公式HP 夢見ヶ崎動物公園 > 夢見の動物 公式FB  

ネコ
Cat

最新情報 2029 2028 2027 2026 2025 2024 2023 2022 2021 2020
2019 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010
2009 2008 2007 2006 2005 2004 2003 2002 2001 2000

Profile

夢見ヶ崎動物公園がある加瀬山一帯、慰霊塔前広場、売店、了源寺とその墓地、夢見ヶ崎公園、丘陵の斜面などに沢山のネコが住んでいます。野良ですが、みんなに可愛がられ、おっとりしています。冬の日中は日溜まりに集まり日光浴している姿を見受けます。

名 前 ネコ(猫、イエネコ)
分 類 ネコ目(食肉目)
学 名 Felis silvestris catus
英 名 Cat, Domestic cat
特 長 ネズミをとるために飼われたヤマネコ Felis silvestris が家畜になったもので、分類学上はヤマネコの1亜種。

    
  

2004/03/05
陽だまりのネコ。兄弟でしょうか【写真上左】。

2005/02/05
了源寺墓地脇で憩うネコたち【写真上中】。

2005/11/17
慰霊塔前広場脇のベンチにて【写真上右】

2009/11/03
今年の木枯らし一番が吹いた日、慰霊塔前広場のネコたちは、風の来ない陽だまりでぐっすり昼寝を楽しんでいました。これから寒い冬を迎えるため無事に生き延びて欲しいものです【写真左右】。
  
  
  

2010/02/20
動物公園裏の入口の坂の下では、コマ犬ならぬコマネコみたいな恰好で日向ぼっこしていました【写真上左】。

2010/12/29
前の冬を生き延びたネコは、長い暑い夏のあと再び冬を迎え、仲間と一緒に日中は陽だまりで過ごしていました【写真上中】。

 2011/07/09
梅雨が明け猛暑到来。陽射しの強い午後、ネコたちも涼しそうな日陰を選んで一休みです【写真上右と下左】。


2011/10/15
涼しい秋到来。でもネコたちは相変わらずここではのんびり過ごしています。餌が充分に行き渡っているようで、加瀬山で痩せたネコは見かけません【写真上中】。

2011/11/20
迷いネコ「ななひめ」捜索中のビラが、富士見デッキ脇のトイレの壁に張り出されました【写真上右】。5ヶ月過ぎてもまだ見つからないようで、飼い主さんの切実な思いが伝わってきます。

  

2012/01/14
ここに野良で住み着いているネコのなかには、白地に黒と茶の混じったのがいます。よく見ると結構面白い模様をしていました 【写真上左】。

2012/06/17
日曜日の午後、前日の雨も上がり暖かい陽射しを受ける慰霊塔前広場のベンチでぐっすり眠るネコ。近づいても気づきません 【写真上中】。

2012/06/30
了源寺前でくつろくネコ。ふかふかのベッドが気持ち良さそうです 【写真上右】。


2012/10/27
いつもなら人通りの多い正面入口への通路、ピコリーノの居場所から売店の間の道は、園内が舗装工事のため、ところどころ来園者立ち入り禁止の場所があります。休日は工事が休みなので、そこが野良たちにとって恰好の休み場所になります【写真上左】。

2012/11/24
夢見ヶ崎動物公園への来園者は展示された動物だけが目的とは限りません。動物公園のある加瀬山一帯に住みつく沢山の野良たちがお目当ての人も多いのです【写真上中】。毎日餌を運んでくれるパトロンも居り、ここの野良たちは幸せです。

2012/12/01
夕方、枯葉降りしきるなか、サンタ姿に変身したピコリーノの傍らで、人待ち顔の野良【写真上右】。

  

2013/01/19
慰霊塔前広場の小山でくつろぐネコ【写真上左】。この小山に登るトイレ前からの階段の途中で、スカイツリーと東京タワーを同時に眺めることができますが、樹木伐採中のためか、現在は縄が張られ立ち入り禁止になっています。

2013/06/08
ようやく暖かくなり、ネコたちも冬の寒さから開放されのんびりしています【写真上中】。

2013/07/13
暑い暑い!動くのが面倒。顔なじみのこの子は、近づいても上半身は一応起すものの、下半身は寝たままです【写真上右】。


2013/08/25
金網のうえに器用に乗ったまま、下にいる子猫をじっと見守る慰霊塔前広場のネコ【写真左】。

2013/09/11
今まで見掛けたことのない仔猫を発見【写真上中】、撮影しているとさらにもう一匹出てきま した【写真上右】。最近ここで産まれたのか、あるいは捨てられてしまったのかわかりません(島貫様)。


2013/09/14
売店横の石垣付近にいる小猫。兄弟2匹いつも一緒のようです。人懐っこく訪園者の人気を集めています【写真上3枚】。


2013/10/12
売店右横の石垣上の茂みで、しばらく見かけなかった小猫2匹が戻ってきました【写真上左】。

2013/10/19
今日は1頭だけでした【写真上中】。もう1頭はどうしたのでしょう。売店右横の茂みには、他にも小猫が何頭かいました。カラスなどの攻撃を避けるためのようです。大きくなると売店前のベンチで餌をくれる人を待ちながら日向ぼっこするようになります【写真上右】。


2013/10/26
茶の小猫は今日も1頭だけで売店の前にいました【写真上左】。

2013/11/03
茶の小猫は少し大きくなり、今日も売店右脇の茂みの前にいました【写真上中】が、そのすぐ前に生後間もない目脂だらけの黒の小猫が【写真上右】。2頭はいつも一緒にいるようです【写真下左】。


2013/11/09
慰霊塔前広場、新川崎駅方面の小高い岡(加瀬山山頂?)にいた茶と白の猫【写真上中】。売店横の藪に住む小猫と母猫。来園者差し入れの餌を美味しそうに食べていました。その奥には、先週いた黒い小さな猫の姿はなく、その親らしい黒猫がいました【写真上右】。

2013/12/07
茶の小猫は随分大きくなりました。相変わらず売店の少し上の植え込み付近にいます。人にも随分慣れていることから来園者に可愛がられているのがよくわかりますし、この小猫目当てに来園する人も多いようです【写真左】。ホンシュウジカ舎の前、浅間神社と熊野神社のあいだ付近で見かけるネコ。茶の小猫ほど人には馴れていないようです【写真右】。

  

2014/01/01
ネコへの餌やり後の、後片付けをしない人が増えたため、展示動物などへの感染症が広まる恐れが出てきました。そのため動物公園から注意を呼びかける貼り紙が出されています【写真上左】。人も動物も24時間出入り自由で、自然とも共棲する夢見ヶ崎動物公園ゆえの悩みです。

2014/01/18
去年生まれた小猫たちは随分大きくなりました【写真上中と上右 1/11 撮影】。人気独占?の茶の小猫は、最初は3匹いたそうです。それが2匹になり、去年の秋に現在の1匹になったそうです。


2014/02/01
ピコリーノの傍でじっと誰かを待っているネコ。ペルシャとシャムをミックスしたような姿で、加瀬山の野良のなかでも人気があるようです【写真上左】。

2014/03/01
裏入口、天照大神社の椿の植え込みから出てきたネコ。呼ぶと「ニャー」と返事しました【写真上中】。売店付近にいる大きくなった茶の小猫は「チャッピー」と呼ばれているようです。


2014/03/08
閉園近く「チャッピー」が売店裏から出てきて道を横切り、向かいの植え込みで昼寝を始めました【写真上左】。

2014/04/26〜27
裏入口上の天照大神の境内にいるネコ【写真上中】。加瀬山でよく会う面々【写真上右と下左】。


2014/06/08
了源寺前の草むらでじゃれるネコ【写真上中】と、墓地脇の植え込み前にいたネコ【写真上右】。


2014/06/21
売店裏のネコ【写真上左】。

2014/07/12
熱い日ざしを避け、売店裏の茂みで眠るネコ【写真上中】。

2014/11/08
了源寺前、ネコ好きが集まるベンチのある区画で人待ち顔のネコ【写真上右】。

2014/12/10
ネコがプレイリードッグに興味を持ったのか、しばらく眺めていました【写真左】(島貫様)。

2014/12/16
16日(火曜日)、了源寺の山門で雨宿りする6匹の猫たち【写真右】(島貫様)。

  

2015/01/24
了源寺前の草むらで日向ぼっこのネコ。現在、夢見ヶ崎動物公園を含む加瀬山には野良猫が35匹いるそうです【写真上左】。

2015/02/28
売店の裏の樹の幹にネコが登ってじっと辺りを眺めていました【写真上中】。

2015/03/14
ピコリーノの前を悠々と横切り、加瀬山斜面を下って行ったネコ【写真上右】。了源寺前のネコ溜まりでは、3頭がのんびり日向ぼっこです【写真下左】。


2015/05/16
春から初夏の気候となり、暑さに弱いネコは、了源寺前の緑のトンネル%烽フ日陰で過ごすようになりました【写真上中】。

2015/06/06
了源寺入口前の向かいにある墓地、五輪の塔前にいた茶と白のネコ2匹【写真上右】。

2015/08/26
天候が悪い時にありがちですが、売店前に野良猫4匹集合です【写真右】(島貫様)。
  

2015/10/31
いつも売店前にいるネコは、秋の実り、上から落ちてくるドングリを一生懸命頬張っていました【写真上左】。

2015/11/13
売店前ではいつもこのネコたちを見かけます【写真上中】。

2015/12/12
売店前で人待ち顔のネコ【写真上右】。

  

2016/01/08
富士見デッキから熱心に富士山の方向を眺めるネコ【写真上左】。

2016/01/27
日中、久しぶりに暖かかったので、気持ちよさそうに日向ぼっこしながら微睡むネコが見られました。【写真上中】は竹藪の上あたりで。【写真上右】は売店を過ぎた動物公園入口付近で撮影。(島貫様)


2016/02/04
売店前の植え込みの下で日にあたりながら熟睡するネコ【写真上左】。

2016/04/02
売店裏の茂みで、こちらを窺うネコ【写真上中】。

2016/08/27
オウム・インコ舎の前の樹にこのような掲示が【写真上右】。

2016/09/18
慰霊塔前広場のネコ【写真左】。

2016/10/01
売店前(現在休業中)にいつもいるネコ【写真右】

  
  

2017/01/02
陽だまりでぐっすり眠るネコ。呼んでも起きようとしません【写真上左】。

2017/04/28
旧売店前のベンチでぐっすり眠るネコ【写真上中】。

2018/11/17
旧売店下、山腹への道にいるネコ【写真上右】。

  

2019/09/21 & 22 猫と夢見る絵本の世界へ
NPO法人はたらくらすの、「夢見ヶ崎の夢見る絵本展」が21日(土)から23日(月)、コトニアガーデン新川崎の地域交流室で開催されています(入場無料)。会場では、絵本、絵本の原画や制作の意図などが展示されています【写真上左】。
絵本のモデルになった「ブサ」はそれを知ってか知らずか、今日も旧売店前のベンチで日向ぼっこ、訪園者に可愛がられていました【写真上中】。
加瀬山には「ブサ」を始め多くのノラがおり了、これは源寺前で見かけたノラです【写真上右】。

2018/12/16
加瀬山の野良猫。お腹の大きいネコが出始めました【写真左】。
  

2021/07/03
熊野神社入口で人待ち顔のネコの「ブサ」またはその兄弟。子供が来て頭を撫でていました【写真左】。
  

This home page is written in Japanese.
Copyright © 2021 Misato World. All rights reserved.