公式HP 夢見ヶ崎動物公園 > 夢見の動物 公式FB  

  ホンシュウジカ ロバ
Donkey
ヤギ  

最新情報 2029 2028 2027 2026 2025 2024 2023 2022 2021 2020
2019 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010
2009 2008 2007 2006 2005 2004 2003 2002 2001 2000

Profile

ロバは紀元前4千年以上前、家畜になりました。現在、野性種がアフリカとアジアにいますが、いずれも家畜のロバとは異なるそうです。温和な性質で粗食に耐え、主として荷物を運ぶのに使われ、中近東などでは自分の何倍もある大きさの干し草や荷物を運ぶ姿を見かけます。背中の縦線と両肩からの線が十字架にみえることから、ヨーロッパなどでは特別な動物と思われているようです。
夢見には「ドン」ちゃん♂と「キー」ちゃん(「キーコ」とも呼ばれました)♀がいました。「キー」ちゃんは、2005年9月に亡くなり、2007年6月、「カグヤ」♀が千葉からお嫁にきて、「ドン」ちゃんと一緒でしたが【写真左:左「ドン」ちゃん、右「カグヤ」】、2015年1月10日、「ドン」が老衰で亡くなり、「カグヤ」が残されました。
2016年、飼育員以外、人を寄せつけなかった「カグヤ」は、夢見の環境に徐々に慣れてきたようで、顔見知りの来園者には体を触らせるほどになり人気を集めています。

名 前 ロバ(驢馬)
別 名 ショウロ、ウサギウマ
学 名 Equus asinus
英 名 Donkey または Ass
分 類 奇蹄目(ウマ目)ウマ科
夢見定食 サツマイモ、ニンジン、モヤシ、草食獣用人工飼料、フスマ(小麦の殻)、チモシー(イネ科の多年生牧草)、ワラ、ヘイキューブ(枯れ草を立方体に圧縮成型した飼料)


  
2003/01/25 肥っていたころの「キー」ちゃん♀ ロバの「ドン」ちゃん♂とヤギ 「キー」ちゃんの背中の十字架
  
2004 2005
  
2004/09/23 ヤギと一緒の「キー」ちゃん 2005/09/10 亡くなる3日前の「キー」ちゃん 足袋を履いたロバの「ドン」ちゃん
  

2005/07/02
ヤギと一緒にいるのは「キー」ちゃん♀と呼ばれています。

2005/08/21
「キー」ちゃんが小屋の中から外を眺めています。お腹でもこわしたのでしょうか。

2005/08/23
「キー」ちゃんは現在前足を傷め治療中だそうです。

2005/09/01
昨日は熱があったようですが、「キー」ちゃんの足はだいぶ良くなりました。晴れて足が治ったら、飼育係のみんなから「ダイエット」を宣告されるようです。悲痛な叫びをあげる「キー」ちゃんの姿が今から目に浮かびます。

2005/09/03
「キー」ちゃんが戻ってきました。

2005/09/10
「キーコ」は再び隔離です。お腹の調子がよくないようです。水だけ飲んで情けない表情ですが少し痩せたようです。「ドン」ちゃんは足の調子が悪く両前足に特製の足袋を履いていました。

2005/09/14
ヤギと一緒にいて、みんなが背中をなで親しんでいた「キー」ちゃんこと「キーコ」が、9月13日亡くなりました。亡くなった原因は慢性の肝臓障害と腎不全だったようです。「キー」ちゃんの年齢は15歳位と思うのですが、人間でいえば中年で、まだまだ元気でいて欲しかった歳でした。以下はここ数年の「キー」ちゃんの思い出の写真です。さよなら、「キー」ちゃん。

2005/10/02
足を痛め足袋を履いていた「ドン」ちゃんの足袋が取れました。相棒の「キーコ」が亡くなって以来1頭残されいつも寂しそうにしています。

2005/10/22
「ドン」ちゃんはその後も前足の具合が悪くナイトルームで療養していましたが、今日は表に出ていました。両前足のサックもありません【写真左】。

2005/11/19
「ドン」ちゃんの足は治ったようです。運動場を駆けまわる元気な姿が見られるようになりました。お嫁さんを探しているそうですが、ロバのメスは意外にも少なく,なかなか見つからないそうです【写真右】。
  

ドンちゃんドンちゃん2006/06/10
「ドン」ちゃんが足を痛がっているため、12日、月曜日から治療が始まります。また足袋を履くことになりそうです。

2006/11/29
プロの装蹄師により「ドン」ちゃんの削蹄を行いました。
  

穴掘りドンちゃん2007/03/24
「ドン」ちゃんが珍しく張り切って穴を掘っていました【写真右】。

2007/04/07
今年は「ドン」ちゃんのお嫁さんが見つかりそう、とのことです。

2007/04/29
「ドン」ちゃんの蹄葉炎モドキを治療しました。

2007/06/20
18日(月)午後3時過ぎ、「ドン」のところに千葉からお嫁さん(5歳)が来ました。名前は「カグヤ」です。お嫁入りの様子は「夢見zooにいってきたよ」「SAUDE! SAUDADE 2」に詳しく出ています。今日現在「カグヤ」と「ドン」の距離は微妙なのだそうです。

2007/06/22
昨日付で本日更新された公式HPによると「カグヤ」は、千葉市動物公園からお嫁入りしました。2002年12月11日生まれです。

07/06/23 新郎ドン(左)と新婦かぐや(右) 07/06/23 削蹄風景 07/06/23 削蹄

2007/06/23
午後、「ドン」と「カグヤ」の削蹄【写真上3枚】がありました。「カグヤ」は何をされるのか分からずびっくり、「ドン」に助けを求めましたが、削蹄を怖がる「ドン」に知らん顔され【写真上左】、新婦「カグヤ」の信用をすっかりなくしました。(10/1 追記: この写真は「カグヤの嫁入り」として、かわさき市政だより幸区版でも紹介されました)。そして「カグヤ」は夢見のスタッフに押さえ込まれ【写真上中】、無事削蹄が行われました【写真上右】。

2007/08/14
ここ1ヶ月以上、いつも午後訪れるのですが、オスの「ドン」はナイトルームに入ったままで、メスの「カグヤ」だけ外にいます。

2007/08/26
2頭を分けているのは「カグヤ」が「ドン」を蹴るためだそうで、午前は「ドン」、午後は「カグヤ」のように時間を分けてグラウンドに出しています。顔に赤いヒモのあるのが「カグヤ」です。

2007/10/10
「ドン」と「カグヤ」の別居が終わり同時展示が始まりました。

2007/10/20
「ドン」と「カグヤ」の同時展示は、外目にはうまく行っているように見えます。これでロバの赤ちゃんが見られると良いのですが。

2007/12/13
右前肢疼痛で「ドン」ちゃん♂が治療を受けました。

  

2008/04/23
「ドン」と「カグヤ」の削蹄が無事終わりました(ブログ「動物園からの手紙」)。

2008/05/05
「ドン」ちゃん♂の両前脚がご覧のように【写真上左】ぐるぐる巻きで、いかにも不便そうにして寝ていました。また「カグヤ」♀に蹴飛ばされたのでしょうか。でも一緒にいる「カグヤ」は知らん顔です。

2008/05/17
「ドン」の包帯が取れ、少しは楽そうな姿で寝ていました。その向こうに立っているのは「カグヤ」です【写真上中】。

2008/12/22
夢見に来園以来、「カグヤ」の首についていた赤い紐が外され、人相(馬相)がすこし変わりました【写真上右】。

  

2009/01/11
「カグヤ」の頭部から外されていた赤い紐(頭絡)が再び付けられました【写真上左】。

2009/03/07
冬から春への変わり目で雨や霙の日が続きましたが、今日は久しぶりの快晴、触れ合いコーナーのヒーロー、ヒロインとして2頭とも来園者へのサービスに務めていました【写真上中】。

2009/03/20
春の動物園まつりで「ドン」♂【写真上右】は(右側)は人間の年齢で60歳、「カグヤ」♀(左)は30歳の年の差カップル〟と紹介されました。

2009/04/22
装蹄師さんに「ドン」の蹄を削ってもらいました(「ブログ「動物園からの手紙」」から引用)。

2009/06/30
「ゆめみにゅーす第12号」で「ドン」と「カグヤ」が紹介されました。

2009/07/07 「カグヤ」に月のウサギから七夕メッセージ
「月のうさぎ」から「カグヤ」に E-Mail で画像【写真右】と一緒に〝七夕メッセージ〟が届きました。内容は『このメールは、地球からはるかかなた36,000Kmの宇宙空間を飛行している 超高速インターネット衛星「きずな」を経由しています。これは「きずな」を使った E-Mail 伝送実験に参加した月のうさぎ様からのご依頼によりお送りしております。宇宙航空研究開発機構(JAXA)』。
  
  

2010/02/27
「ドン」ちゃん♂と「カグヤ」♀は元気です。今日の「ドン」ちゃんは、重そうな頭を柵に乗せ楽なポーズをしていました【写真上左】。

2010/03/14
メスの「カグヤ」の頭にあった赤い紐が外され、いつもと違う人相(馬面)【写真上中】でした。

2010/07/10
2頭のうち1頭は厩舎に隔離されていました。外にいたのは「ドン」♂にしては、いつもと違うような気もします。

2010/07/23
この2週間ほど、「ドン」は左後脚の「床ずれ」のためナイトルーム内で治療していました。今週から復帰しているそうです。

2010/07/24
左後脚の「床ずれ」のためナイトルーム内で治療していたロバの「ドン」が、約半月振りに「カグヤ」と一緒にグラウンドに登場。以前と比べ夏バテなのかヤセ気味で元気がありません。

2010/08/12
「ドン」ちゃん♂は、床ずれの後遺症なのか、座るときは大変です。写真下中のような妙な恰好でヨイショと座るのですが、痩せているので何とも痛々しい姿です【写真上右】。

2010/10/31 ロバの「カグヤ」のお腹が大きい?
「ドン」ちゃん♂は相変わらず痩せていますが、「カグヤ」♀のお腹が大きくなったような気がします。横から見るとそれほどでもありませんが、後ろから見ると確かに「ドン」より大きいようです【写真右】。そしてお腹がピクピク動いていることがあります。夢見でロバの赤ちゃんが生まれたら、と思うと嬉しくなりますが、果たしてどういうことになるのでしょう?

2010/11/06 丸太かじりはお任せ、ロバの「カグヤ」
「カグヤ」♀が盛んに柵の丸太をかじっています。そのため柵のあちこち白くなっています【写真左】。

2010/11/27
今日はいつもと様子が違います。恋の季節を迎えたようです。「カグヤ」♀が積極的に「ドン」にプロポーズするのですが、「ドン」♂は草食系男子のようで、「カグヤ」に顔をすりつけるもののイマイチ態度がはっきりしません。もっともロバは全員草食系でした。しっかりしろ「ドン」。

2010/12/05
私は、ロバの「ドン」ちゃんと「カグヤ」ちゃんが好きで、いつも癒されに訪れます。飼育員の方に〝「カグヤ」ちゃんがお腹が大きいけど、子供がいるんですか?〟と聞いたら〝太っているだけですよ!〟と言われました。「ドン」ちゃんも、たまに頑張っているみたいですし、楽しみは少し後にまわそうかなと感じてます(tenten さん)。

  

2011/04/02
「ドン」と「カグヤ」は数日前にも交尾していたそうで、動物公園でもロバの赤ちゃんを期待しているのですが、気長に待つしかなさそうです。

2011/07/30
去年の今頃も夏バテからか激痩せでダウン、床ずれまで起した「ドン」ちゃんですが、今年もどうやら同じパターンになりそうで【写真上左】、1週間前と比べ随分情けない姿になってきました。

2011/08/07
「ドン」ちゃんは体力を取り戻したようで、先週の激痩せからかなり立ち直りました。

2011/09/10
「カグヤ」のお腹がピクピク動いています【写真上中。手前が「カグヤ」】。今年こそロバの赤ちゃんを期待したいのですが、いままでように〝単に肥っているだけ〟かもしれません。巣造りの季節なのか、カラスがやたら毛をむしりにきて迷惑そうです。

2011/10/01
「カグヤ」が珍しく人懐っこい様子で寄ってきました【写真上右】。

2011/12/17
夕方、寒い中、辺りの空気を震わせるように「カグヤ」♀が大声でいななき、パッカパッカと運動場を駆け回り【写真右】、最後には冷たい土のうえを砂浴びするように元気よく転げまわっていました。それに比べて「ドン」♂のおとなしいこと。

  

2012/02/26
午後、ロバたちの削蹄が行なわれました【写真上左】。

2012/05/26
「ドン」【写真上中】と「カグヤ」【写真上右】は元気で来園者の人気を集めています。ロバの子馬を見たいのですが、いつ実現するのでしょう。


2012/07/07
園内舗装工事でしばらく近寄れなかったロバ舎の「ドン」♂と「カグヤ」♀。「ドン」は、いつも夏は激ヤセしますが、今年も暑くなるに従い、だんだん痩せてきました【写真上左:手前「ドン」、奥「カグヤ」】。

2012/07/16
夏痩せで立っているのも辛いのか座り込んだ「ドン」ちゃん。後の「カグヤ」は痩せている様子はありません【写真上中】。そう言えば、先代の「キー」ちゃんも夏痩せ知らずでした。

2012/07/28
一時は随分痩せていた「ドン」ちゃんですが、【写真上右の奥】のように少し元気を取り戻しました。

2012/09/16 & 09/22
園内の舗装工事でロバ舎の前は、まだゴタゴトしていますが、「ドン」と「カグヤ」は暑い夏を乗り切り元気です。

2012/11/10
元気よく運動場を駆け回るロバの「カグヤ」♀。その直前に野良猫が近くを通ったためだけではなさそうです。運動場は駆け回るには狭いので、すぐに「ドン」♂にぶつかりそうになり、そのたびに「ドン」は右に避けたり、左に逃げたりと大変です【写真左】。

2012/12/22
真冬を前にした「カグヤ」♀と「ドン」♂【写真右】。「ドン」は真夏の痩せた貧相な姿とは大違い、冬を乗り切るため2頭とも体には沢山の脂肪を蓄えたようです。

  

2013/02/17
最近の「ドン」♂【写真上左】と、「カグヤ」♀【写真上中】。ヤギほど来園者に馴れていませんが、相変わらず人気を集めています。夏はいつも激痩せする「ドン」ちゃんは、冬は元気です。

2013/03/22
「ドン」の顔を撫でていると、「カグヤ」が遠巻きにこちらを窺っていました。「ドン」は人に触れられることを嫌がりませんが、「カグヤ」はべたべたと触れられるのが嫌いらしく、何時もこんな感じです【写真上右】(島貫様)。


2013/03/25
干草を食んでいる「ドン」と「カグヤ」にカラスがちょっかいを出していました。「ドン」は背中の毛、「カグヤ」は尻尾の毛を毟られていました【写真上左】(島貫様)。

2013/03/29
桜吹雪が舞い散る中、散った桜の花弁を「ドン」と「カグヤ」は夢中で食べていました【写真上中】。お隣のヤギも食べてはいましたが、ロバほど熱心ではありません(島貫様)。

2013/05/30
昼前、時々雨が降る天候だからか、ロバとヤギは雨宿りができるよう厩舎の扉が開いていました【写真上右】。雨が降ると、ヤギは全員雨宿りで厩舎の中へ、ロバは我関せずで全く動かなかったようです。面白いですね!(島貫様)

2013/06/01 お昼前のロバ舎(島貫様)【写真下3枚】。

①「カグヤ: お腹すいたよー。早くお昼ちょうだい! ②カグヤ: やっと来たの! もうほんと遅いんだから! ④ドン(左): そんなにがっつくなよ!
カグヤ: なくなっても知らないわよ!

2013/06/06
3日(月)から今日までのあいだに、ロバ、ヤギ厩舎の寒さ対策の板?が取り払われ、外から中を少し観察できるようになりました(島貫様)。

2013/06/22 行き倒れ姿の「ドン」ちゃん
「暑い、暑い、蒸し暑い。あぁ、もう駄目」。暑さに弱い「ドン」ちゃんはついに地面にゴロン、哀れ行き倒れ姿になりました。「カグヤ」は、そんな「ドン」に構わず行儀良く立ったままです。隣でヤギの「青葉」が呆れ顔で眺めていました【写真左】。

2013/06/28
柾園長に撫でて貰いうれしそうな「ドン」ちゃん【写真右】。 焼き餅焼きの「カグヤ」は、触られるのが嫌なのに「ドン」が撫でられているのが気にいらないようです。柾園長の話では、ロバの削蹄はシマウマの削蹄のとき、一緒にやってもらうそうです(島貫様)。
  

2013/07/07
暑かったこの日、まだ7月初旬だというのに、ロバの「ドン」ちゃんは、もう夏バテ気味です【写真上左】(島貫様)。

2013/07/20
「ドン」の夏バテが本格的になってきました。今日はこのような姿に【写真上中】。「カグヤ」のほうが夏に強いようです。

2013/07/30
毎年のことですが、今年も「ドン」の夏痩せがはっきりとわかるようになってきました【写真上右】(島貫様)。


2013/09/14
最近の「ドン」♂【写真上左】と「カグヤ」♀【写真上中】。「ドン」は毎年夏の暑さに苦しめられ激ヤセするのですが、この夏は暑かったものの、去年ほど苦しまずに済んだようです。それでも暑い日はご覧のように元気がありません。暑さに強い「カグヤ」は、「ドン」ほど苦しまず、暑さでへたり込むようなことはありませんでした。

2013/10/06
ロバを上から見ると頭から尻尾にかけての黒線と、肩の黒線が首筋で交差し、まるで〝十字架〟のように見えます。このため、キリスト教国では昔から特別な存在と思われているようです、【写真上右】。


2013/11/05
ロバ舎の柵を補強しました【写真上左と上中】。その際、虻の恰好の餌食にされてしまうという「ドン」ちゃんが、蝿叩きで虻を叩いてもらっていました【写真上右】(島貫様)。


2014/01/01
2014年の干支「午」の夢見代表その2【写真左 2013/12/21 撮影】。ロバの「ドン」(左)と「カグヤ」(右)。

2014/01/31
ロバを運動場に出さず、ロバ舎前で立ち木の剪定作業が行なわれました(島貫修様)。
ホンシュウジカは片方に寄せて作業していました。翌週も続くそうで、シマウマは午後から出さない日もあるそうです (島貫様)。

2014/02/03
ロバ、ヤギに餌を与える人が絶えないらしく、このような看板が架かっていました【写真右】(島貫様)。


2014/02/15
15日、この日、ロバ・ヤギ舎のグラウンドの除雪はままならなかったようです【写真上左】(島貫様)。

2014/02/16
16日、なんとか除雪したロバ舎のグラウンドの様子です【写真上中】(島貫様)。

2014/02/22
寒い冬も峠を越したようで、今日は日溜りのなか、「ドン」ちゃん(オス、手前)と「カグヤ」(メス)はのんびり日光浴を楽しんでいました【写真上右】。


2014/03/01
柵の丸太をガリガリかじる「カグヤ」♀【写真上左】、カメラを向けると「こんな写真撮って何になるの?」といった表情を見せました【写真上中】。一方の「ドン」♂は何をするでもなく、「カグヤ」のやっていることに興味を示すでもなく、ただ立ったまま半分眠ているようでした【写真上右】。


2014/03/03
なんとも可愛らしい「ドン」ちゃん【写真上左】(島貫様)。

2014/03/06
木曜日、おっとりした「ドン」ちゃんとは対照的な「カグヤ」の閉園時の様子です。先にヤギを収容して中で作業している飼育スタッフに、早く中に入れろと催促していまし た【写真上中】(島貫様)。

2014/03/09
せっかくの日曜日なのに、来園者にお尻を向けている「ドン」と「カグヤ」【写真上右】(島貫様)。

2014/03/22 春の動物園まつり
オスの「ドン」は18歳、1996年に来園しました。メスの「カグヤ」は12歳、アフリカロバだそうです。ひずめが悪いため治療を受けています。ロバの視野は350度もあるそうです(動物ガイドツアー)。


2014/03/24
行き倒れ姿の「ドン」ちゃん。丁度通りかかった柾園長も呆れて声を掛けていました【写真上左】(島貫様)。

2014/04/05
【写真上中】「ドン」ちゃん(右)が脚に薬を塗ってもらっていました。焼き餅焼きの「カグヤ」(左)はやっ ぱり気になるようです(島貫様)。

2014/04/08
朝一で、仲良く餌を食む「ドン」と「カグヤ」【写真上右】(島貫様)。


2014/04/12
左前足が痛いため立っているより座り込んでいることが多い「ドン」【写真上左】。でも獣医さんと飼育スタッフが来ると渋々立ち上がります【写真上中】。そして治療が終わると楽になるのか立ったままです【写真上右】。


2014/04/14
大人しく薬を塗ってもらう「ドン」ちゃん。ほとんど毎日塗ってもらっているようです【写真上左】。塗り終わると、たどたどしく歩かされていました【写真上中】(島貫様)。

2014/05/08
【写真上右】厩舎の中の扉が開け放たれていて、ヤギの「そのこ」(右)がロバの運動場に〝侵入〟「ドン」ちゃん(奥)とお見合い?状態になったところを「カグヤ」(左手前)が眺めていました(島貫様)。


2014/05/10
〝健康優良児〟の「カグヤ」が肩に薬を塗ってもらっていました【写真上左】。左肩の毛が抜けて皮膚が炎症を起こしているようでした【写真上中】(島貫様)。

2014/06/17
びっこを引いていたヤギの「つくし」が治療のため室内で薬を塗られているのを、ロバの「カグヤ」が見ていました【写真上右】。 同じくびっこを引いている「ドン」のほうは、何時ものように外で薬を塗られ、追い立てられ、さんざん歩かされていました【写真下左と下中】(島貫様)。


2014/06/21
足に薬を塗られている「ドン」は、飼育員さんの姿が見えなくなると、地面にゴロンと横になり、いつもの〝行き倒れ〟姿になります【写真上右】。
〝行き倒れ〟がもう1頭【写真下左】。左隣のヤギ舎でも、同じく足を痛めている「つくし」が地面に伸びていました(写真の左上)。


2014/07/13
毎夏のことですが、可哀相なほど激ヤセになった「ドン」の立ち姿です【j写真上中】。

2014/07/20
そして相変わらずの〝行き倒れ〟姿。こんなポーズもありました【写真上右】。


2014/07/21
蒸し暑い暑さに、普段は立ったままの「カグヤ」も、せみ時雨を聴きながら地面に座り込んでいました【写真上左】。翌22日、関東地方に梅雨明け宣言が出されました。

2014/08/03
夏本番、余りの暑さに喘ぐロバの「ドン」ちゃん。頑張れあと半月の辛抱だよ【写真上中】。

2014/08/09
台風11号の影響で、ときおり雨の降るなか、「ドン」ちゃんは、外のほうが涼しいのか雨に打たれながらじっとしていました【写真上右】。いっぽうの「カグヤ」は、ロバ舎のなかから、外の様子をじっと眺めていました【写真左】。


2014/08/22
「ドン」の夏の激ヤセ仕上がり姿です【写真上左】。骨のうえに皮を張ったような姿もここまで。これから涼しくなるにつれ、徐々に元の姿を取り戻すことでしょう。

2014/08/26
涼しかったからか、この日の「ドン」♂ちゃんはずっと立っていました【写真上中】。それにしても激やせの「ドン」と、たっぷりお腹に栄養を蓄えた「カグヤ」♀はあまりに対照的です【写真上右】(島貫様)。


2014/09/09
暑い夏を乗り切った「ドン」ちゃんに、薬を塗ったりしてケアする飼育スタッフ【写真上左】(島貫様)。

2014/09/22
ここが「カグヤ」の定位置になりつつあるようです。【写真上中】は9月17日、他に18、19、21、22日も全く同じ場所でした(島貫様)。

2014/09/23
23日には「カグヤ」がロバ舎の出入り口から前半分を外に出したまま立っており、親子連れが「おーいロバ、中途半端なところにいるな」 と呼びかけていましたが「カグヤ」に知らん顔されていました。

2014/09/24
おっとりした「ドン」ちゃんは虻の恰好の餌食にされています。そこで蠅叩き登場、「ドン」ちゃんは大人しく叩かれて?!いました【写真上右】。目ざとい「カグヤ」のほうは、虻がくると頻繁に動き回るため、あまり心配ないそうです(島貫様)。


2014/10/24 & 26
連日、虻の恰好の餌食になっている「ドン」ちゃん、鼻や脚に沢山の虻が群がっていました。「カグヤ」に比べ、高齢のため、動き廻ったり、肌を震わせることができなくなってきているためのようです【写真上左 10/24、上中 10/26】(島貫様)。

2014/11/03
【写真上右】厩舎入口で動かない「カグヤ」(手前)と「ドン」(奥)。とくに「ドン」は、出入り口をふさぐようにして動かないことが多くなりました。

2014/11/20
雨模様で肌寒かったこの日、訪れる人も極めて少なく、ラマ舎だけでなく、小動物コーナーのリス舎と、ヤギ、ロバ舎は閉園時間30分前く らいにはもう閉まっていました。冬支度に入るのも、もう間近です(島貫様)。

2014/12/16
16日(火)は午後から雨模様で、寒々とした動物園を訪れる人はほとんどいません。そんな中、ヤギ・ロバ舎と、リス舎は早仕舞いです(島貫様)。

2014/12/18
「ドン」ちゃんは相変わらずスタッフに脚のケアをしてもらっていました(島貫様)。

2014/12/21
日溜りでくつろぐ「ドン」♂(左)と「カグヤ」♀(右)【写真右】。これから本格的な冬を迎えますが、暑さ寒さに滅法弱そうな「ドン」、しっかり頑張ってね。

  

2015/01/10
暫く「カグヤ」しか出ておらず、10日、スタッフに尋ねると、「ドン」ちゃんは裏で ヒーターで暖かくしているとのことでした(島貫様)。

2015/01/11 「ドン」ちゃんが天国へ
「ドン」が老衰で亡くなったそうです(島貫様)。
柾園長からメールをいただきました。〝残念ながら「ドン」は日曜日に亡くなりました。 蹄以外特に悪いところはなく、天寿を全うしたと思います。うちに来て19年間良く頑張ってくれました。 あの顔や仕草に癒してもらえないと思うとさびしいですね。〟
【写真上左】は、12月31日のもの。「ドン」ちゃんらしく日溜りで身体を丸め、くつろいでいます。「ドン」という名前は、夢見にロバのつがいが来たとき、英語でロバを表す Donkey の前半分の「ドン」をオスに、後半分の「キー」をメスの名前にしたと思いました。「ドン」ちゃんは、その名前とは違い、おとなしく優しい性格で来園者の誰からも愛されていました。今頃は、2005年、先に天国に行った少し気の強い「キー」ちゃんに「来るのが遅い」と蹴っ飛ばされているかも知れません。19年間お疲れ様でした。そして、ありがとう、「ドン」ちゃん。

2015/01/17 ロバの「ドン」が亡くなりました
「長年、元気な姿を見せてくれていたロバの「ドン」が、平成27年1月10日、老衰のため亡くなりました。いままで「ドン」をかわいがっていただき、ありがとうございました。」(ロバ舎前の掲示より)。
年賀状展が事務所入口で始まりました。今年の園長賞は1月10日に亡くなった「ドン」ちゃんを描いた年賀状が選ばれました【写真上中】。
「ドン」ちゃんが逝き、ロバ舎に一頭残された「カグヤ」【写真上右】。お隣のヤギ舎も「つくし」一頭だけとなり、ロバ・ヤギ舎は数年前とくらべ随分さびしくなりました。

2015/01/19 ロバの「ドン」が亡くなりました
長年、動物公園で元気な姿を見せてくれていたロバの「ドン」が、平成27年1月10日に、老衰のため亡くなりました。
昔は暴れん坊でよく噛みついていたという「ドン」ちゃん、最近では蹄の調子が悪く、あまりたくさんは歩かなくなっていましたが、食欲は旺盛で、穏やかに過ごしていました。
今まで「ドン」をかわいがっていただき、ありがとうございました(公式ホームページ「お知らせ」)。


2015/01/23
「ドン」ちゃんの死亡時間ですが、10日の閉園時には大丈夫だったとのことです。翌11日の朝、亡くなっているところを発見されたようで、10日夜~11日早朝に亡くなった、ということのようです。【写真上3枚】は、元旦に撮影した「ドン」ちゃんの最後の姿です。

【写真左と右】は、10日撮影の「カグヤ」。このとき 「ドンちゃん、どうしたの?」と「カグヤ」に訊いても、いつもの知らん顔でしたが、「ドン」ちゃんは裏のほうでヒーターで温まる手当てを受けていることを飼育スタッフのかたに教えられたのでした(島貫様)。
  

2015/01/24
「ドン」ちゃんがいなくなり寂しいのか、「カグヤ」はいままでより、自分から来園者のほうに寄ってくるようになりました【写真上左】。

2015/01/31
「カグヤ」です。今は亡き「ドン」ちゃん愛用のタオルは柵の奥に掛けたままですが、「カグヤ」はそれほど興味はなさそうです【写真上中】。

2015/02/07
飼育スタッフから撫でてもらい嬉しそうな「カグヤ」。「ドン」ちゃん亡き後、ずいぶん人懐っこくなってきたようです【写真上右】。

2015/02/11 ロバの「ドン」が亡くなりました
 平成27年1月10日、ロバの「ドン」が老衰のため亡くなりました。夢見ヶ崎動物公園にはおよそ19年間、いてくれました。
 「ドン」の名は、よく似ていたという先代のロバから引き継ぎました。当初はよく飼育員を噛んだり蹴ったりする暴れん坊だったそうです。この数年は年とともに穏やかになり、同時にがんこにもなってきましたが、容姿が逆に幼く見えるのか、「こどもですか?」とお客さんに聞かれることもありました。最近では蹄の状態が悪く、あまりたくさん歩かなくなっていましたが、食欲はずっと旺盛でした。
 この動物園の大半の職員より先輩だった「ドン」。職員にもお客さんにも愛されていました。今まで「ドン」をかわいがっていただき、ありがとうございました。
(ゆめみにゅーす VOL.35 2015/02/11)

2015/02/11 獣医の日記
 人間では生死に結び付くほど深刻に思われていないこともある歯の疾患は、多くの動物にとっては食べることができなくなり、命にかかわることがしばしばあります。いわゆる虫歯だけでなく、歯の根元に炎症を起こしたり、そこから顎の骨に炎症が及んだりして膿がたまることもあります。実は、プレーリードッグの1頭は歯が悪くて今入院中です。彼ら切歯(人間でいう前歯)の伸びる角度がちょっと変 になって噛み合わなくなり、互い違いにどんどん伸び続けて物が噛めなくなってしまったのです。うさぎやモルモットにも多い疾患です。臼歯(人間の奥歯)は噛み方の癖や普段の食べ物、遺伝的な要因によって変な伸び方になることがあり、切歯の場合は外から何らかの力を受けることで曲がってしまうといわれています。環境を変えることである程度再発は防止できますが、彼らの歯は一生伸び続けるので、場合によってはたびたび病院で歯を削る、一生のお付き合いとなることもあります。
 さて、先日亡くなったロバの「ドン」ちゃんは、臼歯の一部がだいぶ摩耗してはいたものの、全体的な歯並びなどはきれいでした。亡くなる直前までちゃんと食べることができていた理由の一つだと思います。歯のある動物にとって、歯は食べること、つまり生きることに直結する大事な部位なのだと実感しました。
(ゆめみにゅーす VOL.35 2015/02/11)

2015/02/11 動物たちの主な移動(平成26年11月1日~平成27年1月31日)
ロバ(♂1死亡)(ゆめみにゅーす VOL.35 2015/02/11)【2015/01/10に亡くなった「ドン」のことです】


2015/02/14
ロバの「カグヤ」。寒い日は厩舎を出たり入ったりしています【写真上左】。

2015/03/01
今日は雨。人影がほとんどなく、ロバ・ヤギ舎もリス舎も15時前には閉められてしまいました(島貫様)。

2015/03/14
ロバの「カグヤ」。一緒にいた「ドン」が亡くなり一頭きりで寂しいのか、いままで見せなかった来園者に関心を向けるようになりました。今日は来園者のすぐ前で柵に頭を乗せ、じっと来園者の観察です【写真上中】。

2015/04/06
すぐ近くまで寄ってくるようになった「カグヤ」。でも亡くなった「ドン」ちゃんと違って、やっぱり人に触られたくないようです【写真上右】(島貫様)。


2015/04/09
散った桜の絨毯の上で花弁を食べる「カグヤ」【写真上左】(島貫様)。

2015/07/12
暑さはそれほど苦にしていないようにみえる「カグヤ」ですが、いったいどんな夢を見ているのでしょう?【写真上中】(島貫様)。

2015/08/16
あまり暑がる様子を見せない「カグヤ」【写真上右】(島貫様)。


2015/08/19
お隣のヤギの「ツクシ」が暑さで座り込んでいるのに「カグヤ」は平気なようです【写真上左】。

2015/08/22
「カグヤ」は呼ばれると近くまで寄ってくるものの、それ以上は来園者に近づこうとしません【写真上中】。

2015/09/06
砂浴びする「カグヤ」【写真上右】(島貫様)。

2015/09/10
連日の雨で、ヤギ・ロバ舎も〝開店休業〟状態です(島貫様)。

2015/09/18
掠れた声を出し自己主張する「カグヤ」。天気が悪かったのに外に出され不満だったのでしょうか?【写真左】(島貫様)。

2015/10/19
「カグヤ」は「ドン」が逝ってから、一頭だけになった寂しさから、来園者に寄ってきますが、触られるのに慣れておらず、手を伸ばすと離れて行きます。

2015/12/10
「カグヤ」は来園者に随分馴れてきて、呼ぶとすぐに前まできて、じっとこちらを見ます。でも鼻を撫でようと手を伸ばすと、まだそこまでは馴れていないようで、すっと身を引きます【写真右】。
  
  

2016/01/10
日光浴するロバの「カグヤ」【写真上左】。

2016/01/27
頭を触られるのは嫌がる「カグヤ」ですが、お尻は別で、撫でてやると10分間、逃げずにじっとしていました【写真上中】(島貫様)。

2016/02/16, 03/05 & 03/06
少しずつですが、顔を触らせてくれるようになってきたロバの「カグヤ」です。【写真上右:2月16日】(島貫様)。


2016/03/13
焼き餅焼きの「カグヤ」がスタッフに甘えていました【写真上左】(島貫様)。

2016/04/02
「カグヤ」はこんな表情も見せてくれます【写真上中】(島貫様)。

2016/04/10
桜吹雪を浴びるロバの「カグヤ」【写真上右】。


2016/07/10
ロバの「カグヤ」は暑さには割と平気なようで、地面で砂浴びしたり【写真上左】、のんびり座って来園者を眺めたり【写真上中】、以前に比べれば来園者にも慣れ表情も穏やかです【写真上右】。


2016/07/30, 8/12 & 8/13
大好きなスタッフに世話してもらい、とても和やかな表情を見せてくれる「カグヤ」。シャイですが、優しい性格であることも窺えます。「カグヤ」の頭を撫でると、こんな優しい表情を見せてくれます【写真上左:8/12】(島貫様)。

2016/08/21
今日の「カグヤ」は、柵をガリガリかじっていました【写真上中】。

2016/08/19
雨が降っても戻れるようロバ舎の扉は開けたままでしたが、「かぐや」は部屋に入ったままです。 でも、呼ばれると、ちゃんと外に出てきてくれました【写真上右】。最近は頭も撫でさせてくれますが、やぱりお尻を撫でられるのが嬉しいようで、すぐにくるっと向きを変えお尻を向けてきました(島貫様)。


2016/10/12
「おはよう!今日も元気で頑張ろう!」と厩舎から外に出された「カグヤ」。でも、まだ寝ているようで動きません【写真上左】。

2016/10/13
自分で掻くことのできない耳を搔いてもらい、うっとりした表情を見せる「カグヤ」【写真上中】。

2016/10/30
人懐っこいロバの「かぐや」【写真上右:島貫様撮影】。

2016/12/15
お尻を撫でてとねだるロバの「かぐや」。亡くなった「ドン」がいたときは決して人に慣れようとしなかった「かぐや」ですが、去年の秋から、一頭で寂しいのか顔見知りの来園者には積極的に寄ってくるようになりました【写真右:島貫様撮影】。
  
  

2017/01/19
カラスに毟られ「かぐや」の尻尾の先が薄くなってしまいました。スタッフによると、これでも少し回復したのだそうです【写真上左】(島貫様)。

2017/01/23
今日はカラスが少なく陽だまりでのんびり日光浴する「カグヤ」【写真上中】。

2017/02/04
お隣のヤギたちが笹竹を貰い大喜びで食べるのを見た「かぐや」は飼育スタッフに猛アピール、ようやくお裾分けを貰い一口食べると「ン?ウエーッ!」【写真上右】。「こんなマズイのイヤ」とそっぽを向きました。


2017/02/11
朝、ヤギ舎、ロバ舎運動場で陽が差しているのはリス舎に近い通路際だけ。みんな一か所に集まってじっとしていました【写真上左】。

2017/03/01
尻尾に続いて「かぐや」の臀部の毛が毟られていましたが、こちらもカラスの仕業だそうです【写真上中】(島貫様)。

2017/03/06
ロバ舎にロープが張られました。「かぐや」を呼ぶと近づいてきますが頭がロープに触れると驚いて後ずさりし、今までのように傍までこれなくなりました【写真上右】(島貫様)。

2017/03/18
ロバ舎の内側に張られた黒と黄のロープの向こうからじっとこちらを見る「かぐや」【写真左】。

2017/04/02
ロバ舎の運動場が、手前と奥との間にロープ張られ半分ほどの大きさになりました。「かぐや」は奥のほうでじっとしていました【写真右】
  

2017/04/05
ロバグラウンドは内柵が壊れていたため、先日作り直しました。その準備のためロープを張っていましたが、現在は新しい柵を設置し終わったのでロープは撤去してあります(夢見ヶ崎動物公園)。

2017/04/08
新しくなったロバ舎の内柵。いままでより内側に設置され、その分、ロバの動ける範囲が狭くなっています【写真上左】。その運動場で「かぐや」は桜吹雪を浴びていました。

2017/04/14
新しい内側の柵に頭を乗せ桜吹雪を浴びるロバの「かぐや」【写真上中】。

2017/06/11
奥のほうでじっと動かない「カグヤ」。二ヶ月ほど前、来園者との間が二重の柵で仕切られてから、来園者への関心が少なくなったようです【写真上右】。


2017/07/08
強い日射しの中「カグヤ」は内側の柵から首を伸ばし、外側の柵とのあいだに伸びた草を食べていました【写真上左】。

2017/07/24
竹笹の差し入れをもらい嬉しそうな「カグヤ」。お隣のヤギと一緒に食べていました【写真上中】。

2017/10/26
隣のヤギたちの様子を眺めるロバの「カグヤ」【写真上右】。

2017/11/05
ロバの「カグヤ」。今日は珍しくうれしそうです。そのうしろでこちらを見ている白いヤギはお立ち台のうえの「ライ」のようです【写真右】。
  
  

2018/01/02
のんびり日向ぼっこするロバの「カグヤ」【写真上左】。

2018/05/03 ★ピックアップ動物★ ロバ 哺乳綱 奇蹄目 ウマ科
 現在夢見ヶ崎動物公園にはメスのロバが1 頭います。かつて千葉市からやってきた、15歳の「カグヤ」 です。
 家畜でありながら、ヒトに対してあまり積極的にわかりやすく甘えることはありませんが、飼育員には 「撫でて」と要求し、首や頭をごしごし撫でたりブラ ッシングしたりしてやると、うっとりと目を細め、口が半開きになってリラックスした顔も見せます。耳掃除も大好きで、途中でやめると抗議もします。
 夏毛と冬毛で見た目の印象がだいぶ変わります。特徴的なのは、目の上の「前髪」。冬になると伸びてきて、見事なぱっつん前髪スタイルに生え揃います。あまりに見事で、飼育員が切りそろえているのではないか、と聞かれることもあります。
 散々鳴いて欲しがったエサを一口だけ食べてやめてしまったり、お隣のヤギをかまっていると無言でじっと見つめてきたり、目立たないようでいてその感情表現はとても豊かです。
(ゆめみにゅーす VOL.48)

2018/05/04 ◆飼育員のイチオシ ロバ
 奇蹄(きてい)目ウマ科 エジプトなどに分布していたヌビアノロバを6000年くらい前に家畜化したものと考えられている(川崎市ホームページより)。
◇名前呼ぶと寄ってくる
<井上斥(せき)さんの話> 現在いるのはメスのカグヤです。二〇〇二年に千葉市の動物園で生まれ、その後、当園に嫁入りしました。ただ、一五年に死んだオスのドンとの間に子はできませんでした。
 奥の方でじっとしていることが多いですが、たまに砂浴びをします。担当して一年。初めは手入れを嫌がったり、獣舎に入ってくれなかったりしましたが、今では名前を呼ぶと寄ってくる。信頼関係ができてきたと感じます。
(東京新聞「<ゆめみる人たち 夢見ケ崎動物公園>(中)日吉商店街連合会」より)

2018/05/05
子供の日。体をブラシでこすって貰い、沢山の来園者を前に嬉しそうなロバの「カグヤ」【写真上中】。

2018/08/18
今年の異常な暑さをじっと耐えるロバの「カグヤ」【写真上右】。


2018/10/13
ロバ舎前の水飲場は「スズメバチ危険・注意」で立入禁止【写真上左】。

2018/11/17
晩秋の陽を浴び、柵に顔を乗せ、うとうとする「カグヤ」【写真上中】。

2018/11/23
相変わらず柵に頭を乗せうとうとするロバの「カグヤ」【写真上右】。

  

2019/02/16
冬を乗り切り暖かい日射しに気持ちよさそうな「カグヤ」【写真上左】。

2019/03/24 春の動物園まつり
キーパーズガイドで、ロバの「かぐや」について詳しい説明が行われました【写真上中】。

2019/04/21 飼育の日
ロバの「かぐや」には毎日蹄油が塗られているそうです。キーパーさんにブラッシングのあと耳の後を撫でて貰いうっとりした表情です【写真上右】。


2019/04/28
毛替わりが始まったのでしょうか。ロバの「かぐや」のお尻の毛がこのように【写真上左】。

2019/06/01
ロバの「かぐや」。いつも1頭だけで寂しいのか、隣のヤギたちを気にしていますが、今日は来園者に興味があるようです【写真上中】。

2019/07/21
ロバの「かぐや」。冬毛から夏毛に替わりスッキリした姿になりました【写真上右】。

2019/08/05 すっきりしました
 今年は5月に急に暑くなったと思ったら、6月7月と梅雨寒が続いていますが、季節は確実に移り変わっており、動物たちも冬毛から夏毛へと換毛しています。
 冬毛と夏毛で色や模様がすっかり変わってしまうのはホンシュウジカ。くすんだ焦げ茶色から、オレンジがかった茶色の毛に木漏れ日を思わせる白い斑点模様へと変身しますが、どちらもその季節において森林で は目立たない色合いです。
 夢見ヶ崎動物公園にいる他の多くの動物たちの換毛は、ふわふわしたダウンコートが抜け、全体的にすっきりした印象になります。ホンドタヌキのげんまいはまさにその典型で、夏と冬では別の動物のようなシルエットです。
 キツネザルたちは特に尾がスッキリ、細く見えます。 レッサーパンダに至ってはみすぼらしく見えるほど尾が細くなります。
 ヤギたちは木の柵や職員手作りの網に体をこすりつけ、抜け毛を自分で落とします。オスのヤギやマーコールは自分の角が届く範囲をわかっているようで、角の先端で背中を掻いていることもしばしばです。
 色も体の大きさもあまり変わらないものの、顔周りで大きな変化があるのがロバで、冬毛の時だけ、立派な前髪が現れます。
 冬の姿と比べてみると、ほかにもまだまだ発見があるかもしれませんね。
(ゆめみにゅーす VOL.53)

★ピックアップ動物★ ロバ 哺乳綱 奇蹄目 ウマ科
 古くから荷物の運搬などを目的に家畜化されてきました。 現在飼育しているのは 17 歳の♀カグヤ 1 頭です。
 ちょっと気難しい面があり、普段からよく接している飼育担当に対しても、グラウンドではあまり触られるのを嫌がります。しかし、いったん部屋に入ると「そういうものだ」と 思うのか、あきらめてしまうのか、おとなしく触らせてくれるので、毎日蹄に入った土を掻き出す「裏掘り」や、調子が気になるときの診察などは部屋の中でスムーズに行えます。
 触られるのは嫌でも、ブラッシングと耳掃除は大好きで、 よほど気持ちがいいらしく、リラックスして唇が垂れ下がってきて何とも言えない表情になります。
 ずっと淡白であまり主張をしない性格だったカグヤですが、最近は隣のヤギがはしゃぎながら遊んでもらっているのを見て自分も構えと寄ってきたり、乾草を一口くれと鳴いたり、ちょっとだけ主張するようになってきて、年齢とともに愛らしさが増してきております。 (ゆめみにゅーす VOL.53)

2019/10/15
厩舎の入り口前で佇むロバの「かぐや」【写真左】。

2019/10/21
お立ち台へ登る道(板)が延長されヤギ舎の様子はこんなことに。右はロバ舎の「かぐや」【写真右】。
  
2019/10/26
ロバの「カグヤ」。前足のつけ根から背中に伸びる黒い縦線と背中の横線が上から見ると十字架になるため、ロバはキリスト教国で特別な目で見られています【写真左】。

  
  

2020/01/04
来園者のほうに寄ってきたロバの「カグヤ」【写真上左】。

2020/01/19
柵に首を乗せ日光浴のロバの「カグヤ」【写真上中】。

2020/02/15 柵をあたらしくします。
「丸太柵を新しくする工事を行います。工事は令和2年2月17日頃~1週間で行う予定です。動物公園を利用される皆様には大変ご迷惑をお掛けしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。」【写真上右】(ロバ舎の掲示より抜粋)


2020/02/28
新しくなったロバ舎とヤギ舎の柵【写真上左】。

2020/04/25
ロバの「かぐや」【写真上中】。

2020/06/06
ロバの「カグヤ」。暑くなり例年のように夏痩せが始まったようです【写真上右】。

2020/07/30 カグヤの日課
ロバのカグヤは、毎朝欠かさず行う作業があります。
それは、「裏掘り」という作業です。
裏堀りとは、鉄爪(てっぴ)を使って蹄に詰まった泥や藁などを掻き出す手入れのことで、蹄の状態を確認し、蹄の角質が腐敗して起こる病気を未然に防ぐための大切な作業です。
ちなみに、カグヤは裏掘りをする際には 自ら脚を上げてくれますが、裏掘りに時間が掛かりすぎると嫌がることもあり、あまり得意な作業ではありません。
しかし、馬の仲間にとって脚の怪我は命に関わることもあるので、毎日の重要な日課になります。(伊藤)【写真左右3枚】(公式FB)

2020/12/26
ロバ舎に「おなかをこわします! 食べ物をあげないで!」の表示が【写真左】。
  
  

2021/04/24
少し瘦せてきた?ロバの「かぐや」【写真上】。

2021/06/17 かぐやのブラッシング
普段、日向ぼっこしてじっとしてることが多いロバのかぐやですが、 ブラッシングが大好きで、ブラシを持って行くと寄ってきます。
特に後肢のあたりが好きで、動画のように自分からお尻を向けてブラッシングを求めてきます。
季節の変わり目は、毛が生え替わる時期(換毛期)でもあります。 これから来る暑い夏に、体温を調整し、より快適に健康に過ごせるよう、ブラッシングをこまめにして換毛の手助けをすることも大事です。
「かぐや」と呼ぶと、耳を動かして反応する姿が見られるかもしれないので、当園に来られた際は、ぜひ声をかけてみてください!
ロバ‥https://www.city.kawasaki.jp/530/page/0000021648.html
(沼倉)(公式FB)

2021/07/03
ロバの「かぐや」。夢見ではもっとも動きの少ない動物かもしれません【写真上中】。

2021/08/31
食事中のロバの「かぐや」【写真上右】。
  

This home page is written in Japanese.
Copyright © 2021 Misato World. All rights reserved.