公式HP 夢見ヶ崎動物公園 > 夢見の動物 公式FB  

オカメインコ
Cockatiel

最新情報 2019 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010
2009 2008 2007 2006 2005 2004 2003 2002 2001 2000

Profile

2003年以前は、現在、ヨウムがいるところに、セキセイインコ、ダルマインコなどと一緒にオカメインコもおり、来園者にもよく慣れていました。クロオカメ【写真左】のほかに、シロオカメもおり、ここで繁殖もしていましたが、小型、中型のインコ、オウムが次々と姿を消し、2003年ころから大型のもののみ飼育されています。

名 前 オカメインコ (阿亀鸚哥、片福面鸚哥)
学 名 Nymphicus hollandicus
英 名 Cockatiel
分 類 オウム目オウム科オカメインコ属
分 布 オーストラリア
特 長 オウムの仲間では最小。尾が全長の半分を占める。精神状態によって冠羽を立てたり寝かせたりする。



ケージの屋根で今日も独唱会2009/09/29
写真のクロオカメは、ここで生まれ、ヒナのとき、ヨウムに右目をやられた「ぴーちゃん」です。左目だけになってから、ずっとバックヤードで育ちましたが、縁あって、いまでは「みさとワールド」で暮らしています【写真左右】。
成鳥になるまで動物園育ちだったため、手乗りではありませんが、人にはよく慣れており、加瀬山の自然に接する期間も長かったため、季節に応じあらゆる野鳥の鳴きまねをして楽しませてくれます。
  

2011/02/17
いまから10年ほど前、現在のヨウム舎は、ヨウム以外にセキセイインコなどの小型、中型のインコ類が共存していました。ここで生まれた恐らく最後の生き残りと思われるオカメインコのピーちゃんが、16日の晩、亡くなりました。これで夢見育ちの小型、中型インコ類は全部姿を消したようです。

This home page is written in Japanese.
Copyright © 2021 Misato World. All rights reserved.