公式HP 夢見ヶ崎動物公園 > 夢見の動物 公式FB  

  夢見の動物 ピコリーノ
Picolino
夢見の動物  

最新情報 2029 2028 2027 2026 2025 2024 2023 2022 2021 2020
2019 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010
2009 2008 2007 2006 2005 2004 2003 2002 2001 2000

Profile


名 前 Picolino (ピコリーノ)
由 来 語源はイタリア語の「Piccolino ピッコリーノ (おチビちゃん)」からきているのでしょうか。
分 布 動物公園正面入口、トーテムポールを過ぎ、売店に向かう途中左の車道と歩道の間。
特 長 着るものは季節により違うようです
来 園 2006年ころ?
Twitter ピコリーノを販売する (株) サンポールの公式 Twitter: https://twitter.com/Picolino_Sun


  

2010/06/19
スズメに似た姿ですが種別は不明。いつも歩道の手摺に、この4羽がちょこんと乗ったものが3つ並んでいます。SunPole Picolino と表示されています。ピコリーノ(?)には親切なフアンがいて、季節により着るものを変えて着せています。現在の夏服?は碇の図柄なので「カモメの水兵さん」をイメージしたものでしょうか。「ありがとう」とあるのは、動物公園から、ピコリーノに服を着せてくれたかたへの感謝の気持ちのようです【写真上左】。

2010/07/12
ピコリーノは、広島にある潟Tンポールが製作販売しているもので、同社のカタログには「車止め(小鳥付)」として記載されています。特定の鳥をイメージしているわけではなさそうです。ピコリーノは日本各地に設置されているため、あちこちで親しまれているようです。

2010/10/02 早くも冬支度のピコリーノ
本当に暑かった今年の夏もようやく終わったようです。出遅れたカナカナはまだ鳴いていますが、彼岸花も咲き、朝夕は涼しくなってきました。夏暑かった分、今年の冬は寒いのでしょうか。それを見越したかのようにピコリーノたちは早くも夏の涼しいユカタ姿?から、本格的な冬支度、暖かそうな毛糸のマントに着替えました【写真上中】。

2010/11/13 暖かそうなサンタさん姿になったピコリーノたち
暖かそうな衣装に衣替えしたピコリーノたちでしたが、本格的な寒さに備えてか、赤と白のもっと暖かそうな服装に変わりました。サンタさんのイメージのようです【写真上右】。

  

2011/01/09
昨年末の赤と白のサンタさん姿から、全員、暖かそうな新春の装いに着替えていました【写真上左】。幸せなおチビちゃんたちです。

2011/03/05
桜の季節に相応しいピンクと白の春の装い【写真上中】に替わりました。

2011/04/30
ゴールデンウイークを前に、ブルーの衣装2種類に替わりました【写真上右】。


2011/06/04
初夏の装いになったピコリーノたちが降り注ぐ木漏れ日を見上げていました【写真上左】。

2011/07/09
夏の装いが一部変わり涼しそうな姿になりました【写真上中】。

2011/08/27
残暑続く中、ピコリーノたちは、赤と白の、この夏、もっとも涼しそうな姿になりました【写真上右】。


2011/09/04
ピコリーノがまたまた変身して、ちょっぴり秋を思わせる服装になりました【写真上左】。

2011/10/01
今度は青と白の服に変わりました【写真上中】。

2011/10/29
再びシックな秋の装いに戻りました【写真上右】。

2011/11/20
冬を前に、ピコリーノたちはサンタさんに変身。通りかかった子供たちは興味津々で眺めていました【写真右】。

2011/12/29 小鳥像“晴れ姿”夢見ケ崎動物公園/川崎
 川崎市夢見ケ崎動物公園(幸区南加瀬)内にある金属製の小鳥像「ピッコリーノ」が、暖かそうな毛糸の服に包まれている。27日にはクリスマス用から正月用に衣替えされており、迎春準備も万全のようだ。
 ピッコリーノは、公園入り口にある三つの車止め用ポール上に計12羽止まっている。スズメに似た姿で、体長は11センチ。
 服を着用するようになったのは4、5年ほど前から。よく公園を訪れる高齢の女性が自発的にプレゼントしている。女性の氏名は不明。公園側は、ポール上に「ありがとう」のテープを貼り謝意を伝えている。
 服は季節に応じて年5〜10回ほど着せ替えられるという。27日朝には、門松をイメージさせるような緑色に金糸や銀糸も編み込まれた正月バージョンの服に替わっているのを公園職員が確認した。
 来園する子どもたちにも人気になっており、柾一成園長は「好意でプレゼントしてもらってありがたい。心が和みます」と話していた(カナロコ 2011/12/29)。

  

2012/01/28
新春を迎えたピコリーノたち。お正月の晴れ着からガラリ変わってこのように華やかな姿になりました。リオのカーニバルの音楽が聞こえてきそうです【写真上3枚】。


2012/02/04
新しい服に変わっていました【写真上左と上中】。今度は冬本番用の温かそうな服装です。

2012/03/11
梅や桜に合わせたピンクの服装になりました。それを待っていたかのように、富士見デッキの河津桜も咲き始めました【写真上右】。


2012/04/28 & 04/29
ここには3つの車止めに上に、それぞれ4羽のピコリーノがいます。今回は、3つの車止めごとに違う色、青、赤、紫の服を着たピコリーノが並びました【写真上3枚】。


2012/05/12
新緑の季節の合わせ、ピコリーノたちは周りの木々に溶け込むかのように鮮やかな緑の衣装に変わっていました【写真上左】。

2012/06/10
6月1日から日曜日を除き、加瀬山斜面を含む動物公園内の通路や側溝の整備工事が始まりました。今日は富士見デッキと裏口通路、園内通路の一部、赤と白に衣替えしたピコリーノたちがいる正面入口の通路の一部も閉鎖されていました。工事は9月28日まで続きます【写真上中】。

2012/07/07
夏向けの涼しい服装に変わりました。園内の舗道が工事中のため、毎日、網の間から工事現場を眺めています【写真上右】。


2012/07/22
園内の工事は続き、ピコリーノが乗っている柵に道案内板が引っ越してきました【写真上左】。

2012/07/28
蝉時雨のなか、夏休みスタイルに衣替え【写真上中】。

2012/09/22
今週は残暑続くなか、ちょっぴり秋の気配を感じるようになりました。思いがけずも工事現場の監督を務めているピコリーノも、いつの間にかシックな秋の服装に変わっていました【写真上右】。


2012/10/06
ようやく秋らしい涼しさになってきました。ピコリーノたちもいままでの夏モードから、ちょっぴり秋らしい白と赤のお揃いの服に変わりました【写真上左】。

2012/10/21
秋本番。先日の装いより、ちょっと温かい服に変わりました【写真上中】。でも、前の鉄条網は取れず、相変わらず工事現場の監督を務めています。

2012/11/10
ピコリーノの目の前で行なわれている舗装工事も山場に差し掛かったようです。ピコリーノの頭の上では秋の紅葉が始まり、気温も涼しくなってきました。そして服装もいままでより温かそうなものに変わりました【写真上右】。


2012/12/01
12月を迎えピコリーノは恒例のサンタさん姿に変身しました【写真上左】。その傍らには加瀬山の表参道(正面入口道)とその脇の古墳のある斜面をねぐらとするネコが枯葉降りしきるなか人待ち顔でじっと道路の先を見ながら座っていました【写真上中】。

2012/12/29
今年の正月のにぎやかなフラメンコ調と違い、着物を思わせるしっとりしたすがたでお正月を迎えるピコリーノたち【写真上右】。

  

2013/02/17
大寒が過ぎ、慰霊塔前広場の梅が咲き、春の足音がだんだん近づいてきました。ピコリーノたちも、ときおり降る春の淡雪にマッチする梅の花に合わせたかのような薄いピンクの衣装に替わっていました【写真上左】。

2013/03/09
暖かくなってきました。ピコリーノたちの衣装も、スミレの花を思わせる薄いブルー系に替わっていました【写真上中】。

2013/04/13
桜の開花に合わせ白、薄いピンク、濃いピンク3色の桜の花模様になっていました【写真上右】。


2013/05/04
白と緑の服で新緑に溶け込んでいました【写真上左と上中】。

2013/06/02
赤と白、ブルーと白の涼しそうな服装に替わっていました【写真上右】。


2013/07/13
恒例、盛夏のもっとも涼しそうな服に変わりました。【写真上左】。

2013/08/03
蝉時雨のなか、今度は赤【写真上中】とグリーンのこれも涼しそうな衣装です。

2013/09/28
まだセミは少し鳴いていますが朝夕はめっきり涼しくなりました。ピコリーノたちは白地に青と赤の秋らしい服装に変わっていました【写真上右】。


2013/10/19
急に秋らしくなってきました。ピコリーノたちはいつの間にか、以前より暖かそうな、みんな同じ服装に変わっていました【写真上左】。

2013/11/09
雨の日が続き早朝の気温は10℃を割りそうな勢いです。ピコリーノたちの服はこの季節にマッチした明るい茶の暖かそうなものに替わっていました【写真上中】。

2013/12/07
12月に入り、ピコリーノたちは恒例のサンタさんと雪を表す純白の師走の服装に変わりました【写真上右】。

  

2014/01/01
お正月らしい金色の服を着せてもらったピコリーノ【写真上左】。

2014/02/01
ピコリーノの傍でじっと誰かを待っているネコ。ペルシャとシャムをミックスしたような姿で、加瀬山の野良のなかでも人気があるようです【写真上中】。

2014/02/22
「春よ来い早く来い」みんな温かそうな姿で春を待っていました【写真上右】。


2014/03/01
3月に入り、3組のピコリーノたちは、それぞれ白【写真上左】、赤【写真上中】、青【写真上右】の春らしい衣装になりました。


2014/04/05
本格的な春を迎え衣替えしたピコリーノたち【写真上左】。

2014/05/03
新緑の季節にぴったりの服装になったピコリーノたち【写真上中】。

2014/06/08
本格的な夏の服装に衣替えしたピコリーノたち。じっと梅雨空を見上げていました【写真上右】。


2014/07/27
7月は園内整備工事区域内にピコリーノが居たためか、着替えは見送られたようです。7月半ば過ぎ、6月の服装が外され、ここへ来たときの姿になりましたが、これぞ真夏の姿かも知れません【写真上左】。

2014/08/03
第三期園内整備工事が終わり、加瀬山中腹へ抜ける散歩道を閉鎖していた柵が撤去され、ピコリーノの前にも行けるようになりました。それを待ちかねたように、さっそく新しい盛夏用の服装になりピコリーノたちも嬉しそうです【写真上中】。

2014/09/06
9月に入り朝晩は涼しくなりました。ピコリーノたちの服装も全身を被う赤と白のものになりました【写真上右】。


2014/10/04
10月、ピコリーノたちの秋の装いです【写真上左】。2種類の衣装がわかりますか?

2014/11/02
この時期ぴったりの暖かそうでファッショナブルな装いに【写真上中】。

2014/11/29
11月の終わり、雨の中、ピコリーノたちは、もう年末恒例の白一色と赤と白の衣装に着替えていました【写真上右】。

2014/12/06
枯葉散る中、来園者を出迎え、見送るピコリーノたち。

2014/12/27
クリスマスが過ぎ、ピコリーノたちの服は新年を迎えるすがすがしい緑と白に代わりました。
  
  

2015/02/28
今までの衣装が、より華やかなものになりました【写真上左】。

2015/03/07
今日は向かい合って何を話しているのでしょう【写真上中】。

2015/03/29
春です。夢見ヶ崎動物公園のある加瀬山の桜の開花に合わせ、白とピンクのきれいな服を着せてもらい、みんな嬉しそうです【写真上右】。

2015/05/03
ピコリーノたちは若葉の季節にぴったりの服になりました【写真左右】。
  

2015/05/16
今月のピコリーノは、3つの柵それぞれ違う色の服を着ています【写真上2枚】。


2015/05/30
強い陽射と暑さのなか、ピコリーノたちは緑と若葉色のリボンという身軽な真夏の服装になりました【写真上左】。

2015/07/04
梅雨空のもと、ピコリーノたちはご覧のようなシックな服装に【写真上中】。

2015/07/25
梅雨が明け、ピコリーノの服装に白いレース状のものが加わりました【写真上右】。


2015/09/05
「あれ上から何か」【写真上左】。「きれいな色の毛虫君、君はどんな蝶になるの?」【写真上中】。

2015/09/06
ピコリーノたちの秋の始めの装いは、白とピンクでした【写真上右】。


2015/09/21
ピコリーノの衣装が、網目のざっくりしたより暖かそうなものになっていました【写真上中と上右】。


2015/10/03
ピコリーノの一部が、茶の秋らしい衣装に替わりました【写真上左】。

2015/11/07
ピコリーノ全員が薄茶の晩秋らしい服に替わりました【写真上中】。

2015/12/02
師走に入り、恒例のサンタ姿になったピコリーノたち【写真上右】。


2015/12/26 & 29
クリスマスが終わりお正月の賑やかな服装になったピコリーノ【写真上3枚】。

  

2016/03/05
ピンクとブルー、軽やかな春の衣装に着替えたピコリーノたち【写真上左】。

2016/03/20
春の動物園まつりを前に桜をイメージした?服に着替えたピコリーノ【写真上中】。

2016/04/10
自転車をしっかり見張るピコリーノたち【写真上右】。


2016/04/23 & 26
黄色と白の服に衣替えしたピコリーノたち【写真上左】。

2016/06/25
衣装が黄と緑、青と白の組み合わせです【写真上中】。

2016/07/16
尻尾にリボンをつけ夏の装いになったピコリーノたち。そろそろ梅雨明けでしょうか【写真上右】。


2016/09/02
7月からの夏の衣装に加え、文字入りの白いリボン姿が加わりました【写真上左】。

2016/09/03
そして、翌日には全員衣装なしの姿に【写真上中】。

2016/09/18
秋の装いになったピコリーノ。この秋の流行は黄色でしょうか。17日にはこの服に替わっていました【写真上右】。


2016/09/27
4羽並んだ真ん中の2羽は黄色に白が入ったものでした【写真上左】。

2016/11/05
秋も深まり、ピコリーノは温かそうな服装に衣替えです【写真上中】。

2016/12/03
今年も師走に入り、ピコリーノはお約束のサンタ姿で登場です【写真上右】。

2016/12/29
お正月の晴れ着姿になったピコリーノたち【写真右】。

  

2017/02/19
2月の服装になったピコリーノ【写真上左】。

2017/03/11
ピコリーノの衣装がいかにも春らしいものになってしました【写真上中】。

2017/05/06
衣装が替わりました。黄色または黄色地に白のものです。例年、春か秋の服装です【写真上右】。


2017/05/30
ピコリーノ。白地にブルーまたは赤の衣装に替わりました【写真上左】。

2017/07/22
真夏の服になったピコリーノ。かわいいハートのリボンです【写真上中と上右】

2017/09/09
6月と同じ服に戻りました【写真上左】。


2017/10/07
秋らしいシックな服に替わりました。暖かそうです【写真上左】。

2017/11/11
ピコリーノの服が新しくなりました【写真上中】。

2017/12/09
12月に入りピコリーノたちは恒例のサンタさん姿になりました【写真上右】。

2017/12/16
動物公園正面入口への道左脇にいるピコリーノ【写真右】。
  
  

2018/01/02
正面入口への道で晴れ着姿のピコリーノ【写真上左】。

2018/02/11
2月の象徴、雛祭りを思わせる服装のピコリーノ【写真上中】。

2018/04/14
菜の花を思わせる春の装いになったピコリーノ【写真上右:2018/04/21撮影】。


2018/05/12
新しい服になったピコリーノ【写真上左】。

2018/06/09
初夏を迎え衣替えしたピコリーノ。木漏れ日のもと白と緑が映えています【写真上中】。

2018/07/07
真夏の最も身軽な服装になったピコリーノ。青地と白地にハートのマークが【写真上右と下左】。


2018/09/22
長かった夏が去り、ようやく秋の服装になれたピコリーノ【写真上中】。

2018/11/02
暖かそうなピンクの服装になったピコリーノ【写真上右】。


2018/11/11
ピコリーノの服装が暖かそうなものに変わりました【写真上左と上中】。

2018/12/01
まだ温かいものの今日から冬、ピコリーノたちも恒例の姿に【写真上右】。

2018/12/29
お正月の姿になったピコリーノたち【写真左】。
  
  

2019/04/06
春を迎え桜吹雪を浴びるピコリーノの服装もこのように【写真上左】。

2019/06/01
衣替えしたピコリーノ。周りの新緑と見事な調和を見せています【写真上中】。

2019/11/03
ピコリーノの服が替わりました【写真上右】。
  
  

2020/03/21
服をなくしたピコリーノに新しく白い服が届きました【写真上左】。

2020/06/20
新しくなったピコリーノの衣装【写真上中】。

2020/08/08
現在のピコリーノにこの服も加わっています【写真上右】。

  

2021/01/27 ピコリーノを生んだサンポールが創立50周年に
 夢見フアンにはお馴染みの、正面通路にいるピコリーノ(車止め)は、株式会社サンポールの製品です。同社は広島市内の瀬戸内海沿いにあり、2020年9月24日、創立50周年を迎え記念誌を刊行、記念のピコリーノも製作されました【写真上左】。記念のピコリーノには「ピコリーノ 大事な役目はあるけれど、見る人の心もホッとさせる『夢と機能の融合』、どんな時代になってもこの心は忘れたくない。Let's smile! 」 という言葉が添えられていました。

 ピコリーノの生みの親は、権藤千代子さん(元専務)【写真上右】で、子供が車止めに飛び乗り怪我をしないようにという思いから製作されました。
 広島から全国に巣立ったピコリーノは、神奈川にもたくさん飛来、50周年記念誌の COLUMN 欄では、江ノ電江ノ島駅、夢見ヶ崎動物公園、等々力陸上競技場のピコリーノが、そして色々なファッションのピコリーノたちが紹介されています【写真上中】。

 記念誌の夢見ヶ崎動物公園フアンサイト≠フ項では、夏はリボン、冬はサンタと季節ごとに≠ニいうタイトルで小鳥たちは、川崎市の夢見ヶ崎動物公園でも人気者。約17年以上前から心優しいフアンの方が服を着せ替えてくださり、まるで本物の動物のように親しまれています。季節ごとの装いを記録した姿は、フアンサイト「みさとワールド 夢見ヶ崎動物公園」に掲載されています≠ニ紹介いただきました【写真右】。

 ピコリーノはその後進化を遂げ、現在は鋳金作家、村中保彦先生のピコリーノが後を継ぎ、それ以外の動物もいるようです。詳しくは、ホームページ https://www.sunpole.co.jp/product-story/post-2429/ とツイッター https://twitter.com/Picolino_Sun で紹介されています。
 また2月28日(日)朝7時半〜8時、TBSテレビの「がっちりマンデー!!」に代表取締役社長の山根以久子さんが登場、サンポールとピコリーノについてお話しされます。
  

2021/04/24
これまでの20年で、初めて衣装を着ていない最近のピコリーノ。見慣れた姿がなくなり寂しくなりました【写真上左】。

2021/04/27 こんなところにピコリーノMAP
ピコリーノの製造元、株式会社サンポールは「こんなところにピコリーノMAP」を作成、夢見のピコリーノも紹介されています。
https://google.com/maps/d/u/0/edit?mid=1-ebQ5n3PcvzcJKdxd_qWrIhI3PxxQHEG&usp=sharing

2021/05/06
夢見ヶ崎動物公園正面入口から動物のいる区画に通じる通路にいるピコリーノ【写真上中】。

2021/07/03
若葉が梅雨でどんどん伸びる緑がもっとも美しい季節です。【写真左】は、正面入口のピコリーノ付近。

  

This home page is written in Japanese.
Copyright © 2021 Misato World. All rights reserved.