 2007 2006 2005 2004 2003 2002 2001 2000

Profile

中国から中央アジアの岩石の砂漠、ステップ、農耕地などに住み、葉、花、果実などを食べる植物食のリクガメです。地中に穴を掘り、寒いところでは冬季、暑いところでは夏季、地域により夏季も冬季も休眠し、年間3か月しか活動しないものもいます。生息地の破壊、農作物を荒らす害獣として駆除され、薬用やペット用の大量乱獲などで生息地では減少、その分日本を含む世界各地で流通しているリクガメです。

夢見には 2003/10/12 ころ入園、シマウマ舎を背にしたリクガメ舎の手前左側に小さいものが、正面手前に大きいものが、全部で3〜4頭展示されています。夢見のリクガメのなかでは気が強いほうです。2016/03/21 春の動物園まつりの動物リレーガイドから、それまでの「ホルスフィールドリクガメ」の呼称が「ヨツユビリクガメ」に変わりました。

名 前 ヨツユビリクガメ (ホルスフィールドリクガメ)
別 名 ホルスフィールドリクガメ、 ロシアリクガメ
学 名 Testudo horsfieldi
英 名 Central Asian tortoise, Horsfield's Tortoise, Russian tortoise, Steppe tortoise
分 類 カメ目リクガメ科
分 布 カザフスタン
来 園 2003年10月12日頃
夢見定食 小松菜など


    

2005/10/16
外で日光浴するホルスフィールドリクガメ【写真左】。

2009/07/25
しばらく前から、リクガメ舎は、真ん中のほとんどの場所に、アルダブラゾウガメ、ケヅメリクガメが、シマウマ舎を背に左窓際にホルフフィールドリクガメ、右窓際にホウシャガメが居て、その他のリクガメの表示がなくなり、姿はありません。

2009/09/13
隣にホウシャガメのところに、ホルフフィールドリクガメの子供らしいの1頭紛れ込んでいました。

2009/09/23
シマウマ舎を背に左窓際、右窓際の2つに分けられていた仕切りがなくなり、ホルスフィールドリクガメ、ホウシャガメが相互に乗り入れるようになりました。

2009/10/03
リクガメ舎正面手前の区画にいたホルスフィールドリクガメ3頭と、アカアシガメ【写真右】。
  

2010/03/14
去年11月末から工事で閉鎖していたリクガメ舎が約4ヶ月ぶりに再開し、4頭が戻りました。

2010/03/28
背中の黄色い模様ですぐにわかるホルスフィールドリクガメ【写真左】。

2010/12/23
数えたところ全部で5頭いました。うち小さいのが1頭います。

2010/12/29
今日は大きいのが4頭でした。


2011/03/05
バックヤードに行ったらしく全員の姿が見えませんでした。

2011/03/13
今日も戻っていませんでした。

2011/03/19
大きいのが1頭、久しぶりに姿を見せていました。

2011/03/26
全部で3頭戻っていました。

2011/04/02
今日は2頭確認。1頭は陰に隠れているのでしょうか。

2011/06/18
全部で4頭いるのが見えました。

2011/09/24
全部で6頭いました。

2011/11/20
今日は全員いませんでした。

2011/11/23
2頭が戻ってました。

2011/11/26, 12/03, 12/10 & 12/17
5頭に戻っていました。


2012/02/18
今日は窓越しに射し込む暖かい陽射しの中、気持ち良さそうにしていました【写真上左】。

2012/03/11
まだ寒いためもあり、ここにいる亀たちの動きは活発ではありません。なかでもホルスフィールドリクガメとギリシャリクガメの動きは緩慢です。今日も余り動くこともなく日溜りで甲羅を暖めていました【写真上中】。

2012/03/18 春の動物園まつり
リクガメ舎のそれぞれの居住区に新しいおが屑≠ェ敷き詰められました。新しい地面に亀たちも嬉しそうに木の香りを嗅いだり、暖かくて柔らかい感触を楽しんでいました。

2012/04/28
ギリシャリクガメ、ヒョウモンガメのところに大き目のホルスフィールドリクガメが1頭一緒にいました。

2012/05/03
暖かくなってきたせいか、カメたちも少し活発に動くようになりました。

2012/08/25
今日は全員不在でした。全員まとめて外で日光浴することがあるので、その日だったのかも知れません。

2012/10/06
ギリシャリクガメとヒョウモンガメのいる正面手前の区画に、今日は大きいホルスフィールドリクガメもいました。ヒョウモンガメは例によって、この区画から大きなアルダブラゾウガメのいるところに脱走しています。このヒョウモンガメを真似したのか、ホルスフィールドリクガメもこの区画の柵を乗り越えようとしたのですが失敗し、ギリシャリクガメの脇に着地することになりました【写真左】。

2012/12/16
ギリシャリクガメ、ヒョウモンガメとクラスホルスフィールドリクガメ【写真右】。正面から見て左側にいるホルスフィールドリクガメたちから離されています。大きさが違いすぎるからなのでしょうか。
  
  

2013/02/11
今日も温かい居住区でのんびり過ごすホルスフィールドリクガメ【写真上左と上中】。

2013/06/22
現在、全部で5頭います。

2013/06/29
5頭のうち1頭は種類が違うようです(後にセマルハコガメと判明)。

2013/09/14
リクガメ舎にいるリクガメのなかでは、ホルスフィールドリクガメは動きも性格も穏やかです。今日も大人しく葉を食べていました。

2013/10/10
現在のリクガメ舎で脱走癖があり活発に動き回っているのは、ヒョウモンガメ、セマルハコガメ、ホルスフィールドリクガメの3頭です。
最近活発に動き始めたホリスフィールドリクガメ(小)♂【写真上右】は、セマルハコガメをまね柵を乗り越え隣のギリシャリクガメの領域に進出しています。


2013/10/14
隣のギリシャリクガメの居住区に行こうと頑張るホルスフィールドリクガメ。途中、窓ガラス(手前)と鉄網の箱(奥)に挟まれた場所があり、体を横にするか、鉄網箱の上に登らないと先に進めません。右手足をガラス窓のうえに置き、体を中に浮かせたものの、左手が鉄網に絡まり失敗【写真上左】。元に戻って行きました。

2013/11/09
リクガメ舎の脱走トリオ≠ヘ、大きい順にヒョウモンガメ、ホルスフィールドリクガメ、セマルハコガメの3頭です。ヒョウモンガメとギリシャリクガメの区域に、今日もホルスフィールドリクガメがギリシャリクガメに会おうと越境してきました。【写真上中】の右下にいるのがホルスフィールドリクガメです。そこでは、ヒョウモンガメが、アルダブラゾウガメ、ケヅメリクガメ、アカアシガメがいる、より大きな区画に脱走しようと、柵に前脚を乗せ何とか体を持ち上げようと懸垂の真っ最中です。小さなホルスフィールドリクガメにはそんな真似はできません。うらやましそうにヒョウモンガメを眺めていました【写真上右】。

2013/11/16
ギリシャリクガメとヒョウモンガメの区画に脱走してきたセマルハコガメ(左)とホルスフィールドリクガメ(右)【写真左】。脱走トリオ≠フもう1頭、ヒョウジモンガメは、既にここから隣のケヅメリクガメの区画に脱走済みです。

  

2014/01/11
自分いるの区画を越境して、ヒョウモンガメのところにやってきたホルスフィールドリクガメ【写真上左】。その先にギリシャリクガメが居て、ずっと、そちらのほうに行っていたのですが、この頃はヒョウモンガメと一緒にいること多いようです。

2014/03/08
去年はギリシャリクガメにご執心だったホルスフィールドリクガメは、最近は寒さに弱いためか、隣のケヅメリクガメの区画に脱走せず大人しくしているヒョウモンガメのところにやってきます【写真上中】。左で背伸びしているのがホルスフィールドリクガメ、右の大きいのがヒョウモンガメです。

2014/04/06
寒い間はリクガメ舎でもっとも元気なホルスフィールドリクガメ【写真上右】。自分の所属する区画を乗り越え、ヒョウモンガメやギリシャリクガメの区画に遠征しています。

2014/11/07
まだビニールで覆われていますが、イラスト入りのプレートが取り付けられました。ラマの他、ケヅメリクガメ、アカアシガメ、ホルスフィールドリクガメ(リクガメ舎)、ニホンイシガメ(フラミンゴ舎)、クサガメ、ミシシッピアカミミガメ(野外水槽)、ニホンアナグマ(小獣舎)のプレートも設置されました(島貫様)。

2014/11/16 秋の動物園まつり
恒例のバックヤードツアーで、ホルスフィールドリクガメの小亀らしい姿を見かけました【写真右】。


2015/03/29
ホルスフィールドリクガメは、シマウマ舎を背にリクガメ舎を見て左手前にいます。ここにいるリクガメのなかでは気が強いらしいのですが、同じ仲間と一緒のときはおとなしい感じがします【写真右】。

2015/05/09
食事中のホルスフィールドリクガメ。年中、屋内の同じ場所にいて、日光浴の機会が少ないためか、背中の模様が薄くなっています。

2015/09/21
珍しく屋外運動場を歩き回るホルスフィールドリクガメ。アルダブラゾウガメやケヅメリクガメなどの大きいリクガメが外に出る機会に比べ、小さいリクガメたちが外で日光浴できる機会はそう多くはありません。

  

2016/01/03
ホルスフィールドリクガメのなかでは一番大きい固体はリクガメ舎正面手前にいます。

2016/02/06
いつも室内にいるため、甲羅の色がだんだん黒ずんできたホルスフィールドリクガメ。黄色い模様が判別できなくなってきました【写真上左】。

2016/02/19
食事中のホルスフィールドリクガメ。【写真上中】は、リクガメ舎正面手前、アカアシガメと一緒にいる大きいほう、【写真上右】は、リクガメ舎左手前にいる小さいほうの個体。


2016/03/21 春の動物園まつり
動物リレーガイドでは、いままで「ホルスフィールドリクガメ」として紹介していたのが「ヨツユビリクガメ」に変わりました。

2016/04/23
食事中の小さいほうのヨツユビリクガメ(リクガメ舎左側手前)【写真上左】。

2016/04/26
これも食事中の大きいほうのヨツユビリクガメ(リクガメ舎正面手前)。アカアシガメと一緒にいます【写真上中】。

2016/09/03
いつも狭い場所にいるヨツユビリクガメのなかでは一番大きい個体が、ホウシャガメが外で日光浴しているあいだ、広いホウシャガメ舎で嬉しそうに動いていました【写真上右】。

2016/10/15
くつろいだ様子の一番大きいヨツユビリクガメ【写真左】。

2016/12/29
温かい部屋の陽だまりでおいしそうにキャベツを食べる小さいほうのヨツユビリクガメ【写真右】。

  
  

2017/01/02
一頭ごとに専用の餌箱で食事を貰っているヨツユビリクガメ【写真上左】。

2017/03/11
暖かい室内でガラス窓ごしの日を浴びるヨツユビリクガメ【写真上中】。

2017/4/28
ホウシャガメ舎に侵入「無礼者!」と追い返されるヨツユビリクガメ(ホルスフィールドリクガメ)のなかでは最も大きな個体【写真上右】。

2017/05/14
リクガメ舎のヨツユビリクガメ(ホルスフィールドリクガメ)3頭、このほかに少し大きいのが隣の区画に1頭います【写真左】。

2017/06/24
今日もホウシャガメの区画に入り込んだヨツユビリクガメ(ホルスフィールドリクガメ)。でもホウシャガメの1頭に睨みをきかされ中に進めません【写真右の下】。

2017/06/30 & 07/02
首尾よくホウシャガメの区画に入り込み、満足そうなヨツユビリクガメ(ホルスフィールドリクガメ)(手前)。でもあまり歓迎はされていないようです【写真左: 7/2 撮影】。
  

This home page is written in Japanese.
Copyright © 2017 Misato Systems Inc. All rights reserved.