公式HP 夢見ヶ崎動物公園 > 夢見の動物 公式FB  

  パラワンコクジャク ハイイロコクジャク
Grey Peacock Pheasant
ベトナムキジ  

最新情報 2029 2028 2027 2026 2025 2024 2023 2022 2021 2020
2019 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010
2009 2008 2007 2006 2005 2004 2003 2002 2001 2000

Profile

ハイイロコクジャクは、コクジャクと言うだけあって、クジャクより小さいものの、3~6月の繁殖期には、オスがメスに虫などの餌をプレゼント、クジャクのように尾羽を広げ求愛のディスプレイをします。孔雀の仲間だけあって美しい羽をしており、顔つきも利発そうです。

夢見では、2010~11年の冬にメスが亡くなり、高齢のオス1羽が残されました。2016年12月、高齢のオス1羽に代わり、若いペアの展示が始まりました。高齢のオスはバックヤードで元気に暮らしています。

2017年、ひなが自然ふ化で2羽誕生しましたが可愛い盛りに亡くなりました。しかし孵卵器で生まれた3羽は元気で、バックヤードで順調に育っているようです。

名 前 ハイイロコクジャク
学 名 Polyplectron bicalcaratum
英 名 Grey Peacock-Pheasant, Burmese Peacock-Pheasant
分 類 キジ目キジ科
分 布 ネパール東部、ブータンおよびミャンマー、タイ、ラオスのインドシナ半島北部の低地から海抜1200mの熱帯常緑林
食 物 草の葉や実、果物、昆虫
夢見定食 キャベツ、小松菜、成鶏用配合飼料

 
      

2005/03/19
今までの1羽が2羽になりました。念願のカップルが誕生したようです。

2005/03/27
恋の季節、早速ディスプレイが始まりました。クジャクと較べるといささか貧相ですが、それなりの熱演が続きました。

2007/04/15
ディスプレイ姿が、ブログ「動物園からの手紙」 で紹介されました。


2008/02/04
メスが寒さによる衰弱で入院しました。

2008/03/06
入院していた♀が退院しました。

2008/05/04
現在展示されているのは、オス1羽、メス1羽のようです。

2008/05/24
今年もディスプレイ姿が見られる季節になりました。

  

2009/04/26
オスのディスプレイ姿。手前はメス【写真上左】。

2009/08/29 撮影【写真上中】

2009/11/08
秋も深まり、オスの羽がきれいになってきました。ハイイロコクジャクは日本の動物園には10羽ほどしかいないそうです。

2009/12/06 雄の頭の毛が顔の前まで伸び、いままで以上に目の上にせり出してきました。【写真上右】


2010/01/11
繁殖期が近いのか、それとも入ったのか、独特の声で鳴くようになりました。

2010/01/23
オスがディスプレイを始めました。クジャクほど立派ではありませんが、綺麗な羽を丸く大きく見せて頑張っています。

2010/02/06
メスがいません。オスだけでした。

2010/02/13
相変わらずメスの姿がありません。

2010/02/20
今日もメスの姿は見られませんでした。

2010/02/22
ハイイロコクジャクの雌は寒さ対策のため病院で静養中なのだそうです。

2010/03/14
相変わらずオス1羽のみが展示されています。

2010/08/28
約7ヶ月振りにメスが戻り、高いところでじっとしていました。


2010/08/29 メス【写真上左】

2010/11/28 オス【写真上中】

2010/12/11
いささか早いのですが、オスのディスプレイ(求愛行動)が始まりました【写真上右】。


2011/02/03
2010年11月1日~2011年1月31日の間にメスが1羽亡くなりました(ゆめみにゅーす第19号)。

2011/02/19
繁殖期を迎えたオスは、メスが亡くなり一羽だけのため、切り株のうえで悲しそうに鳴いていました。

2011/04/30
相変わらず1羽だけで健気に生きています。

2011/05/14
今日は詰まらなそうにしていました。

2011/05/21
今日も先週に続き囲いの上に止まっていました【写真左】。

2011/07/09
梅雨が終わり夏に入りました。少しですが元気を取り戻したようです【写真右】。

2011/07/30~2011/08/06
相変わらず1羽で頑張っていますが、お隣のヒオドシジュケイに比べ、以前より少し元気を取り戻したようです。

2011/10/01
秋を迎え元気を取り戻したようです。
  

2012/02/11
1年前、メスに死なれてから、ずっと1羽で頑張って新しい年を迎えました。以前より少し元気になりましたが、それでも寂しそうにしています。

2012/04/28
元気です。今日は去年亡くなったメスを呼んでいるのか独特の大きな声で鳴いていました。

2012/06/23
最近は、ここが涼しいのか、パラワンコクジャクを表示したプレートを下げた柵のうえに座って寝ることが多いようです。

2012/08/04
暑い夏を迎え、少し元気を取り戻したようです。割合活発に動き回っていました【写真右】。

2012/11/03
涼しくなってきました。昨年の冬にメスを亡くしたオスは相変わらず1羽で暮らしています。

2012/12/01
去年の冬、メスを失って以来、ずっと一羽で暮らして元気のなかったオスですが、少し元気を取り戻したようで、以前のような愛嬌ある顔つきで、結構、動く姿を見せるようになりました。美しい姿をいつまでも見せて欲しいものです。
  

2013/02/17
2010年にメスを亡くしてから寂しそうにしていましたが、寒い気候が体に合うのか高齢のわりには元気にしています。人間で言えば前髪にあたる部分が伸び、これで前が見えるのか気になります【写真左】。

2013/03/09
繁殖シーズンに入ったのか、ニワトリのようにけたたましく鳴き、尾羽を左右にせわしく振っていました。そした盛んに餌を食べていました。

2013/04/20 飼育の日
今日もメスを求め鳴いていましたが3年前に居なくなったため悲しそうでした。

2013/05/04
今日も繁殖期の男らしい顔で?メスを呼ぶのですが1羽だけではどうしようもありません。動物園でもメスを探したそうですが、数が少なく見つからないそうです。

2013/10/06
元気です。相変わらず利発そうな顔をしています【写真右】。
  
  

2014/01/18
2011年の秋にメスを亡くしてから2年以上1羽で暮らしています。

2014/03/01
そろそろ繁殖シーズン、今年もディスプレイは見れそうにありません。

2014/03/15
繁殖シーズンに入りメスを求めて鳴くオス【写真上左】。でもこの2年以上、メスの姿はありません。

2014/03/29
砂浴びをするハイイロコクジャク【写真上中】。繁殖シーズン中は動きが活発です。

2014/04/13
ディスプレイに近い姿を見せたハイイロコクジャク【写真上右】。メスがいないので扇を丸く開いたような姿は無理ですが。

2014/06/21
今日は元気に舎内を闊歩していました。


2014/07/27
繁殖シーズンは終わったようで日常に戻ったようです。思ったより元気な様子です。

2014/10/11
最近はこの位置でよく見かけます【写真上左】。

2014/11/16 秋の動物園まつり
掃除や給餌のため飼育スタッフが舎内に長くいると「早く行け、気に入らん!」と嘴で長靴を突きにきました【写真上中】。バックヤードツアーで知ったのですが、バックヤードにオスが数羽いました。オス同士だと喧嘩するため一緒に展示できないとのことでした。

2014/12/13
冬の特徴、前髪?がぐっと前にせり出してきました。元気そうですが、今年も一羽で冬を越すことになりそうです【写真上右】。


2015/02/07
羽根の水玉模様が美しいハイイロコクジャクのオス【写真左】。

2015/02/28
ハイイロコクジャクのオスです【写真右】。

2015/07/04
しとしと降る梅雨のなか、園内にハイイロコクジャク独特の鳴き声が響き渡っていました。

2015/07/11
暑い夏を迎え、ハイイロコクジャクは元気です。


2016/03/21 春の動物園まつり
バックヤードにハイイロコクジャクのオスがいました(バックヤードツアー)。

2016/05/04 ピックアップ動物「ハイイロコクジャク」 鳥綱 キジ目 キジ科
 東南アジアの低地から高地の熱帯常緑林に生息し、果実や昆虫等を食べる雑食性の鳥で、コクジャクのなかでは最も大型です。
 現時点で絶滅の危機に瀕してはいないと考えられていますが、現地では数が減少し、国際的な商取引は制限されています。
 特徴は頭のリーゼントのような羽と、灰色の羽毛にきらめくメタリックな色(構造色といい、光の当たり方で色が変わって見えます)の目玉模様です。オスは繁殖期の春、メスに対する求愛の際に翼と上尾筒とよばれる尾羽の上の羽を広げます。これが縦にも横にも自由自在に広がるもので、メスがどっちにいても対応可能です。さらに、メスに対して食べ物を嘴でプレゼントする姿も見られることがあります。
 現在、夢見ヶ崎動物公園にはオスしかいませんが、メスが仲間入りすることがあれば行動に変化が出ると思われます。
 ちなみに、メスへの求愛以外にも、「威嚇」のために羽を広げることがあり、飼育員に対しては羽を広げながら丈夫な脚で蹴ってきたり、上から頭に奇襲をしかけてきたりすることもあり、あなどれません。(ゆめみにゅーす VOL.40、dd.2016/05)。

2016/07/23
あいかわらずオス1羽が展示され元気に暮らしています。

2016/08/07 ★動物たちの主な移動(平成28年5月1日~平成28年7月31日)★
ハイイロコクジャク搬入 (♀1)。(公式HP、ゆめみにゅーす VOL.41 dd.2016/08/02)。

2016/08/09
新しく来たハイイロコクジャクのメスは、バックヤードにいるオスと一緒に展示することを目指し、現在、お見合い中です。公開時期は未定です(夢見ヶ崎動物公園)。

2016/11/05
現在展示されているのはオス1羽です。


2016/12/18
2010-2011 の冬にメスが亡くなって以来、ずっとオス1羽だったハイイロコクジャクが5年ぶりに2羽展示になりました【写真上左】。

2016/12/24
新しく来たオス【写真上中】と5年ぶりのメス【写真上右】

  

2017/01/06
長年1羽で頑張ったオスは、新しいペアと交代でバックヤードに下がりましたが、動物園によると元気にしているそうです。

2017/04/16 飼育の日
バックヤードツアーで、去年の12月まで展示されていたハイイロコクジャクに再会することができました【写真上左】。

2017/05/27, 05/30 & 06/03
展示されていたのは1羽だけでした。

2017/06/08
最近ハイイロコクジャクが1羽しか見えないので動物公園に尋ねたところ「ハイイロコクジャクは2羽展示を続けています。巣箱に入ったり、陰に隠れたりしているだけだと思います」という返事をいただきました。

2017/06/11
いつもメス1羽しか見なかったのが、今日はオス1羽が表に出ていました【写真上中】。

2017/06/19
2羽の雛が誕生しました。1羽が母親の翼の下から顔を出し外に出てくると、もう1羽も出てきました。しばらく表に1羽しか出ていなかったのは交代で抱卵していたためでしょうか。夢見でハイイロコクジャクのヒナが展示されたのは今回が初めてかもしれません【写真上右】。


2017/06/24
2羽の雛は順調に育っているようです【写真上左】。

2017/07/02
いつも母の翼の下にいる2羽の雛は、少しづつ親から離れ、周囲に興味を示すようになりましたが、すぐに翼の下に戻ります。

2017/07/15
動物公園の獣医師、岡島史絵さんによると、ハイイロコクジャクは、昨年五月に浜松市動物園から譲り受けた雌が産んだ卵がかえった。自然ふ化の二羽には、豆やトウモロコシなどの配合飼料、きざんだコマツナや果物など成鳥と同じエサを、母親が口移しで与えている。岡島さんによると「性別が分かるまでは一、二年かかる」という。(東京新聞神奈川版より抜粋)

2017/07/22
親離れが始まったようです。2羽は親の翼の下を抜け出し独自に行動するようになりました【写真上中】。

2017/07/24
雛が1羽だけで、その1羽は親の翼の下に隠れるようになりました。もう1羽はどうしたのでしょう【写真上右】。


2017/07/27
ヒナは1羽のままですが順調に育っているようで随分大きくなりました【写真上左】。

2017/08/04 赤ちゃん参上
ハイイロコクジャクは 6 月 15 日に 2 羽がふ化し、母親が一生懸命育てています。1 羽は残念ながら育ちませんでしたが、もう 1 羽の雛はしっかり母親の後をついて歩き回り、親の真似をして餌を食べます【写真上中】。(ゆめみにゅーす VOL.45 より)

2017/08/04 ★動物たちの主な移動(平成29年5月1日~平成29年7月31日)★
ハイイロコクジャク(性別不明4繁殖)(公式HP、ゆめみにゅーす VOL.45 より)

2017/08/07
ハイイロコクジャクのヒナはずいぶん大きくなりました【写真上右】。


2017/08/17
母の翼に潜り込むヒナ。大きくなってきたので中に入ると右の翼が大きく膨らみます【写真上左】。地面に座り込むヒナ。母親から離れる時間が増えてきました【写真上中】。

2017/08/26
さらに大きくなったヒナ。この日を最後に見かけなくなりました【写真上右】。

2017/09/09
親に育てさせていたハイイロコクジャクの雛は、残念ながら2羽とも死亡してしまいました。バックヤードで人工育雛している3羽は今のところ元気です(夢見ヶ崎動物公園)。

2017/11/12 秋の動物園まつり
1年前に新しいペアと交代で引退したオス。バックヤードで元気に過ごしています【写真左】。孵卵器で生まれたインドクジャクとハイイロコクジャクの仔。順調に育っています。小さいほうがハイイロコクジャク、大きいほうがインドクジャクです【写真右】(バックヤードツアー)。

  

2018/02/22 ハイイロコクジャクのひなが孵りました!
1月26日に1卵目を産卵し、1月30日より母親が抱卵していたのですが、昨日ようやく姿を見ることができました!
いつの間にか2卵目を産んでおり、孵化したのはその2卵目で、1卵目は残念ながら孵化に至りませんでした。
今現在、鳥インフルエンザ防疫対策でビニールシートを張っており、また母親のお腹の下に隠れていることが多いため、その姿をしっかりと見ることはできないかもしれませんが、ぜひハイイロコクジャクのひなを見にお越しください!母親のあとをちょこちょこついていく様子はとてもかわいいですよ!!【写真上左】
*ハイイロコクジャクについて
国内飼育6園14羽(JAZA加盟園館、2018年2月21日付、当園調べ)と国内ではかなり珍しい種類の鳥です。クジャクという名前が付くだけのことはあり、オスが羽を広げるととても美しい模様を見ることができます。(公式FB)

2018/02/25
鳥インフルエンザのため外気を遮断している分厚いビニールシート越しにハイイロコクジャク舎を覗くと、母鳥の羽の下にいるヒナが見えました。一羽だけのようです【写真上中】。

2018/03/18
ハイイロコクジャクの親子。左から父親、母親とヒナ。ヒナは母親の羽の下に潜り込んでいることが多いものの、少しづつ母親から離れる時間も増えています【写真上右】。


2018/03/24
生まれた二ヶ月ほどたったヒナ。元気そうです【写真上左】。

2018/04/22 飼育の日
ハイイロコクジャクの母子。順調に育っているようです。ヒナが生まれても育つ途中で亡くなる例がいままで多かったのですが、今回は鳥インフルエンザ対策でハイイロコクジャク舎が外気と遮断されているため、それがヒナにとって良い環境になっているようです。育つ途中の危ない時期というのがあるそうで、動物公園では今回はその時期を無事クリアできそうな感触を持っているようです。ヒナの性別はまだ分かっていないとのことです【写真上中】。

2018/05/03 ★動物たちの主な移動(平成30年2月1日~平成30年4月30日)★
ハイイロコクジャク(性別不明1繁殖)(ゆめみにゅーす VOL48)。

2018/05/03
鳥インフルエンザ対策のシートがなくなり、ハイイロコクジャク舎の中がよく見えるようになりました。ヒナが母親の羽のしたから出てひとりでいるのが見られます。手前は父親【写真上右】。


2018/05/12
ハイイロコクジャクの仔は、どんどん大きくなっています【写真上左】。

2018/05/19 & 29
ハイイロコクジャクのヒナの姿が見えません。

2018/05/30
「ハイイロコクジャクのひなは残念ながら死亡してしまいました」(夢見ヶ崎動物公園)。5/13-19 の間に亡くなったことになります。残念です。

2018/06/30
ハイイロコクジャクのヒナが2羽誕生していました【写真上中と上右】。

2018/07/07
ハイイロコクジャクのヒナ2羽がいなくなりました。

2018/08/14 ★動物たちの主な移動(平成30年5月1日~平成30年7月31日)★
ハイイロコクジャク(性別不明2繁殖・3死亡)(ゆめみにゅーす VOL.48)

2018/08/06
表情豊かなハイイロコクジャクのオス【写真左】。

2018/11/17
キジ・クジャク舎のうち、富士見デッキ側からニホンキジ、パラワンコクジャク、ハイイロコクジャクの区画に透明シートが貼られました【写真右】。
  
  

2019/02/23
ハイイロコクジャクのひなが1羽誕生していました。母親の翼に隠れるより、外をゆっくり歩くことが多いので、生まれて間もないという感じではありません。


2019/03/02
ハイイロコクジャクのひなは元気で母鳥が座ると翼のしたに潜り込みます【写真上右】。

2019/03/09
母親の近くで餌を探していました【写真上中】。

2019/03/16
母鳥が座っているときでも、母の翼のしたに潜り込まず、羽繕いしていました【写真上右】。


2019/03/24 春の動物園まつり
ハイイロコクジャクのヒナは随分大きくなりました。このまま順調に育つことを願うばかりです【写真上左】。

2019/04/06
ハイイロコクジャクの子を見かけなくなりました。気づいたのは3月30日でした。

2019/04/21 飼育の日
ヒナは亡くなっていました。動物病院で解剖したところ呼吸器に砂が入っていたそうです。毎年のようにヒナは途中まで育ち亡くなっていますが死因はそれぞれ違うそうです。それがこの鳥を育てる難しさを示し、自然に孵化させようとするキーパー(飼育スタッフ)の皆さんの苦労が推察されます。最近メスの姿が見えませんが、来園者の見えないところで卵を2個抱卵中とのことです。

2019/05/04 ハイイロコクジャクのヒナ2羽誕生
抱卵中の卵2個が孵りました。鳥インフルエンザ対策の透明シートが取り除かれハイイロコクジャク舎がそのまま見えるようになったため沢山の来園者の関心集めていました【写真上中】。

2019/05/04 令和 Baby 誕生中!!
令和初日の5/1、ハイイロコクジャクのヒナが2羽孵化【写真上右】。ハイイロコクジャクは2月に孵ったヒナが残念ながら死亡してしまった経緯があるので、今回こそはちゃんと育ってほしいと願っております。現在、鳥インフルエンザ対策のために獣舎に張っていたシート等の撤去作業を随時行っていますので、場合によっては動物が見にくいこともあるかと思いますが、ご理解・ご協力のほどよろしくお願いします。(公式FBより抜粋)


2019/05/11
ハイイロコクジャクのヒナ2羽は順調に育っています【写真上左】。

2019/05/19
母鳥が砂を掘り始めるとそれをじっと眺める2羽のひな【写真上中】

2019/06/01
2羽のひなは相変わらず母親のあとを追い、ときおり母の羽翼の下に潜り込んでいますが、大きくなってきたので翼からはみ出して見えるようになりました【写真上右】


2019/06/04 令和ベビーすくすく成長中!
元号が令和に変わり、あっという間にひと月が経ちました。この1か月の間に、当園ではたくさんの赤ちゃんが誕生しております。
マーコール11頭、プレーリードッグ3頭、ハイイロコクジャク2羽の赤ちゃんがそれぞれ育っております【写真上左】。(公式FBより抜粋)

2019/06/08
大きくなってきたヒナ。母鳥の翼の下がだんだん狭くなってきました【写真上中】。

2019/06/13
順調に育っている二羽のヒナ。このまま無事に育って欲しい!【写真上右】



2019/06/23
2羽のヒナは元気です。相変わらず母の後を追い翼の下に潜り込んでいます【写真上左】。

2019/07/03
2羽のヒナは順調に育っています。そして親離れの兆候が表れ始めました【写真上中】。

2019/07/06
少し寒いので2羽のヒナは母の翼に潜り込んだものの、大きくなり体がはみ出すようになってきました【写真上右】。


2019/07/13
大きくなったハイイロコクジャクのヒナたち【写真上左】。

2019/07/21 ヒナ1羽が亡くなる
ハイイロコクジャクのヒナが1羽しかいません。もう1羽は蛇にやられたそうです。他の動物園と違い自然にどっぷり漬かり共存する夢見では、ネズミや蛇、カラスなどによる被害は後を絶ちません。その経験を生かし常に対策が講じられていますが、思いもよらぬ方法での侵入は防ぎようがありません。さっそく獣舎の補強工事が行われていました。

2019/07/28
一羽になったハイイロコクジャクのヒナ。大きくなったので母親の翼に潜り込んでも体が外に出てしまいます【写真上中】。一緒に並ぶとどれだけ大きくなったかわかります(左)【写真上右】。


2019/08/03
ハイイロコクジャクのヒナは順調に育っています【写真上左】。

2019/08/05 ★動物たちの主な移動(令和元年5月1日~令和元年7月30日)★
ハイイロコクジャク(繁殖 2、死亡♂1 性別不明 1)
(ゆめみにゅーす VOL.53)

2019/08/10
訪園するたびに大きくなっているハイイロコクジャクのヒナ【写真上中】。

2019/09/11 強い台風15号が襲来
ハイイロコクジャクのヒナも無事台風を乗り切りました【写真上右】。


2019/09/14
ハイイロコクジャクの親子。手前が子供。こんなに大きくなりました【写真上左】。

2019/10/21
大きくなってもときどき母親に甘えるハイイロコクジャクのヒナ【写真上中】。

2019/12/12
大きくなったハイイロコクジャクの仔。両親が繁殖期に入り自立を強いられているようです【写真上右】。

2019/12/16
繁殖期に入ったらしいハイイロコクジャクのペア。手前がオス【写真右】。
  

2020/03/07
ハイイロコクジャク舎は、相変わらず親2羽、子1羽で暮らしています。

2020/04/25 (現在臨時休園中)クジャクたちのディスプレイ
3〜6月下旬はクジャク達の繁殖期です。
夢見ヶ崎動物公園にはインドクジャク、パラワンコクジャク、ハイイロコクジャクの3種がおり、この時期になるとオス達は扇状に自分の美しい羽毛(上尾筒)を広げます。
この行動は、ディスプレイと呼ばれており、メスへの求愛だと考えられています。
※上尾筒とは尾羽の付け根を上から覆っている羽毛のことです。
緊急事態宣言の中大変な状況が続いていますが、クジャク達の美しく、元気な姿をお届けします。
インドクジャクとパラワンコクジャクの動画も後程配信させて頂く予定です。
(岡田)【写真左】(公式FB)
  

2021/02/03 ★動物たちの主な移動(令和2年11月1日~令和3年1月31日)★
ハイイロコクジャク(♀1 搬出:智光山公園)
(ゆめみにゅーす VOL.59)

2021/11/08
★動物たちの主な移動(令和3年8月1日~令和3年10月31日)★
ハイイロコクジャク(♀1 搬出→千葉市動物公園、♂1 搬出→智光山公園)
(ゆめみにゅーす VOL.62 dd.2021/11/01 via 公式HP)

  

This home page is written in Japanese.
Copyright © 2021 Misato World. All rights reserved.