公式HP 夢見ヶ崎動物公園 > 夢見の動物 公式FB  

マガモ
Mallard

最新情報 2019 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010
2009 2008 2007 2006 2005 2004 2003 2002 2001 2000

Profile

アヒルの先祖。アヒルとマガモのかけあわせがアイガモ。人になつきやすい。鳥獣保護法で狩猟鳥に指定されている。肉は質、量ともに最高とされ、狩猟家のあいだでは「アオクビ」と呼ばれる。

川崎では、以前、多摩川やニヶ領用水などでカルガモとともによく見かけたが、最近、カルガモは増えているものの、純粋なマガモを見かける機会は少なくなっている。

夢見では怪我などで保護されたものが、フラミンゴ池やバックヤードで手当てを受け、回復後、野生に戻されている。

名 前 マガモ (真鴨)
別 名 アオクビ
学 名 Anas platyrhynchos
英 名 Mallard
分 類 カモ目カモ科
分 布 夏は北半球の寒帯、温帯に広く分布、繁殖する。冬は温帯に移動。日本では「冬鳥」だが、北海道や北日本の山地では少数が繁殖する「留鳥」。巣は水辺近くの茂みの中。水辺なら淡水にも海水にも住む。
形 態 体長約60p。繁殖期のオスは黄色い嘴、頭部は緑色、白い首輪、胴体は灰白色と黒褐色。メスはくちばしが橙と黒、ほぼ全身黒褐色の地に黄褐色のふちどりがある羽毛。非繁殖期のオスはメスに似るが嘴の黄色で見分ける。
食 物 植物や穀物、貝など。水面を泳ぐのは上手だがもぐるのは苦手。水中に首を突っ込んだり逆立ちして餌をとる。
夢見定食 フラミンゴ舎に住み、カルガモと一緒にフラミンゴの餌をお裾分けして貰っていました。
備 考 寿命は野生で10年前後、飼育下で約20年。アヒルの先祖。アヒルとマガモのかけあわせがアイガモ。人になつきやすい。



2006/11/12
右翼外傷のマガモ(オス)が保護されました。

2006/11/16
水禽舎(フラミンゴ舎)に移されました。右翼が落ちているので復帰は難しそうで、カルガモ♀と一緒に、ずっとここで暮らすことになりそうです。

2006/11/18
警戒心からか藪に隠れ、いくら探しても見つかりません。食事は暗くなってから食べているようで、ここに慣れるまで待つしかなさそうです。

2006/11/27
なかなか姿を見せてくれません。マーコール舎の隣入口を入ってすぐ左の藪【写真左:カルガモの左後、ヤツデの根本】に隠れているそうで、閉園直前(午後4時頃)に姿を見せることがあるそうです。「ブログ「動物園からの手紙」 2006/11/25」と、「夢見zooにいってきたよ(2006/11/25)」が撮影に成功しました。

2006/12/02
ようやく馴れてきたようで、姿を見せるようになりました【写真右: 手前がマガモ、奥はカルガモ】。
  

2007/11/01
怪我からの復帰は難しいと見られていましたが、31日、自分でフラミンゴ舎を離れ野生に戻りました。1年近く療養の後の自主退院ということになります。

    
 

2009/09/21
ここしばらく夢見からマガモは姿を消していましたが、事務所内に外から見えるように剥製が飾られていました【写真上左】。

2012/10/08 秋の動物園まつり
慰霊塔広場には「動物ふれあい広場」が設けられ、福田ファームのマガモがアヒルと一緒に参加してくれました【写真上中】。

2013/03/24 春の動物園まつり
慰霊塔広場前の動物ふれあい広場では、この春も高津区の福田牧場からアヒルやマガモがやってきました【写真上右】。

This home page is written in Japanese.
Copyright © 2021 Misato World. All rights reserved.