公式HP 夢見ヶ崎動物公園 > 夢見の動物 公式FB  

  ロバ ヤギ
Goat
アメリカアカリス  

最新情報 2029 2028 2027 2026 2025 2024 2023 2022 2021 2020
2019 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010
2009 2008 2007 2006 2005 2004 2003 2002 2001 2000

Profile

ヤギは中近東(西アジア)に住む野生のアイベックス、ベゾアール、マーコールなどを数千年前から家畜したもので、人類はヤギの肉、ミルク、毛皮、毛を利用してきました。日本には家畜として来ました。本土では明治以降、小笠原諸島では1930年以降に野生化したものがおり、動物や植物の生態系に影響を及ぼし、農作物に被害を与えているところもあります。ここには、白、茶、黒の角、顔、形が違うヤギがいます。習性として少しでも高いところに登りたがるのはマーコールと同じです。
園内の「ふれあいコーナー」には、そのこ(黒♀)、つくし(白♀)、源氏(茶角なし)、じゅん(茶♀)、青葉(白♂)の5頭がいましたが、2013年2月に「源氏」が、2014年1月に「青葉」が、2月に「じゅん」、11月に「そのこ」が亡くなり、「つくし」1頭が残され寂しくなりました。
2015年10月、埼玉県こども動物自然公園から5頭の若いヤギが仲間入りし昔の活気を取り戻しました。また春分の日、秋分の日におこなわれる「動物園まつり」では「ふれあいコーナー」が設けられ、川崎市高津区にある福田ファームのヤギたちも参加、来園者のお相手を務めてくれます。
2016年12月、「つくし」が大往生し、夢見のヤギ舎は次の世代に移りました。

名 前 ヤギ(山羊、野羊)
学 名 Capra hircus
英 名 Goat
分 類 偶蹄目(ウシ目)ウシ科(家畜種)
食 物 木や草の葉、芽、樹皮など
夢見定食 サツマイモ、ニンジン、モヤシ、草食獣用人工飼料、フスマ(小麦の殻)、チモシー(イネ科の多年生牧草)、ワラ、ヘイキューブ(枯れ草を立方体に圧縮成型した飼料)


2005
  

2005/04/02
現在5頭います。オス同士が角を突き合わせる姿が見られます。


2006/03/06
オスの「青葉」(白いヤギで大きな角のほう)の左頬下が、3日、急に腫れたため治療が始まりました【写真左】。顔が曲がったまま苦しそうにじっと座って耐えています。早く治りますように。

2006/03/11
左頬下が腫れた「青葉」の病状は1週間前と較べると良くなってきました。

2006/09/23 秋の動物園まつり
今回初めてヤギへのエサやり体験が行われました【写真右】。

  

2007/03/15
ジュン(茶色片角メス)が左前脚を骨折、副え木と包帯で固定しました。しばらくはNR(ナイトルーム)で静養します【写真左】。

2007/03/16
源氏(オス)の両眼角膜混濁を治療しました。

2007/03/21 春の動物園まつり
恒例の来園者による餌やり体験が行われました。参加者が多かったのか、ヤギの数が少なかった(1頭怪我で療養中)ためか、山羊たちは途中で満腹になる幸せな一日でした。

2007/03/29
骨折したジュンは、包帯を取り替えギブスが短くなりました。

2007/03/31
骨折して療養中のジュンのところには、時折見舞客が来ます。親しそうに顔をくっつけては励ましています【写真右】。何を話しているのでしょう。

2007/04/13
骨折中のジュン(メス)を新装なった病院のレントゲンで撮ったところ、なんと中手骨(ヒトでいうと手のひらの骨でヤギは1本にまとまっています)が稲妻形に3カ所も折れていました。ギブスを巻き直しもう少し様子を見ることに(ブログ「動物園からの手紙」 )。

2007/04/15
骨折中のジュンの写真が、ブログ「動物園からの手紙」 で紹介されました。

2007/04/29
じゅんのギプスを外しました。


2007/07/15
台風4号が近づき、湿気の嫌いな山羊たちは全員切り株の上に避難していました【写真上左】。

2007/09/23 秋の動物園まつり
午前と午後に行われたえさやり体験は、希望者が殺到し、あっという間にエサがなくなってしまいました。

2007/09/29
秋が近づいたためか、2頭がリス舎に繋がる金網に、しきりに角をこすりつけていました【写真上中】。

2007/10/20
ここに居るヤギたちの名前が掲示されていました(左)。そのこ(黒♀)、つくし(白♀)、源氏(茶角なし)、じゅん(茶♀)、青葉(白♂)の5頭です。

2008/09/23 秋の動物園まつり
昨年からメンバーは変りません。来園者のエサやり体験で、皆から貰ったエサを食べていました【写真上右】。


2009/02/28
ここ何年も同じ5頭のメンバーで頑張っています。ロバと同じく、来園者が直接動物と触れ合えるコーナーのため、サービス意識旺盛な?ヤギたちも来園者が近づくとすぐに寄ってきます。

2009/05/05
こどもの日、小雨のなか来園してくれた子供たちへのミニエベントとして、ヤギの餌やり体験と、人工飼育のアライグマ「あずき」へのタッチ体験が行われました(ブログ「動物園からの手紙」)。

2009/09/21 秋の動物園まつり
恒例の「餌やり体験」が行われ、今年は盛況で多くの人が餌やりを体験しました。そして慰霊塔前では「ふれあい体験」も行われ、多くの子供たちがおっかなびっくり大きなヤギに触れていました【写真右】。

  

2010/01/23
黒ヤギの「そのこ」の姿がなく、外には白と茶それぞれ2頭ずつ居るだけでした。ナイトルームに居る気配もありません。病気なのでしょうか。

2010/01/30
「そのこ」が一頭だけでナイトルームに隔離されていました。病気だったのでしょうか。元気な様子で、仲間と一緒に外に出たいらしく、しきりに伸び上がって外を眺めたり、仲間やロバの「かぐや」に話しかけていました【写真上左】。

2010/02/06
黒ヤギの「そのこ」が元気になったようで、他の4頭とともに外に出ていました【写真上中】。

2010/03/22 春の動物園まつり
慰霊塔前広場では子供たちに人気の「動物ふれあいコーナー」が行われ、例年のように福田農園のヤギたちも参加していました。福田農園は川崎市高津区にあります。

2010/04/11
夢見名物、桜の季節を迎え、ヤギたちも恒例により、桜吹雪の洗礼を受けていました。

2010/09/20 秋の動物園まつり
福田ファームの恒例「動物ふれあいコーナー」には今年も沢山の来園者が動物と触れ合っていました【写真上右】。

  

2011/09/10
5頭とも元気に夏を乗り切りました。今年は「春の動物園まつり」が大震災で中止になり「餌やり体験」の出番がなかったヤギたちですが、日頃、夢見の「動物ふれあいコーナー」の代表として一生懸命来園者の相手をしてきました。そして「秋の動物園まつり」を迎えようとしています【写真上左:「そのこ♀」、上中:「青葉♂」、上右:「源氏♂」】。

2011/09/19 秋の動物園まつり
1年ぶりに行われたヤギへの「餌やり体験」は人気を集めました。余りに希望者が多かったためか、5頭のヤギたちは途中で満腹になり、最後には餌を差し出されてもそっぽを向いてしまいました【写真右】。
  

2012/02/19
少しずつ暖かくなりヤギたちも元気を取り戻し始めました。5頭は健在です。

2012/03/18 春の動物園まつり
慰霊塔前の「動物ふれあいコーナー」では、福田ファームのヤギがこどもたちの人気を集めていました【写真左】。

2012/08/04
5頭とも元気で来園者のお相手を務めています【写真右】。
  

2012/08/11
子供たちに人気のヤギ。全部で5 頭います【写真上左】。もっとも風格のある長い角を持ったオスの「青葉」【写真上中】。

2012/08/25
昼寝する「青葉」。角が天然の枕となり涼しい風が頭の下を吹き抜け気持ち良さそうです【写真上右】。


2012/09/22  ドヤ顔のヤギ ~ 太古からの習性
【写真上左】 少しでも高いところに登ると偉くなった気になります。
【写真上中】 少しでも狭いところに収まると偉くなった気になります。
【写真上右】 少しでも狭いところを見つけると入ろうとします。


2012/09/29
今日も小さな来園者へのサービスに忙しいヤギ【写真上左】。

2012/10/08 秋の動物園まつり
慰霊塔前広場では、今年も「動物ふれあい広場」が設けられ、福田ファームから来たヤギたちが来園者のお相手を務めていました【写真上中】。

2012/11/22 ピックアップ動物 ヤギ
 古くから家畜化され、乳や肉、毛や皮などを利用されてきました。その歴史は数千年とも言われています。世界中で様々な品種が飼われ、今も人間生活に深くかかわり続けています。
 当園の5 頭はいずれも雑種です。品種によっては角をもたないものもありますが、オス、メス問わず角とひげを持つ場合が多いです。
 「紙を食べる」と信じている人もいるようですが、ヒトの差し出すものを食べ物と勘違いして口に入れて咀嚼するだけで、消化はできず、また、紙には植物以外の原料も含まれているためおなかを壊すこともあります。
 そんなヤギのチャームポイントのひとつは、横長の瞳孔です。明るく晴れた昼間などは、横長具合が目立ちます【写真上右】。(ゆめみにゅーす第26号 2012/11/08 発行 2012/11/22 公開)


2012/11/24
夕方、ナイトルームに入る時間を待ちながら飼育スタッフの掃除を見守る5頭。家畜だけあって人には常に強い好奇心を示します【写真上左】。

2012/12/22
ヤギたちも真冬への準備でしょうか。体つきも少し肥ってきたようで、毛も長くなってきたような気がします。真夏の暑い日は日陰を求めバラバラでいるのに、寒い日は5頭で陽の当たる場所に集まり寄り添うようにしています【写真上中】。

2012/12/29
「青葉」がのんびりと夕陽を浴びていました【写真上右】。


2013/01/01
5頭とも無事に新年を迎えました。隣の天照大神を祭る神社からドンドンと賑やかな太鼓の音が響き、例年のように正月気分を味わっているようです【写真左】。

2013/01/05
サービス精神旺盛なヤギたちは、いつも来園者の相手をしてくれます【写真右】。

2013/02/02 & 02/16 「源氏」(茶角なし)が亡くなる
今日は全部で4頭。茶が1頭不在でした。
【編集部注 2013/02/16】 島貫様より「私も不審に思い、飼育員の方に尋ねたところ、「源氏」が亡くなったということです。」とお知らせ頂きました。ヤギ舎のヤギたちは、随分前から居るため、5頭が4頭になり何とも寂しい気がします。


2013/02/23
現在、ヤギ舎にいる4頭です。
【写真上左】「つくし」(白、メス、角が小さい)
【写真上中】「じゅん」(茶、メス)
【写真上右】「そのこ」(黒、メス)
【写真左】  「青葉」 (白、オス、角が大きい)

2013/03/07 ★動物たちの主な移動(平成24年11月1日~平成25 年1月31日)★
ヤギ(♂1死亡)。(ゆめみにゅーす VOL.27 平成25年2月4日付)
これで「源氏」の死亡が正式に確認されました。


2013/03/24 春の動物園まつり
今年も高津区の福田牧場から仔ヤギが参加していました【写真上左と上中】。(動物ふれあい広場)

2013/03/29
桜吹雪が舞い散る中、散った桜の花弁をロバの「ドン」と「カグヤ」は夢中で食べていました。お隣のヤギも食べてはいましたが、ロバほど熱心に食べてはいない様子でした【写真上右】。(島貫様)

2013/04/09
「そのこ」(黒いヤギ)が乳房炎に罹ったそうで簡単な処置を受けていました。一旦4頭全部をナイトルームに入れ「そのこ」以外を外に出し、中で処置していましたが、外の3頭も落ちつかない様子で、治療が終わっても暫くそわそわしていました。(島貫様)

2013/05/03 ★動物たちの主な移動(平成25年2月1日~平成25年4月30日)★
ヤギ(♂1死亡)(ゆめみにゅーす第28号)


2013/05/10
午前中、遠足の小学生のお相手をしてくれている「ジュン」【写真上左】と「つくし」【写真上中】です(島貫様)。

2013/05/30
昼前、時々雨が降る天候だからか、ロバとヤギは雨宿りができるように厩舎の扉が開いていました。雨が降ると、ヤギは全部雨宿りで厩舎の中【写真上右】、ロバは我関せずで全く動かなかったようです。面白いですね!(島貫様)


2013/06/06
3日(月)から今日(木)までのあいだに、ロバ、ヤギ厩舎の寒さ対策の板?が取り払われ、外から中を少し観察できるようになりました【写真上左】(島貫様)。

2013/06/29
上半身毛が伸びて上着を着ているように見える「つくし」【写真上中】。

2013/07/21
「つくし」だけが外に出ておらず、ロバの厩舎に入って【写真上右】いたので、スタッフに訊ねると脚を引き摺っていたので薬を塗るのだそうです。後でヤギの厩舎に移されていました【写真下左】(島貫様)。


2013/07/30
「つくし」が、この数日の間に毛を刈られてさっぱり、やっと〝夏仕様〟となりました【写真上中】(島貫様)。

2013/08/31
「体が痒~い」こんなとき、「青葉」は慌てず騒がず、自慢の角で体をゴシゴシ。痒いところに角が届くヤギでした【写真上右】。


2013/09/29
今日の「青葉」は夏の疲れからか、ロバ舎の境の柵に頭を乗せぐっすり昼寝です【写真上左】。

2013/10/06
マーコールと同じく、家畜化されたヤギも高いところが好きな遺伝子を受け継いでいるようです【写真上中】。

2013/10/12 秋の動物園まつり
動物ふれあい広場では、春の動物園まつりに続き、福田牧場から仔ヤギが参加、子供達に人気を集めていました【写真上右】。


2013/10/26
今日は雨でヤギたちは外に出してもらえません。ヤギ舎のなかから「青葉」がじっと外を眺めていました【写真上左】。

2013/11/16
ヤギ・ロバ舎が、去年と同じように冬支度になりました(島貫様)。

2013/11/19
ヤギの「つくし」がまた昨年のように毛が抜け始めた感じです【写真上中】(島貫様)。

2013/12/14
夢見ヤギのなかでは、体格も角も1番立派な「青葉」。来園者に人気があります【写真上右】。

  

2014/01/13
残念ながら「青葉」♂が亡くなったそうです。これで残されたヤギは全て♀ということになってしまいました。【写真上左】1月2日撮影。「青葉」(白左)と「そのこ」(黒右)、【写真上中】1月5日撮影。左から「つくし」(白)、「青葉」(白)、「そのこ」(黒)、「じゅん」(茶)。「青葉」最後の写真になりました。【写真上右】1月7日撮影(ヤギ舎内)。左から「そのこ」(黒)、「じゅん」(茶)、「つくし」(白)。「青葉」の姿はありませんでした(島貫様)。

2014/01/31
ヤギの「青葉」は高齢であり、肺炎を起こしておりましたが、死因は加齢による衰弱と考えられます (夢見ヶ崎動物公園)。


2014/02/03
ロバ、ヤギに餌を与える人が絶えないらしく、このような看板が架かってました【写真上左】。にもかかわらず、ヤギに餌を与えている人がいました(島貫様)。

2014/02/12 ★動物たちの主な移動(平成25年11月1日~平成26年1月31日)★
ヤギ(♂1死亡)(ゆめみにゅーす VOL.31 2014/02/02付)。1月に亡くなった「青葉」♂のことです。

2014/02/11
雪が降った8日(土)、屋外運動場にシマウマ、ロバ、ヤギは出ていませんでした。9日(日)、除雪されたヤギ・ロバ舎の運動場です【写真上中】。雪で中断していた立ち木の剪定作業は、11日(火)、ヤギ・ロバ舎の辺りで再開されました(島貫様)。

2014/02/15
15日、ヤギ舎の防寒用ビニールシートも剥がれてしまったようですで、翌日もそのままでした【写真上右】(島貫様)。


2014/02/16
16日、一方のヤギ舎のグラウンドは思ったように除雪ができなかったようです【写真上左】(島貫様)。

2014/02/20 ヤギの「じゅん」(茶)が亡くなる。
ヤギが2頭しか見当たらず【写真上中】、飼育スタッフの方に尋ねると、2~3日前に「じゅん」(茶)が亡くなったそうです。また、大雪の影響で剥がれていた防寒のためのビニールシートは完全に取り払われてしまいました【写真上右】(島貫様)。


2014/02/22
「じゅん」が亡くなりヤギ舎も寂しくなりました。残された2頭は最近相次いで亡くなったヤギたちと同年代のため、このままでは夢見からヤギが居なくなる恐れも出てきました。残されたのは「つくし」(白メス)【写真上左】、そして「そのこ」(黒メス)【写真上中】です。

2014/02/24 ありし日の「じゅん」
【写真上右 2014/01/02】手前から「じゅん」(茶)、「そのこ」(黒)、「つくし」(白)、そして【写真下左 2014/01/26】手前から「じゅん」(茶)、「そのこ」(黒)(島貫様)。


2014/03/22 春の動物園まつり
富士見デッキで行なわれた「動物ふれあいコーナー」では、生後一ヶ月でまだ野菜を食べられない子ヤギが登場【写真上中】、いつも福田牧場のヤギたちは人気があります【写真上右】(動物ふれあいコーナー)。
動物ガイドツアーでは、2頭になった夢見のヤギが紹介されました。黒の「そのこ」♀は16歳、乳房炎の治療を受けています。白の「つくし」♀は14歳、脚が悪いそうです。「つくし」のほうが大きく強いため、閉園時一緒にナイトルームに入れると、「そのこ」の餌まで食べてしまうため、「そのこ」を先に入れ餌を食べさせてから「つくし」を入れているそうです(動物ガイドツアー)。


2014/04/05
【写真上左】「そのこ」と「つくし」が角突きをしていました。「そのこ」(左黒)が勢いをつけるところなどマーコールそっくりでした(島貫様)。

2014/04/06
桜の花吹雪を浴びる「そのこ」(手前黒)と「つくし」(奥白)【写真上中】。今年の桜もそろそろ終わり、加瀬山も新緑の季節に変わり始めました。

2014/04/08 & 10
8日、ヤギの給餌は、外で食べるのは「つくし」だけて、「そのこ」はヤギ舎内で餌を貰っているようです。10日、「つくし」は餌を食べ終わると、中に向かってしきりにメェーメェーと鳴いていました【写真上右】(島貫様)。


2014/04/20
【写真上左】相変わらず来園者の人気が高い「つくし」(左手前、白)と「そのこ」(右奥、黒)。2頭だけになってしまったので、残念ですが、ヤギ舎にはむかしの賑やかな雰囲気はありません。

2014/05/05
「そのこ」は木の枝のようなものを咥えているところをよく見掛けます【写真上中】(島貫様)。

2014/05/08
【写真上右】厩舎の中の扉が開け放たれていて、ヤギの「そのこ」(右)がロバの運動場に〝侵入〟「ドン」ちゃん(奥)とお見合い?状態になったところを「カグヤ」(左手前)が眺めていました(島貫様)。

2014/05/15 ★動物たちの主な移動(平成26年2月1日~平成26年4月30日)★
ヤギ(♀1死亡)(ゆめみにゅーす VOL.32 2014/05/08付) ← 「じゅん」のことです。


2014/06/07
梅雨に入りました。せっかくの土曜日なのに人影も疎らです。ふれあい広場など〝開店休業状態〟になっていました【写真上左:ヤギ舎運動場】(島貫様)。

2014/06/17
びっこを引いていた「つくし」が治療のため室内で薬を塗られているのをロバの「かぐや」が見ていました【写真上中】。薬を塗られ外に出てきた「つくし」、あのサロメチール、つまり鎮痛消炎薬の匂いがしていました【写真上右】(島貫様)。


2014/06/21
薬を塗られた「つくし」は、立っているのが億劫なのか、地面のゴロン、〝行き倒れ姿〟になりました【写真左】。隣のロバ舎でも同じような症状で「ドン」が地面に伸びていました【写真上中】。右がロバの「ドン」、左上の小さいのが「つくし」です。

2014/07/12
夏本番です。「つくし」は、今日はこんな姿でバテていました【写真上右】。外の運動場は日陰がないため、いつでもヤギ舎のナイトルームに戻れるよう、最近ではドアが開け放たれています。


2014/08/04
「つくし」に〝十円ハゲ〟ができて皮膚が見えていました。ちょっと心配です【写真上左と上中】(島貫様)。

2014/08/05
「つくし」の〝十円ハゲ〟はほとんど目立たなくなっていました【写真上右】。触れると湿っていたので投薬治療して貰ったようです(島貫様)。


2014/08/09
台風11号の影響で時折降る雨をヤギ舎からじっと眺める「そのこ」【写真上左】。「つくし」は、なかでじっと目を閉じたままでした。

2014/08/18 黒ヤギの名は「さとこ」ではなく「そのこ」でした。読者のかたからご連絡いただき訂正させていただきました。ありがとうございました(編集部)。

2014/08/31
【写真上中】外でくつろぐ「つくし」(手前白)と「そのこ」(奥黒)。このところ雨が多かったので、なかなか外に出られませんでした。

2014/09/06
【写真上右】ナイトルームに向かう「つくし」。足をひきずりながら億劫そうに歩いていました。


2014/10/30
閉園時間です。「つくし」を「そのこ」と一緒にナイトルームに戻すと「つくし」が餌を独り占めするため、「そのこ」が餌を食べ終わるまで「つくし」は外で待たされることになります【写真上左】(島貫様)。

2014/11/16 秋の動物園まつり
富士見デッキで行なわれた福田ファームの「動物ふれあいコーナー」では今回もヤギたちが子供たちを待っていました【写真上中】。

2014/11/20
雨模様で肌寒かったこの日、訪れる人も極めて少なく、ラマ舎だけでなく、小動物コーナーのリス舎と、ヤギ、ロバ舎【写真上右】は閉園時間30分前く らいにはもう閉まっていました。冬支度に入るのも、もう間近です(島貫様)。

2014/11/21 「そのこ」が、永久の旅立ちへ
20日(木曜日)、ヤギの「そのこ」が亡くなりました。立てなくなっているところを発見され病院に運んだものの亡くなりました。このところの寒さの影響もあったようです【以下の写真】(島貫様)。

21日(金)。前日に「そのこ」が亡くなり、ヤギ舎、最後の一頭になってしまった「つくし」。 10月27日、在りし日の「そのこ」。
11月2日撮影の「そのこ」 11月6日の「そのこ」 11月11日、「つくし」と一緒の「そのこ」(右)

2014/11/24
ひとりきりになった「つくし」がただじっと座り込んでいました【写真左】。

2014/12/16
16日(火)は午後から雨模様で、寒々とした動物園を訪れる人はほとんどいません。そんな中、ヤギ・ロバ舎と、リス舎は早仕舞いです(島貫様)。

2014/12/21
今年もそろそろおしまい、外への扉は開いているのに「つくし」は屋内でじっとしています。隣のロバ舎でも「ドン」が屋内でじっとしていました【写真右】。


2015/01/23
閉園時、ヤギの「つくし」が、元の「ドン」 ちゃんの寝室に収容されていました。藁が敷かれて暖かそうでした【写真左】(島貫様)。

2015/01/31
日向ぼっこするヤギの「つくし」。今年の正月は初めて1頭で年を越しました。

2015/02/07
寒い日は、ナイトルームの扉が開いていても、部屋に閉じこもっていることがあります【写真右】。

2015/02/11 動物たちの主な移動(平成26年11月1日~平成27年1月31日)
ヤギ(♀1死亡)(ゆめみにゅーす VOL.35 2015/02/11)。【2014/11/20に亡くなった「そのこ」のことです】

2015/02/28
「つくし」は、今日は外に出ていました。

2015/03/01
今日は雨。人影はほとんどなく、ロバ・ヤギ舎もリス舎も15時前には閉められました(島貫様)。


2015/03/03、2015/03/06、2015/03/09 & 2015/03/17
「つくし」はヤギ舎入口がお気に入りのようで、寒い日も暖かい日も、いつでもここに座っていることが多くなりました。【写真上左】3月6日撮影(島貫様)。

2015/03/22 春の動物園まつり
富士見デッキの動物ふれあいコーナーにいた福田ファームのヤギ【写真上中】。

2015/04/09
桜の花弁を食べる「つくし」【写真上右】(島貫様)。


2015/04/11
天気が良い日でも「つくし」は、時間により屋内出入口前の〝お気に入りの場所〟に陣取っていることがあります【写真上左】。

2015/05/16
半年前に1頭だけになってしまった「つくし」♀。新しい相棒は現れず、1頭のままで暮らしています。高齢のため動きもにぶく、外に出てこないこともありますが、長年ここに通う来園者に愛されています【写真上中】。

2015/05/30
真夏のような暑さと日差しの中、「つくし」は目を閉じたままじっと耐えていました。苦行僧を思わせます【写真上右】。

2015/07/19 & 20
連日の暑さで苦しそうな「つくし」。【写真左】20日(島貫様)。

2015/07/25
「つくし」の毛がきれいに刈られました。これで大分涼しく感じられるのか、炎天下でも、いつもの苦しそうな表情が消え、動作も余裕あるものになりました【写真右】。

2015/09/10
連日の雨で、ヤギ・ロバ舎も〝開店休業〟状態です(島貫様)。
  

2015/10/06 ヤギたちがお引越し!(なかよしコーナー)
 なかよしコーナーのオスのヤギ「タンゴ」とメスのヤギ「ライ」「モナカ」「アニー」「ユベシ」の5頭が10月6日(火)に川崎市の夢見ヶ崎動物園へお引越ししました。
 ヤギたちが付けている名札もそのまま引き継いでいただけるそうなので、ぜひ探して名前を呼んであげてくださいね。
 夢見ヶ崎動物園でも、たくさんのお客さんたちとふれあってほしいと思います!
 オスのタンゴも一緒に行くので、将来は赤ちゃんもたくさん生まれてくれることを期待しています。元気でがんばってね!【写真上左】(埼玉県こども動物自然公園HP「ニュース」)

2015/10/06 新しいヤギが仲間入りしました
平成27年10月6日、埼玉県こども動物自然公園から5頭のヤギが、夢見ヶ崎動物公園に仲間入りしました。ヤギの様子を見ながら少しずつ新しい環境に慣れていってもらうため、時間帯によっては外に出ていない個体もいるかもしれませんが、ご了承ください。これからよろしくお願いします 【写真上中と上右】 (公式HP「お知らせ」)。

①ヤギ舎全景 ② モナカ ♀ 2009/05/17 生まれ ③ ライ ♀ 2011/05/23 生まれ
④ アニー ♀ 2010/05/28 生まれ ⑤ タンゴ ♂ 2015/03/10 生まれ ⑥ ユベシ ♀ 2013/03/24 生まれ

2015/10/09 & 10
新しく来た5頭のヤギたちで賑やかになったヤギ舎。みんな割とバラバラになってくつろいでいました【写真①】。みんな〝埼玉県こども動物自然公園〟から引き継いだ名札をつけています。この仔は「モナカ」という名前でした【写真②】。白いヤギは「ライ」が読み取れます【写真③】。餌を食べているヤギは「アニー」。奥に座っているのが以前からいる「つくし」で名札は下げていません【写真④】。新しく来た5頭のうち1頭だけナイトルームに収容されたままなのは「タンゴ」でした【写真⑤】。そして最後が薄茶色の「ユベシ」です【写真⑥】。


2015/10/10 ヤギ5頭が新しく仲間入りしました!
平成27年10月6日、埼玉県こども動物自然公園から5頭のヤギが仲間入りしました。
♂2015年3月10日生まれ タンゴ。もっとも色が濃い。
♀2013年3月24日生まれ ユベシ。薄茶、胴に白い縦線。
♀2009年5月17日生まれ モナカ。茶、胴が白い。
♀2011年5月23日生まれ ライ。白に近い茶。
♀2010年5月28日生まれ アニー。濃い茶、胴に白い縦線。
これからよろしくお願いします。
【写真上左】(ヤギ舎前に出された「お知らせ」)
ヤギ舎唯一のオス「タンゴ」は相変わらず外に出してもらえません。「アニー」が閉じられた出入口で慰めているようでした。「タンゴ」は中から嬉しそうに「アニー」を舐めています【写真上中】。
新しく入園したヤギたちは毎日が新しい経験です。自然に囲まれた出入り自由で無料の動物公園のため、野生のネコやカラス、散歩に来るイヌは勿論、飼い主と一緒のフェレットやウサギまで訪れるため、そのたびに興味しんしん、おっかなびっくりで眺めにきます。【写真上右】は散歩で訪れた大きなイヌを眺めにきたところです。


2015/10/13
「タンゴ」(オス)は相変わらず「タンゴ」以外の5頭(すべてメス)と離されたままです。「アニー」(右)と「モニカ」(左)が「タンゴ」の様子が気になるらしく、しきりに中を覗いていました【写真上左】。

2015/10/19
高いところが大好きな「ライ」。今度入園した5頭のうち、唯一カナ2字の名前です【写真上中】。

2015/10/24
ヤギ舎唯一のオス「タンゴ」が屋外に登場しました。今年3月10日生まれとあって、一番小柄なのに元気一杯の遊び盛り、回りのヤギたちの前で立ち上がり角合わせを要求したり【写真上右】、一頭ずつ追い回したりと、みんなを辟易させていました。

2015/10/31
【写真左】ヤギ舎の最長老「ツクシ」♀(左)と今年生まれの「タンゴ」♂(右)。いままで一頭だけで寂しかった「ツクシ」でしたが、若い5頭が同時に入園し随分とまどったようです。いまでは「タンゴ」と一緒に餌を食べるようになりました【写真右】。
  

2015/11/03
一番若い「タンゴ」は育ち盛りで餌の食べっぷりも一番です【写真上左】。そのあと、ヤギ舎のナイトルームでブラシをあてて貰い【写真上中】、運動場に戻ってきました。小さい「タンゴ」は来園者に人気があります【写真上右】。


2015/11/07
ヤギ舎の6頭全員です【写真上左】。興味津々でじっと外を眺める「ライ」(左)と「ユベシ」【写真上中】、その先には散歩で来たイヌが2頭いました【写真上右】。高いところが好きな「アニー」【写真下左】。


2015/11/12 ★動物たちの主な移動(平成27年8月1日~平成27年10月31日)★
ヤギ(♂1♀4搬入)。(公式HP「ゆめみにゅーす VOL.38」)

2015/11/12 ★ピックアップ動物★ ヤギ ~ 哺乳綱 偶蹄目 ウシ科
 埼玉県こども動物自然公園から、5頭のヤギが新しく仲間入りしました【写真上中】。オスのタンゴ【写真上右】、メスのアニー・ライ・モナカ・ユベシです。古株のつくしとも皆すぐに仲良くなりました。家畜種であるため、ヒトに慣れやすく、性格も穏やかです。動物公園には野生ヤギのマーコールもいますが、外見、人間との距離、運動能力など、よく観察すると似ているところ、逆に異なるところなどが見えてくるはずです!
 基本的に粗食で、繊維質の豊富な牧草を中心に食べます。栄養価の高い草や餌を多く食べると、体調不良になることもあります。そして、紙は食べません。(ゆめみにゅーす VOL.38)


2015/11/13
今年生まれのヤギ舎では唯一の男の子「タンゴ」。まだまだ遊び盛りの食べ盛りです【写真上左】。

2015/11/15 秋の動物園まつり
食べ盛りの「タンゴ」が見つけた合理的な食事法、それはえさ箱に座り込むことでした【写真上中】。富士見デッキで行われた動物ふれあいコ-ナー。福田農場の子ヤギ【写真上右】。


2015/11/29
ヤギ舎の全員【写真上左】。「つくし」以外はここに来てまだ2ヶ月、高いところ大好き、えさ箱のなかがお気に入りなど、屋外で陣取る場所が決まってきたようです。

2015/12/02
前足を痛めているのでしょうか。不自然な恰好で座っているヤギの「つくし」。ヤギ舎では最高齢のため心配です【写真上中】。

2015/12/05
ヤギ舎風景。最年少で唯一のオス「タンゴ」(左端)は相変わらず他の5頭とはちがった存在です【写真上右】。

2015/12/26
ヤギ舎の最高齢ヤギ「つくし」♀の足は相変わらず痛そうで座り込むときもこんな形になります【写真右】。これを何とかしてあげようと、獣医や飼育担当による懸命な治療が続けられています。
  
  

2016/01/03
ヤギの「モナカ」。〝今年もよろしく〟と挨拶に来てくれました【写真上左】。

2016/01/07
一頭だけ名札の無かった「つくし」は、この日から名札を付けてもらいました【写真上中】(島貫様)。

2016/01/08
最高齢の「ツクシ」、他の5頭が首から名札をつけているのに合わせ、初めて名札を貰い満足そうです【写真上右】。


2016/01/08
「ライ」は隣のテンジクネズミ舎に興味があるようで、しきりに伸びをしては覗いていました【写真上左】。

2016/01/21
「モナカ」と「アニー」がメス同士で角合わせをしていました。「モナカ」が立ち上がり【写真上中】、勢いをつけて「アニー」に頭をぶつけます。〝カチーン〟と角同士がぶつかる音がして、それから押し合いになるのですが【写真上右】、どちらも、それほどの真剣にやっているようには見えません。


2016/01/23
ヤギ舎では最年少で唯一のオス「タンゴ」【写真左】。

2016/02/04
全員揃って日向ぼっこです【写真上中】。お婆ちゃんの「ツクシ」と最年少の男の子「タンゴ」は一緒にいることが多いようです。

2016/02/06
人懐っこい「モナカ」【写真上右】。


2016/02/11
「ツクシ」と一緒にいた「タンゴ」、上から小さな来園者が覗くと、興味一杯に見上げます【写真上左】。

2016/02/14
「ツクシ」と「タンゴ」は、他のメスと違うナイトルーム(奥、ロバのカグヤ側)を使用しているようです。

2016/02/19
ヤギは生後4ヶ月ほどで繁殖能力が備わるため、生後1年の子供に見える唯一のオス「タンゴ」も大人になっているようです。【写真上中、左から「ツクシ」、「タンゴ」、「ライ」】。

2016/02/27
お婆ちゃんの「ツクシ」に寄り添う「タンゴ」。まるで親子のようです【写真上右】。


2016/03/12
ヤギ舎に高い台が置かれ上まで登る棒が渡されました。さっそく最年少の「タンゴ」が興味を示していました【写真上左】。

2016/03/16
閉園間際、早く厩舎に戻りたいのか、大声で鳴く最年少の「タンゴ」♂【写真上中】(島貫様)。

2016/03/20
ヤギ舎に置かれ台を気に入ったのは「モナカ」と「タンゴ」のようです【写真上右】。


2016/03/21 春の動物園まつり
富士見デッキ前広場では、福田ファームによる〝動物ふれあいコーナー〟が行われ、餌よりもママのミルクのほうを喜ぶ生後3週間の仔ヤギ2頭が参加、来園者の人気を集めました【写真上3枚】。午前と午後の2回行われた〝ヤギ餌やり体験〟では、たくさんの子供達が参加しました【写真左】。動物リレーガイドでは、最長老、お婆ちゃんの「ツクシ」が16歳と発表されました。

2016/03/27
新設された台のうえで春の日差しを浴び気持ち良さそうにまどろむ「モナカ」【写真右】。台にもっとも興味を示しているのは「モナカ」と「タンゴ」のようです。

2016/04/02
台の上の「モナカ」♀(白)。年下の「タンゴ」♂(濃茶)が登ってくると、なかなか上にあげてくれません【写真左】。

2016/04/09
桜吹雪が降り注ぎピンク色に染まったヤギ舎【写真右】。

  

2016/04/10
「ライ」が台を独り占め。満足そうです【写真上左】。

2016/04/16
気持ち良さそうに日向ぼっこする「タンゴ」【写真上中】。

2016/04/23
ヤギの「ツクシ」。ずっと1頭でヤギ舎を支えてきましたが、半年前、若い5頭が仲間入りし、「タンゴ」のお母さん役も務めたためか、ずいぶん若返りました【写真上右】。


2016/04/26
いつもお姉さんヤギに占拠され、なかなか上がれなかったお立ち台で、満足そうにくつろく「タンゴ」【写真上左】。

2016/05/07
大好きな台の上でおいしそうに餌を食べる「タンゴ」【写真上中】。「アニー」は隣のロバ舎にいました。わき腹の毛がありません。そのうち、ヤギ舎にいた「アニー」と柵越しに角合わせを始めました【写真上右】。


2016/07/16
ヤギ舎最年少にして唯一のオスである「タンゴ」。まだ遊び盛りですが、飼育スタッフから頭突きの手ほどきを受けたりと、ボスへの道を修行中です【写真上左】。

2016/07/23
地面からお立ち台に通じる一本道で下り組の「ライ」と「モナカ」が、登ってきた「タンゴ」と鉢合わせ。お互い譲る気配はなく、立ち往生がしばらく続きました【写真上中】。
人懐っこい「アニー」は、来園者が近づくとすぐに寄ってきます【写真上右】。
いつもおとなしい表情の「ライ」【写真左】。

2016/08/07 獣医の日記
今でも時々「ヤギは紙を食べるの?」とお客さんに聞かれることがあります。昔はそんな歌があったりしたからか、そのように思われていたのかもしれませんが、ヤギの食べ物は草です。しかし、動物園で飼育員から餌をもらっている彼らは、人間がくれるものに警戒心を持たず、食べてはいけないものを口にしてしまうこともあります。ある風の強い日、ヤギのアニーが飛んできビニール袋を食べてしまった、とお客さんに教えられました。さあ、どうしよう。口から器具を突っ込みましたがもう出せません。大きいまま腸に運ばれ、腸の細い部分で詰まったら死んでしまうこともあります。短時間で真剣に話し合った結果、手術で取り出すことにしました。とはいえ手術すると消化管(胃腸)に大きなダメージを与えます。たくさんの繊維質を休みなく食べなくてはならない草食動物の胃腸が動かなくなることは、死につながります。
数時間に及ぶ手術で、4つある胃の一つから無事、反芻で少しぼろぼろになりつつも大きな形のままのビニールを取り出しましたが、 獣医も飼育員も、アニーもぐったりでした。翌日から餌を食べ、ウンチも出始め、リハビリの運動もしたりして、2週間後には無事退院できました。たまたま今回は運が良かっただけ。人間のそばで暮らしてもらっている動物が、人間のせいで危険な目にあうことの無いよう、皆で気をつけていかなくてはならないと強く思いました。(公式HP、ゆめみにゅーす VOL.41 dd.2016/08/02)。


2016/08/13
みんなで地面に座り込んで暑さに耐えるヤギたち【写真上左】。

2016/08/21
ヤギの「つくし」は、これまでも加齢による足の痛みがあったのですが、20日(土)あたりから痛みが強いようで、立ったり歩いたりを嫌がるため、無理に外に出さず、室内で過ごさせています。現在治療中ですが食欲はあり、足の調子が良くなって本人が外に行く気を起こせば外に出してあげられると思います(夢見ヶ崎動物公園)。「つくし」が室内で治療中のため、若手5頭のみが展示されていましたが、みんな寂しそうでした【写真上中と上右】。


2016/08/23
土曜、日曜日不在だった「ツクシ」が外に出ていました【写真上左】(島貫様)。

2016/09/02
人懐っこい「アニー」ですが、今日は高いところに興味があるようです【写真上中】

2016/09/18
ヤギ舎唯一のオス「タンゴ」が柵をガリガリ齧っていました。古い丸太なので人が指で押してもへこむほど柔らかくなっています【写真上右】。

2016/09/19
「ツクシ」は、現在、バックヤードで治療中です。一時、起立・歩行ができなくなってしまったのですが、今は手を貸せば立ち上がり、自分で少し歩く程度に回復しました。ただ、ヤギ舎に戻るにはもう少し時間がかかるかもしれません(夢見ヶ崎動物公園)。


2016/09/25
来園者による〝ネコじゃらし〟ならぬ〝ヤギじゃらし〟にすっかり夢中の「タンゴ」【写真上左】。

2016/10/01
【写真上中】お立ち台にいる「ライ」(上)と切り株にいる「ユベシ」(下)に挟まれ、傾斜した棒のうえでの立往生は「モナカ」でしょうか。

2016/10/06
今日は細長い棒の上でメス同士の角合わせ。狭い場所でバランスをとりながらガチンとぶつかる姿を見ていると、ヤギに高所恐怖症はいないようです。


2016/10/15
バックヤードで治療中のヤギの「ツクシ」が久しぶりに姿を見せました。運動不足解消のためのようで飼育員さんに付き添われていました。リクガメ舎とレムール舎の間、ホウシャガメが日光浴する場所で、以前より元気で活発に動き、生えている葉をパクパク食べている様子に安心しました【写真上左と上中】。いちばん年下の「タンゴ」が、年上のヤギが独占、なかなか登る機会がない「お立ち台」を独占、得意そうでした【写真上右】。


2016/10/22
丸太のうえの「アニー」。ヤギは高いところが大好き、みんな、ここから左の棒を渡り、ヤギ舎の最高地点〝お立ち台〟に行きたがりますが、「アニー」だけはなぜか行くのを見たことがありません。ひょっとして〝高所恐怖症〟?【写真上左】。
そこで、飼育スタッフ登場。餌で釣って橋を渡るよう促すも、怖がって後ずさりです。残りの4頭は平気で渡っていくのに【写真上中】(島貫様)。

2016/10/29
「ツクシ」が戻ってきました【写真上右】。大事をとってロバの「カグヤ」と一緒に出されていますが、「ツクシ」が寄って行くと「カグヤ」は先輩に敬意を表してか場所を譲ります【写真左】。ヤギ舎の面々も心配そうに「ツクシ」を見守り、最年少の「タンゴ」は、柵越しに「ツクシ」を後追いしていました。
  

2016/11/05
お立ち台に行きたい「タンゴ」ですが、そこは「ライ」に占拠され立往生です【写真上左】。
「ツクシ」がヤギ舎に復帰しました。脚を引きずっているものの、入院前よりずいぶん元気になりました【写真上中】。

2016/11/13
閉園時間、若いヤギたちがゾロゾロとナイトルームに戻っても、最年長のお婆ちゃんヤギ「ツクシ」は、運動場で座った姿勢から、一生懸命立ち上がろうとするのですが、今日は自力で立ち上がれません【写真上右】。結局、飼育スタッフに抱えられナイトルームに戻って行きました。

2016/11/18 獣医の日記
 ヤギたちの群れの最長老、つくしの姿が見えないことに気付かれた方もいるようですが、実は現在バックヤードで静養しております。以前から加齢により蹄や 脚の関節の具合が少しずつ悪くなり、寒 い日や天気の悪い日は痛そうにしていることもありました。昨年若い5頭が仲間入りしたのが刺激になったようで、元気にスタスタ歩く姿もよく見られていたのですが、年齢には逆らえなかったようで、この夏は自力で立ち上がれなくなってしまいました。
 立てないままでいると、筋肉が弱ってますます立てなくなったり、体重の掛かっている部分が床ずれをおこしたりするだけでなく、消化管の動きが悪くなってあっという間に弱っていくこともあります。そこで、最初は少しでも立っていてもらうためにチェーンブロック【写真右】という機械を使って、つくしが大した力を使わなくても立ち上 がれるようにしていました。すると同時に使っていた痛み止めが効いてきたのか、飼育員たちの励ましのおかげか、やがて機械を使わなくても立てるようになり、少しずつ歩けるようになってきました。 さらに、飼育員が実際に使って効いたという、人間用のグルコサミンとコンドロイチンのサプリも与え始めたところ、つくしにも合っているようで、今では調子のよい日は自力で立ち上がり歩き回るまでになり、とうとう 10 月終わり、ヤギ舎に戻ることができました。ヤギ舎の段差にはスロープを設置し準備万端。がんばってきたつく しを見かけたらぜひねぎらいの言葉をかけてあげてくださいませ。(ゆめみにゅーす VOL.42 dd.2016/11/02)。


2016/11/20 秋の動物園まつり
富士見デッキ前広場では、福田牧場の動物ふれあいコーナーが設けられ、たくさんの子供たちがヤギに触ったり餌をあげたりしていました【写真上左と上中】。ヤギへの餌やりは、日ごろ餌やり禁止のふれあい広場のヤギ5頭にも行われ、たくさんの来園者が集まりました【写真上右】。
「ツクシ」はリハビリに戻ったようで、今日はラマと一緒にゆったり過ごしていました【写真下左:ラマ舎内から撮影】。
動物病院の見学で「アニー」がビニ-ルを飲み込んだときの手術の様子が説明されました(バックヤードツアー)。


2016/12/07 ヤギの「つくし」が天国へ。
平成28年12月2日、バックヤードで治療していたヤギのつくしが亡くなりました。つくしを気にかけ、応援してくれていた皆様、ありがとうございました(ヤギ舎前の掲示)【写真上中】。
「つくし」が18歳で「そのこ」、「源氏」、「じゅん」、「青葉」のもとに旅立ちました。ヤギの寿命は飼育下で15年ほどなので、「つくし」は天寿を全うしたと言えるでしょう。最後までよく頑張ってくれました。2014/11/20 に「そのこ」が亡くなり、2015/10/06 に新世代の「タンゴ」など5頭が入園するまで、たった1頭でヤギ舎を絶やすことなく守ってくれました。ありがとう「つくし」。これで旧世代のヤギは全員姿を消したことになります。

2016/12/29
〝お立ち台〟の上に正月のお飾りに見立て?笹竹が立てられ、ヤギたちは嬉しそうに食べています。ところが高所恐怖症?の「アニー」は上に登れないため下で立ち上がると【写真上右】、笹竹の根本をくわえ地面まで引きずり下ろし食べ始めました。急に餌が消えた上の3頭はびっくりです(島貫様)。

  

2017/01/29
「アニー」が「(サンショ)」の名札をつけています【写真上左】。その裏に「アニー」と書かれてありました。その「アニー」は痒いところがあると備え付けのブラシを器用に使っていました【写真上中】。

2017/02/01
「アニー/(サンショ)」の名札の意味について動物公園にお尋ねしたところ「ヤギの名札の裏にカッコ書きで書かれている名前は、母親の名前のようです。親子関係が一目でわかるように、以前飼育されていた動物園で工夫されたものだと思います。名札が素敵だったので、こちらでもそのまま使わせていただいております」との返事が届きました。

2017/02/04
ヤギ舎の全員。5頭陽だまりでのんびり【写真上右】。そこへ笹竹到着、全員が立ち上がり夢中で食べ始めました【写真右】。
  

2017/02/11
朝、ヤギ舎、ロバ舎運動場で陽が差しているのはリス舎に近い通路際だけ。みんな一か所に集まってじっとしていました【写真左】。

2017/02/17 ★動物たちの主な移動(平成28年11月1日~平成29年1月31日)★
ヤギ(♀1 死亡)(ゆめみにゅーす VOL.43、2017/02/03)。去年の12月2日に亡くなった「つくし」のことです。

2017/03/11  「動物ふれあい & クイズコーナー」を開催
〝動物にえさをあげてみよう! 動物について物知りになろう!〟のスローガンで、「動物ふれあい & クイズコーナー」が、動物園事務所前で行われ、福田ファームからヤギ、ヒツジ、ポニーが来園、参加者のお相手を務めました【写真右】。 開始30分前から各回50名に整理券を配布、①10:00~、②10:45~、➂11:30~、④13:15~の4回行われました。

2017/03/18
高いところが大好きなヤギ、ヤギ舎の一番高い〝お立ち台〟には「ライ」が陣取っていることが多いのですが、今日は「ユベシ」がどっかと座り満足そうに日光浴していました。

2017/04/02
春うらら、〝お立ち台〟で大あくびの「ユベシ」【写真上右】。


2017/04/16 飼育の日
ヤギについての説明が行われ【写真上左】、その後、来園者による餌やり体験が始まりました【写真上中】。

2017/04/22
大好きな飼育員さんにまとわりついて離れない「タンゴ」。これがヤギ流の甘えかたで角を相手の体にバチンとぶつけるため、かわいいのですが飼育員さんはうっかり背を向けられません【写真上右】。


2017/05/06
お立ち台に登り満足そうなヤギの「タンゴ」。夢見で唯一のオスです【写真上左】。

2017/05/12
枝で遊ぶヤギの「ライ」【写真上中】。

2017/06/11
お立ち台の「タンゴ」【写真上右】。


2017/07/24
おやつの時間でしょうか。飼育スタッフがヤギ舎のあちこちに笹竹を立てると、のんびり昼寝のヤギたちが一斉に立ち上がり夢中で食べ始めます【写真上左】。美味しそうに笹竹を食べる「アニー」【写真上中】。

2017/08/05
ヤギ舎の運動場が白い砂になりました。そこへ散歩に来た犬にみんな興味津々です【写真上右】。


2017/08/17
8月はほとんど毎日雨、濡れた地面を嫌うヤギたちは、みんな高いところに避難です。高所恐怖症?の「アニー」も仕方なく一番低い丸太の切株にあがっていました【写真上左】。

2017/11/12 秋の動物園まつり
ヤギ餌やり体験。お腹を空かせたヤギたちの食欲はいつも以上でした【写真上中】。富士見デッキで行われた福田ファームから来た動物ふれあいコーナーのヤギ【写真上右】。

  

2018/02/25
お立ち台のうえでのんびり憩う「タンゴ」。ヤギ舎最年少で唯一のオスです。【写真上左】。

2018/03/03 動物ふれあい & クイズコーナー
動物公園事務所前に動物園まつりでお馴染みの福田ファームからヤギとヒツジが登場、「動物ふれあい & クイズコーナー」が、朝から昼にかけ1回50名限定で4回行われました【写真上中】。

2018/03/06 動物ふれあいクイズコーナー」を開催しました。
3月3日、一日限定ですが「動物ふれあいクイズコーナー」を開催しました。これは将来の動物園を担う人材育成を目的として平成26年から実施しているものです。
このコーナーの主役は、当園での飼育実習経験者で、将来動物園への就職を希望する、動物系専門学校や大学の現役の学生さんです。今年は3名が参加してくれました。
ふれあいをする動物として、ポニー1頭、ヤギとヒツジ各2頭を、高津区の福田牧場さんからお借りしました。
まずは学生さんが参加者に、お借りした動物達にちなんだクイズを出題。全て学生さんたち手作りのクイズです。
解答と解説の後、参加者の皆さんが少し動物について詳しくなった後は、乾草を配布し餌やり体験をしていただきました。
餌やり体験中も、学生さんは参加者と動物の様子の確認や、参加者へのガイド等の役割を担います。
当日のリハーサルの際には、ぎこちない話し方で少し心配したのですが、空き時間に相当練習したおかげ?か、始まってみるとしっかりと話をすることができていました。
学生さんは、恐らくこんなに大勢の前で話をする機会は今までになかったと思います。人に説明したり話しをすることの楽しさと、難しさを感じてもらえたと思います。今日の経験を今後のスキルアップに繋げ、素晴らしい人材に育ってくれることを願っています。
(公式FB)

2018/03/25 春の動物園まつり
「動物ふれあいコーナー」で福田ファームから来たヤギの親子【写真上右】。
「ヤギへの餌やり体験」が終わってもまだ餌をねだるヤギたち【写真下左】。


2018/04/14
「モナカ」と「ライ」でしょうか、メス同士ですが、ヤギのDNAに従い角突きを始めました。お互い阿吽の呼吸で「エイヤッ」と立ち上がり【写真上中】、「カチーン」と角を合わせます【写真上右】。痛いと思うのですが、何度も何度も結構楽しそうにやっていました。

2018/04/22 飼育の日 ヤギの餌やり体験
今回の餌やり体験は干し草ではなく粒々のものでした。朝からお腹を空かせたヤギたちは一粒でも多く食べようと大騒ぎです【写真右】。

2018/05/03 獣医の日記
 動物への投薬がすんなり行かない場合、原因の一つに薬のにおいがあります。たとえば、シマウマの餌に薬を混ぜると、口をつける前ににおいで気づいて食べてくれないことは削蹄のたびに直面する悩みでもあります。
 このたび、ヤギたちの耳や鼻にちょっとしたハゲが見つかり ました。皮膚の感染症が考えられたので、軟膏を塗ることにしたのですが、これが結構においます。さわやかなハーブのような香りなのですが、ヤギがどう感じるかはわかりません。かく して、薬を塗り始めたところ、思いのほか当のヤギたちに好評であることがわかりました。ほかのヤギが薬を塗られているところや、私が握る薬のチューブに顔を摺り寄せたり、ずっとにおいをかぎ続けてフレーメン(フェロモンなどを嗅ぎ取った時に上唇をめくりあげて、よくにおいを感じようとする反応)をしたりと好感触です。においは好きでも、捕まえられるのは嫌なので、自分の番になると逃げ、ほかのヤギの番になると寄ってくる…といった妙な状況にもなってきます。
 そんな中、ただ1頭ハゲができていないヤギ、タンゴだけは常に他人事のため、薬の塗布が始まると猛然とダッシュしてきて、においをかがせろとばかりに他のヤギと人の間に割り込んできます。おかげでみんな少しずつ毛が生えてきたので、タンゴの「お楽しみタイム」ももうすぐ終わりそうです。(ゆめみにゅーす VOL.48)


2018/05/05 子供の日
来園した子供たちによる餌やりが行われました【写真上左】。

2018/06/09
「暑~いっ!」今年初めて気温が30度になり、お立ち台のうえでぐったり昼寝の「ライ」【写真上中】。でも「タンゴ」が来ると場所を空けようとはしません【写真上右】。


2018/06/22
暑さに耐えるヤギの「タンゴ」【写真上左】。

2018/07/07
今日は「モナカ」(手前)と「タンゴ」が仲良くお立ち台にいました【写真上中】。

2018/09/08
長かった暑さから解放され、ほっとした表情の「タンゴ」【写真上右】。

2018/09/15
秋の長雨で地面はドロドロ。湿気を嫌うヤギたちは少しでも乾いたところへ【写真左】。唯一のオス「タンゴ」は外へ出ず塩をなめていました【写真右】。
  

2018/11/11
ヤギ舎の5頭。
【写真上左】 手前から「アニー」、その奥は「ユベシ」、そして「モナカ」、立っているのが「タンゴ」唯一のオスでしょうか。
【写真上中】 いつも高いところが好きな「ライ」。
【写真上右】 愛嬌のある「ユベシ」。

  

2019/01/19
陽だまりでうとうとするヤギの「ライ」【写真上左】。

2019/01/26
寒風のなか陽だまりで冬をやり過ごすヤギの「ライ」【写真上中】。「タンゴ」【写真上右の手前】。


2019/02/16
冬が終わりに近づきヤギたちは思い思いの方法で日向ぼっこです【写真上左と上中】。

2019/03/24 春の動物園まつり
福田牧場からきたヤギ【写真上右】。子ヤギ3頭も参加しました。
キーパーズガイドでは「タンゴ」の母は「モナカ」(薄茶色)で、高所恐怖症?の「アニー」は最近少し高いところに登れるようになったとの説明がありました。


2019/04/21 飼育の日
朝、日当たりの良い場所で餌を待つヤギ全員【写真上左】。餌やり体験でお腹が一杯になったヤギたち。キーパズトークでも飼育員さんのまわりをウロウロ【写真上中】。

2019/05/11
ヤギ舎の最年少にして唯一のオス「タンゴ」【写真上右】。


2019/07/06
ヤギ舎の一番高いところに座り満足そうな「タンゴ」【写真上左】。

2019/07/21
夢見のヤギ全員。今日は一番奥のお立ち台に「タンゴ」が得意そうに鎮座していました【写真上中】。

2019/07/28
ヤギたちの名札を下げる紐が新しいものに【写真上右】。

2019/08/05 すっきりしました
 今年は5月に急に暑くなったと思ったら、6月7月と梅雨寒が続いていますが、季節は確実に移り変わっており、動物たちも冬毛から夏毛へと換毛しています。
 冬毛と夏毛で色や模様がすっかり変わってしまうの はホンシュウジカ。くすんだ焦げ茶色から、オレンジがかった茶色の毛に木漏れ日を思わせる白い斑点模様へと変身しますが、どちらもその季節において森林では目立たない色合いです。
 夢見ヶ崎動物公園にいる他の多くの動物たちの換毛 は、ふわふわしたダウンコートが抜け、全体的にすっきりした印象になります。ホンドタヌキのげんまいはまさにその典型で、夏と冬では別の動物のようなシルエットです。
 キツネザルたちは特に尾がスッキリ、細く見えます。 レッサーパンダに至ってはみすぼらしく見えるほど尾 が細くなります。
 ヤギたちは木の柵や職員手作りの網に体をこすりつけ、抜け毛を自分で落とします。オスのヤギやマーコールは自分の角が届く範囲をわかっているようで、角の先端で背中を掻いていることもしばしばです。
 色も体の大きさもあまり変わらないものの、顔周りで大きな変化があるのがロバで、冬毛の時だけ、立派な前髪が現れます。
 冬の姿と比べてみると、ほかにもまだまだ発見があるかもしれませんね。
(ゆめみにゅーす VOL.53)


2019/09/11 強い台風15号が襲来
処理されたヤギ舎内の倒木の倒木にはこの樹の説明のプレートが乗っていました【写真上左】。
その説明【写真上中】によると
シンジュ(神樹)。
落葉広葉樹。葉は細長い楕円形で春に枝の先端に白い小さな花が咲く。
開花時期:5月上旬から6月下旬頃
科名:ニガキ科ニワウルシ属
NO.0303

2019/09/14
ヤギ舎内では倒木処理のためチェーンソーが大きなうなりをあげています。それを遠巻きで眺めるヤギのなかには、お立ち台の下に首を突っ込みこわごわ眺める姿も【写真上右】。


2019/09/21
ヤギ舎内の倒木処理が終わり落ち着きを取り戻したヤギ舎の4頭(1頭は下の餌箱のなかで昼寝中)【写真上左】。そしてもう1頭、人懐っこい「モナカ」【写真上中】。

2019/10/15
ヤギの「アニー」【写真上右】。


2019/10/21
塩分補給中の「タンゴ」♂【写真上左】。お立ち台へ登る道(板)が延長されヤギ舎の様子はこんなことに。右はロバ舎の「かぐや」【写真上右】。

2019/11/03 ふたつの台風とその後
9月9日未明に通過した台風 15 号による被害は動物園でもすさまじく、シマウマ舎のケヤキやヤギ舎グラウンドのシンジュなどは根こそぎ倒れたほか、いたるところで大きな枝が折れ、しばらく職員も造園業者さんもてんてこまいでした。
すべて片付く前に今度は史上最大と言われた 19 号の追い討ち。やっと少し落ち着き、ヤギ舎には倒木を加工した新しい橋を架けるなど、平和な動物公園の姿が戻ってきました。とはいえ、これだけ木がたくさんある動物公園で今後も台風が来て無傷ということはないので、次に気を張りつつ、毎回これよりひどいことになりませんように、と祈っています。
(ゆめみにゅーす VOL.54)

2019/10/02
ヤギの「ライ」【写真左】。

2019/11/16
冬を前にしたヤギ舎【写真右】。
  
  

2020/01/04
ヤギの「アニー」♀【写真上左】。

2020/01/19
ロバ舎から見たヤギ舎【写真上中】。

2020/02/01
塩分をなめるヤギの「タンゴ」【写真上右】。数えたところ4頭しかいません。もう1頭はどうしたのでしょう。


2010/02/07 ありがとう
1月12日、ヤギのモナカが亡くなりました。10 歳でした。 若くはなかったものの前日までしっかり餌を食べ、いつもどおり日向ぼっこに勤しむ姿を見せてくれていたので、突然のこと に職員も驚き、残念に思っています。小さい体ながら、母親として唯一体の大きなタンゴにくっついて過ごすこともできま した。今までどうもありがとう。かわいがってくれた皆様にもお礼申し上げます。【写真上左】(ゆめみにゅーす VOL.55 dd.Feb 3 より抜粋)

2020/02/07 ★動物たちの主な移動(令和元年11月1日~令和2年1月31日)★
ヤギ(♀1 死亡)。(ゆめみにゅーす VOL.55 dd.Feb 3)

2020/02/28
新しくなったヤギ舎とロバ舎の柵【写真上中】。

2020/03/15
昼寝するヤギの「ライ」【写真上右】。

2020/04/11 閉園中の夢見
ヤギ舎、ロバ舎は通行可能な道に面しているため会うことができます【写真左】。

2020/04/25 ヤギ舎の4頭(全員)【写真右】。
  

2020/05/14 ヤギたちの衣替え
ゴールデンウィークも終わり、気温が高い日が続いていますね!
そんな中、ヤギたちも暖かい気候に対応するために毛が抜け始めています。(写真1枚目)【写真上左】
ヤギには夏毛と冬毛があり、春になるとだんだんと冬の寒さから身を守っていた毛が抜け始め、新たに毛足の短い夏毛に生え変わっていきます。
毛が生え変わることを換毛(かんもう)とも言います。
まだまだ、冬毛と夏毛が混じった姿のヤギたちですが、夏になる前には夏毛の姿に変わったヤギたち見ることができるでしょう!(写真2枚目)【写真上中と上右】
(伊藤、森屋)(公式FB)

2020/06/06
ヤギ舎の最年少にして唯一のオス「タンゴ」【写真右】。
  

2020/08/20 ヤギのグラウンド整備
長かった梅雨も明け、雨でぬかるんでいたヤギのグランドの天地返しを行い、地面を均しました。(写真1)
ヤギやロバなどの蹄を持つ動物たちは足元のぬかるみが原因で脚を怪我してしまうことがあります。
そのため、足元の環境を整えることは怪我の予防にも役立ちます。
グラウンドのぬかるみがなくなり、ヤギたちも喜んでいるようで、元気よく走り回っていました。(写真2)
(森屋)(公式FB)

2020/11/05 アニー ありがとう
 ヤギのアニーが亡くなりました。10 歳と5 ヶ月でした。今年に入って緩やかに体力が落ちてきていたものの、最後まで食欲は衰えず、足の力は弱かったものの亡くなる半日前まで歩くこともできました。
 あまり自己主張するタイプではなく大人しかったのですが、アニーのいなくなったヤギ舎は寂しいです。アニー、今までありがとう。かわいがっていただいた皆様も、ありがとうございました。
(ゆめみにゅーす VOL.58)

2020/11/05 ★動物たちの主な移動(令和2年8月1日~令和2年10月31日)★
ヤギ(♀1死 亡:アニー)(ゆめみにゅーす VOL.58)

  

2021/01/27
休園中、親子連れを見てすぐに寄ってきたヤギの「ライ」【写真上左】。高いところが好きなオスの「タンゴ」は、来園者がいない園内を見渡していました【写真上中】。

2021/03/27
ヤギ舎の3頭【写真上右】。左から「ユベシ」♀、「タンゴ」♂、「ライ」♀。


2021/06/05
人懐っこいヤギの「ライ」【写真上左】。

2021/06/14
今日は雨。外への扉は開いているものの、みんな室内でじっとしていました。壁ひとつ先にロバの「カグヤ」の耳が見えていました【写真上中】

2021/07/03
雨上がり。室内に留まる「ユベシ」【写真上右】。【写真上左】は、外に出たものの濡れた地面を避けて日光浴の「タンゴ」(奥)と「ライ」。

2021/07/17
日陰で休むヤギ。手前から「ライ」♀、「タンゴ」♂、奥で立っているのが「ユベシ」♀【写真上中】。

2021/09/19
ヤギ舎のお立ち台がなくなり、高いところに登れない「タンゴ」は切株に前足を乗せての写真目線です【写真上右】。
  

This home page is written in Japanese.
Copyright © 2021 Misato World. All rights reserved.