公式HP 夢見ヶ崎動物公園 > 夢見の動物 公式FB  

ウミネコ
Black-tailed gull

最新情報 2019 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010
2009 2008 2007 2006 2005 2004 2003 2002 2001 2000

Profile

名 前 ウミネコ(海猫)
学 名 Larus crassirostris
英 名 Black-tailed gull
分 類 チドリ目カモメ科カモメ属
分 布 東アジア(ロシア極東部、中国東部、台湾、日本、朝鮮半島)。アラスカ、北米北東部に流れ着くのもいる。留鳥だが冬季南下して越冬することもある。日本では北海道や本州北部で繁殖の個体群は南下する例が多い。沿岸部や河口、干潟などに生息。
形 態 全長 44-48cm、翼開張 120-128cm、体重500-600g。頭部、体下面の羽衣は白、体上面の羽衣は黒灰色。尾羽も白いが内側尾羽10枚の先端付近が黒いため、英名の black-tailed(黒い尾の)の由来になった。翼上面は黒灰色。黄色い嘴で先端は赤。後肢も黄色。
備 考 鳴き声がネコに似ていることからこの名になった。雑食性で、魚、両生類、昆虫、動物の死骸などを食べる。集団繁殖地(コロニー)を形成、日本では4-5月、2-3個の卵を産む。日本では、八戸市の蕪島、陸前高田市の椿島、女川町の江ノ島、酒田市の飛島、出雲市大社町の経島がウミネコ繁殖地として天然記念物に指定されている。



2012/10/08 秋の動物園まつり
バックヤードツアーの動物病院紹介で、保護され入院中しているウミネコの説明がありました。台風で流されてきたところを保護されたもので、まだ若い個体で、全快次第、自然に帰されるそうです【写真左】。

This home page is written in Japanese.
Copyright © 2021 Misato World. All rights reserved.