公式HP 夢見ヶ崎動物公園 > 夢見の動物 公式FB  

  ケヅメリクガメ ホウシャガメ
Radiated Tortoise
アカアシガメ  

最新情報 2029 2028 2027 2026 2025 2024 2023 2022 2021 2020
2019 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010
2009 2008 2007 2006 2005 2004 2003 2002 2001 2000

Profile

名前のとおり、甲羅に放射状の模様がある美しいリクガメです。アフリカ沖、インド洋にある大きな島、マダガスカルに住んでいます。食用やペット用などで乱獲され生息数は激減しています。マダガスカル原産の動物として他に4種類のレムール(キツネザル)が夢見にいます。

2006年、密輸で日本に持ち込まれようとして名古屋税関に摘発された40頭のホウシャガメのうち、5頭が、縁あって夢見に入園しました。リクガメ舎を正面から見て右の窓際の区画に全部で5頭おりメスも1頭います。他のリクガメに比べ性格はおとなしいようです。2014年8月、メスが亡くなったことが発表されました。

名 前 ホウシャガメ
別 名 マダガスカルホシガメ
学 名 Geochelome radiata
英 名 Radiated Tortoise
分 類 カメ目リクガメ科
分 布 マダガスカル島南部
来 園 2006年6月15日
夢見定食 小松菜など


2006/06/15
新しくホウシャガメが来園しました。リクガメ舎では随分前から紫外線ライトを入れています。これでリクガメたちは随分健康を取り戻したそうです。また湿気が苦手なので梅雨時は気をつかうそうです。

2006/07/15
6月15日に新しく来園した5頭は名古屋で保護された40頭のうちの5頭だそうです。


2009/08/29
リクガメ舎手前右側で元気に暮らしています【写真左】。

2009/09/13
相変わらず5頭元気で暮らしていますが、それに加え小さなカメが1頭います。甲羅からホルスフィールドリクガメの子供に見えます。隣から紛れ込んできたのでしょうか。

2009/09/23
シマウマ舎を背に左窓際、右窓際の2つに分けられていた仕切りがなくなり、ホルスフィールドリクガメ、ホウシャガメが相互に乗り入れるようになりました【写真右】。

  

2010/03/14
去年11月末から工事で閉鎖していたリクガメ舎が約4ヶ月ぶりに再開しました。ほとんどのカメは戻りましたが、ホウシャガメはまだです。この季節、温度差が激しく、昼夜の気温差が15℃になる日もあるため、寒さに弱い亀を戻すタイミングを慎重に測っているため遅れているそうです(飼育スタッフの話)。

2010/03/22
春の動物園まつりに間に合わせたようで、ホウシャガメが久しぶりにリクガメ舎に戻ってきました【写真上左】。

2010/07/03
しばらくリクガメ舎から姿を消していた5頭が、ワタボウシパンシェ舎内の草の間を元気に動いているのを確認。以前より少し大きくなり、色艶も良くなっていました。ワタボウシパンシェとも仲良くやっているようです【写真上中】。

2010/07/10
ワタボウシパンシェ舎内の草が刈られ、カメたちは姿を消しました。リクガメ舎にもいません。バックヤードに戻されたのでしょうか。

2010/07/19
草を刈り取られたワタボウシパンシェ舎のグラウンド内に再び登場しました。

2010/07/24-25
ワタボウシパンシェ舎に居候中?のホウシャガメは、居る日と居ない日があるようです。24日、土曜日には居たのですが、25日、日曜日には姿を消していました【写真上右】。


2010/08/07 & 08
ワタボウシパンシェ舎の外の運動場を 5 匹好き好きに闊歩していました。なかにはワタボウシパンシェのナイトルームに入ろうと、入口階段をよじ登ろうとするのですが、高すぎて登れずれず、それでも頑張っているカメもいました【写真上左 8/7 と上中 8/8】。檻にカメラを密着しホウシャガメを撮影しようとすると、ワタボウシパンシェが「なんだなんだ」と寄って来てレンズに覆いかぶさります。リスザル、フサオマキザルなどお猿さんの仲間はみんな同じ行動をとります【写真上右】。

2010/08/14
ワタボウシパンシェ舎にいたホウシャガメは、今日の午後は隣のコモンマーモセット舎のグラウンドをノソノソ歩いていました。ここは枯葉が少し多いためか気持ち良さそうです。ホウシャガメのナイトルームはバックヤードにあり、その日の条件次第であちこちに出没しているようです【写真左】。

2010/08/21
ホウシャガメの展示場所は、毎週、訪園のたびに変わりますが、今日はワタボウシパンシェ舎のなかにいました。夏休みの宿題なのか、動物の写真を撮りにきた子供たちが、ワタボウシパンシェを撮影したあと、その下にいるホウシャガメを見つけ「わぁ!きれいなカメさんがいる」と大喜びで撮影していました。

2010/08/28
ワタボウシパンシェ舎のなかにいました。ホウシャガメが展示されるときは、ここで展示されるのが一番多いようです。

2010/09/20
秋の動物園まつり、動物リレーガイドによると、ホウシャガメの展示は原則としてワタボウシパンシェ舎で晴れた日に行っているそうです。

2010/12/29
冬に入り野外での展示ができないためか、久しぶりにリクガメ舎に5頭が戻ってきました。ほとんどが暖かいランプの下に集まっていました【写真右】。
  

2011/03/26
5頭は暖かいリクガメ舎で無事に冬を越しました。

2011/09/17
今年のホウシャガメは、昨年のようにワタボウシパンシェ舎などへ遠征する機会はなかったようで、運動時間以外は、リクガメ舎右手の窓際で5頭一緒に過ごしていました。秋を迎え涼しくなってきましたが、無事にこれからの冬を乗り切って欲しいものです。

at 15:00 卵採取前
真中手前の窪みに右側のカメが産卵
at 15:18 卵採取中
飼育スタッフが注意深く卵を採取
at 15:20 卵採取後
左の窪みに右側のメスが産卵

2011/11/05
午後3時過ぎ、来園者注視のなか、産卵した卵5個が飼育スタッフにより採取されました。絶滅危惧種に指定されているマダガスカル原産のホウシャガメを、日本で孵化させるのは非常に難しいそうで、2009年4月と2011年4月に横浜市立野毛山動物園でそれぞれ2頭の繁殖に成功した例が知られています【写真上3枚】。

2011/11/12
全部で4頭でした。メスがバックヤードに下げられたのでしょうか。

2011/11/20
元の5頭に戻りました。

  

2012/02/11
5頭で新年を迎えました。相変わらず暖かい室内でのんびりと暮らしています【写真上左】。

2012/03/04
食事の時間。食欲は旺盛です【写真上中】。

2012/03/11
夢見に来て7度目の冬を越しました。寒さは苦手なので暖かい季節が待ち遠しそうでした。

2012/06/23
交尾中のホウシャガメ【写真上右】。孵化に成功したのは日本では数例のみです。去年、夢見では11月5日に卵を5個産みましたが、まだ孵化には成功していないようです。

2012/09/29
甲羅を磨いてもらい久しぶりに美しい紋様をくっきりと見せているホウシャガメ【写真右】。

  

2013/01/19
今年も5頭で新年を迎えました。このガラスで仕切られた部屋は暖かいものの、北向きのためか陽射しが弱く、特有の放射状の美しい模様がだんだん薄くなってきたようです。3年ほど前までは、夏などの陽射しの強い日に外に出し日光浴させていた時期がありましたが、そのときは、もっとはっきりした模様でした【写真上左】。一昨年の秋には卵が採取されましたが、昨年はどうだったのでしょう。人工孵化が難しいカメだけに、夢見で孵って欲しいものです。

2013/03/24 春の動物園まつり
餌が撒かれると普段はあまり動くことのないホウシャガメがいっせいに寄ってきました【写真上中】。(動物ガイドツアー)

2013/05/25
今日は1頭少ない4頭でした。

2013/07/13
暑くなってきました。リクガメ舎内は年間を通じ30℃くらいに保たれているそうです。食事の時間、みんなで美味しそうに食べていました【写真上右】。

2013/09/29
夏の暑さも一段落。今日は皆で外に出て日光浴していました。

2013/10/10
ホウシャガメは産卵しているものの、生んだ卵の大半は無精卵で孵化までおよそ1年かかるため、孵化には難しい面があるそうです。

  

2014/03/08
今年も5頭全員元気で冬を乗り切ったようです。

2014/08/11
ホウシャガメの食事風景です。この日はニンジンがメインでした【写真上左】(島貫様)。

2014/08/13 ★動物たちの主な移動(平成26年5月1日〜平成26年7月31日)★
ホウシャガメ(♀1死亡)(ゆめみにゅーす VOL.33 dd 2014/08/03)。
5頭いたうちの唯一のメスと思われる固体が亡くなり、これからの産卵が期待できなくなりました。残念です。

2014/08/19
ホウシャガメの食事風景です。この日は小松菜とキャベツがメインでした【写真上中】。日によって献立を変えているのがお分かり頂けると思います。亡くなったホウシャガメの♀は、やや発育不良のようなところがあり、甲羅が柔らかいきらいがあったそうです。食事を摂らなくなってからも暫く生きていたそうで卵も抱いていたそうです。リクガメは紫外線を浴びて体内でビタミンDを生成、それが甲羅のカルシウムを形成するので日光浴は必須です。リクガメ舎のガラス越しでは通過しない紫外線 UVB があるため、屋外での日光浴(直射日光は不適)は欠かせません。【写真上右】は、6月2日撮影のもので、亡くなったメスを含む全員が屋外で食事していた姿です(島貫様)。


2014/09/09
日光浴のために表に出されたホウシャガメ【写真上左】。いつものガラス越しより、一際美しい姿を観察できました(島貫様)。

2014/09/21
美しい放射状の紋様を保つため、リクガメ舎左横の運動場で日光浴するホウシャガメ。いつも狭いところにいる4頭の亀たちは、思い思いの場所を自由に動き回っていました【写真上中】。

2014/10/29
久しぶりに、日光浴するホウシャガメを観察できました【写真上右】(島貫様)。

  

2015/01/31
ホウシャガメは、ほとんど屋内にいて、日光浴の機会は暑い季節に限られるため、放射状の美しい甲羅の紋様が薄れてきています。

2015/02/11
ホウシャガメは、4頭がいつも同じ場所に固まってじっとしていますが、今日は珍しく歩いているのがいました【写真上左】。

2015/02/28
ホウシャガメたちの甲羅がはっきり見えるようになりました。美しい紋様です【写真上中】。

2015/04/29
食事の時間、いつも大して動かないホウシャガメたちの動きが俄然活発になりました【写真上右】。


2015/05/06
暖かくなってきたためか、いつもより活発に動いていました【写真上左】。

2015/05/09
食事は菜葉のうえに乗りバリバリ豪快に食べていました【写真上中】。

2015/06/23
久しぶりに表に出され、日光浴をしながら餌を食むホウシャガメ【写真上右】(島貫様)。


2015/07/12 & 13
ホウシャガメが頻繁に外に出されるようになりました【写真上左 07/12】、【写真上中 07/13】(島貫様)。

2015/07/25
ホウシャガメは今日も嬉しそうに日光浴です。好奇心旺盛で、あっちこっち動き回っています【写真上右】。

2015/08/01
「ホウシャガメがこちらにいない場合は、下記の場所に移動しています。」の貼り紙が出されました。今年は、日光浴で、元のエメラルドグリーンに黄の美しい放射模様を取り戻す計画のようです。


2015/09/03
急に涼しくなり、このまま秋になるかと思っていたら暑さが少し戻りました。ホウシャガメが久しぶりに外に出ていました。外に出られるのもあとわずかです【写真上左】(島貫様)。

2015/09/21
日光浴するホウシャガメ。2014年春、唯一いたメスが亡くなり繁殖への道は絶たれましたが、残されたオス4頭、元気に育って、来園したときのような美しい甲羅の色を取り戻して欲しいものです。

2015/10/13
今日も日光浴するホウシャガメ。でもアカアシガメやギリシャリクガメが外を散歩しているところは見たことがありません【写真上中】。

2015/12/10
温かい部屋の明るい電灯のもと、のんびり過ごすホウシャガメ【写真上右】。

  

2016/01/08
新年を迎えたホウシャガメ。4頭全員が揃いました【写真上左】。食欲旺盛な食事風景【写真上右】


2016/01/23
リクガメ舎ホウシャガメの区画を歩き回るオス【写真上左】。

2016/02/19
食事中のホウシャガメ【写真上中】。

2016/03/05
暖房の効いた室内からガラス越しに来園者を見上げるホウシャガメ【写真上右】。


2016/04/26
春を迎えホウシャガメの動きが活発になってきました【写真上左と上中】。

2016/09/03
外にでるチャンスが少ないホウシャガメが全員外で思い切り陽射しを浴びていました【写真上右】。


2016/09/10
運動場の仕切りから外を眺めるホウシャガメ。来園者から頭を撫でてもらい嬉しそうでした【写真上左】。

2016/10/06
ホウシャガメ全員が外に出て思い切り日光を浴びていました。

2016/10/15
斜面通行中、バランスを崩しひっくり返ったホウシャガメ【写真上中】。何とか起き上がると、猛然と前にいたカメを押し始めました【写真上右】。

2016/10/27
この日、それほど気温は高くなかったものの、アルダブラ、ホウシャガメ、共に外に出ていました。 翌日から一気に気温が下がったので、しばらくこういう姿は見られないと思います【写真右】(島貫様)。

  

2017/01/02
4頭並んでおいしそうなランチにかぶりつくホウシャガメ【写真上左】。

2017/03/11
水を飲むホウシャガメ【写真上中】。

2017/4/28
ホウシャガメ舎に侵入「無礼者!」と追い返されるヨツユビリクガメ(ホルスフィールドリクガメ)のなかでは最も大きな個体【写真上右】。

2017/06/03
お互いを隔てる仕切りの間で、何やら話し合うアカアシガメ(左)とホウシャガメ。気が荒いヨツユビリクガメ(ホルスフィールドリクガメ)と違い、どちらもおとなしいので、険悪な雰囲気ではなさそうです【写真右】。
  

2017/06/24
今日もホウシャガメの区画に入り込んだヨツユビリクガメ(ホルスフィールドリクガメ)【写真上左】。でもホウシャガメの1頭に睨みをきかされ中に進めません。

2017/06/30 & 07/02
首尾よくホウシャガメの区画に入り込み、満足そうなヨツユビリクガメ(ホルスフィールドリクガメ)(手前)。でもあまり歓迎はされていないようです【写真上中: 7/2 撮影】。

2017/07/08
外に出してもらい日光浴するホウシャガメ4頭。陽の当たる真ん中で食事するもの【写真上右】、隅のほうで隠れるようにしているもの、外に面した金網際で大胆に眠るものと個性豊かです【写真上右】。


2017/07/22
今日も日光浴に出してもらい満足そうなホウシャガメ【写真上左】。

2017/08/05
ホウシャガメ区画に押しかけたヨツユビリクガメ(ホルスフィールドリクガメ)。でも、ここは男所帯、誰からも相手にされません【写真上中】。

2017/08/06
リクガメ舎とレムール舎の間の作業場で日光浴するホウシャガメ。4頭、それぞれ気に入った場所があり、この2頭はいつも真ん中辺りにいます【写真上右】。

2017/10/26
嬉しそうに日光浴するホウシャガメ【写真右】。

  

2018/04/07
ホウシャガメの区画に入りたくてしようがないヨツユビリクガメ。狭い隙間を苦労の末突破し、ようやく入ってところ、そこはホウシャガメの甲羅の上でした【写真上左】。

2018/04/21
温かくなり外に出て日光浴を始めたホウシャガメ【写真上中】。好奇心旺盛な一頭が柵越しに顔を突き出してきました【写真上右】。

2018/06/22
日光浴するホウシャガメ【写真左】。

2018/08/13
日光浴で外に出て餌を食べに行くホウシャガメ【写真右】。
  
  

2019/02/23
元気よく餌を食べるホウシャガメ【写真上左】。

2019/03/09
餌を求め移動中のホウシャガメ【写真上中】。

2019/03/30
食用旺盛なホウシャガメ。勢いよく食べるためお皿が手前に傾き、より食べやすいようです【写真上右】。


2019/05/19
日光浴のためリクガメ舎とレムール舎の間の中庭を元気よく動き回るホウシャガメ【写真上左】。

2019/06/08
水を張ったトレイを行くホウシャガメ【写真上左】。リクガメ舎ホウシャガメ区画を闊歩するホウシャガメ【写真上右】。


2019/07/27
日光浴するホウシャガメ。健康を維持し本来の美しい甲羅の色を取り戻すのに日光浴は必要です【写真上左】。

2019/08/03
運動場で夏の日をいっぱい浴びて歩き回るホウシャガメ【写真上中】。

2019/09/14
ホウシャガメ4頭全員が日光浴。それぞれ個性があり動きはバラバラ。広場の真ん中で餌を食べるもの【写真上右】。段差のある場所に冒険に出かけるもの【写真下左】、広場の隅でうずくまるものなど色々です。


2019/09/28
今日も外で日光浴のホウシャガメ【写真上中】。

2019/11/04
外で食事のホウシャガメ。【写真上右と左】
  
  

2020/01/11
温かいリクガメ舎でおいしそうに食事中のホウシャガメ【写真上左】。

2020/01/19
元気よく動き回るホウシャガメ【写真上中】。

2020/02/15
リクガメ舎内からガラス窓越しにこちらを見つめるホウシャガメ【写真上右】。


2020/03/15
食事中のホウシャガメ【写真上左】。

2020/07/09 ゾウガメ舎のカメたち〜ホウシャガメ
ゾウガメ舎でも一際甲羅模様の美しいホウシャガメ。 平成17年に不正登録(種の保存法)で当園に保護されました。
甲羅模様の他、太い四肢と愛敬のある瞳が特徴です。
天気の良い時には、獣舎裏のスペースで日光浴をさせることもあります。
エサのコマツナを食む姿はいつまで見ていても飽きません。
(齋藤)【写真上中】
?ホウシャガメ?
マダガスカル島南部の半砂漠地帯にある乾燥林や岩場の周辺に棲んでいます。
『マダガスカルホシガメ』という別名で呼ばれることもあります。
背甲には甲板ごとに名前の由来となっている黄褐色の放射状の模様があります。
http://www.city.kawasaki.jp/530/page/0000032498.html
(公式FB)

2020/08/01
リクガメ舎とレムール舎のあいだで日光浴するホウシャガメ【写真上右】。

  

This home page is written in Japanese.
Copyright © 2020 Misato World. All rights reserved.