公式HP 夢見ヶ崎動物公園 > 夢見の動物 公式FB  

  夢見の動物 キビタイボウシインコ
Yellow-crowned Amazon
夢見の動物  

最新情報 2019 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010
2009 2008 2007 2006 2005 2004 2003 2002 2001 2000

Profile

ボウシインコ舎には4羽のボウシインコがいます。そのうち額が黄色いのがキビタイボウシインコで1羽います。そのほかにキエリボウシインコ2羽と、アオボウシインコが1羽います。物まねがじょうずです。

2011年11月始め、1羽増えて2羽になりました。
2016/04/07、1羽だけ展示の「サッチー」は、パナマボウシインコと判定されました。

名 前 キビタイボウシインコ(黄額帽子鸚哥)
学 名 Amazona ochrocephala
英 名 Yellow-crowned Amazon
分 類 オウム目インコ科
分 布 南アメリカ北部
食 物 ヒマワリ、麻などの種子、実、果実
夢見定食 キャベツ、小松菜、リンゴ、バナナ、ミカン、ヒマワリ

  
キビタイボウシインコ キエリ(左)とキビタイ(右)ボウシインコ キビタイボウシインコ

2005/02/12
1羽だけになりました。賑やかな小屋が急に寂しくなり、残されたキエリボウシインコと体を寄せ合っています。

2005/05/21
1羽戻り2羽になりました。

2005/07/30
5月に病院から戻ったのが亡くなり、1羽になりました。


2010/11/20
ボウシインコ舎では牢名主様として?、キエリボウシインコ2羽、アオボウシインコと一緒に住んでいます。小さな来園者の「おはよう」「バイバイ」などの呼びかけに積極的に応じ人気を博しています。

  

2011/07/30
キエリ2羽、キビタイ2羽またはキビタイとアオボウシ各1羽を確認。全員上の止まり木にバラバラで陣取りよく見えませんでした。

2011/08/06
今日いたのはキビタイとアオボウシ各一羽でした。

2011/08/10
ボウシインコ舎のキビタイボウシインコ(上左)。

2011/09/17
彼岸花が咲き、セミも鳴く夏の終わり、気持ち良さそうに半分寝ながら羽繕いしていました(上中)。

2011/11/05
1羽加わり2羽になりました(上右)。いままでいた1羽も仲間が増えて嬉しそうです(左)。アオボウシインコ?も1羽増えて、これでオウム・インコ舎の総勢は6羽になりました。

2011/12/03
相変わらずネズミが出没しています。オオホンセイインコ、タイハクオウム、シロビタイムジオウム、ボウシインコ舎内を繋ぐ側溝で3匹が走り回り、側溝の格子の隙間から舎内に入り込んで餌を食べています。建物の中心部からも1匹出入りしていました。


2012/04/30
ボウシインコは計6羽となり、3組のペアができ仲良く暮らしていますが、キエリボウシインコとキビタイボウシインコ、もう1羽のキエリボウシインコとアオボウシインコが仲良くなるなど、同じ種類のインコ同士でないのが面白いところです(右)。

2012/05/03
去年11月に来園したキビタイボウシインコとアオボウシインコは、区画整理で廃業した鳥獣店から来たものだそうです。
2012/09/15 & 09/16
2羽いるはずですが1羽しか見当たりません。もう1羽はどうしたのでしょう。

2012/09/20
先週姿を消したキビタイボウシインコ、2羽のうちの1羽は落鳥(亡くなった)とのことです。かなり高齢で内臓疾患があったことを、動物公園からメールで教えていただきました。合掌。

2012/11/22
8月1日〜10月31日の間にキビタイボウシインコ♂が1羽死亡しました(ゆめみにゅーす第26号)。

  

2013/01/26
キビタイボウシインコ(右)の毛づくろいをするアオボウシインコ(左)。この2羽はいつも一緒です【写真上左】。

2013/03/31
人恋しいらしくすぐに寄ってきてぼそぼそと喋る「キビタイボウシインコ」は私のお気に入りです。(島貫様)

2013/04/27
お隣同士で何か話し中のベニコンゴウインコ(左)とキビタイボウシインコ(右)【写真上中】。ベニコンゴウインコはいつもボウシインコ舎のほうを向き、反対隣のコバタン舎には見向きもしません。

2013/05/04
ボウシインコ舎は4羽体制となり、キエリボウシインコとキビタイボウシインコ【写真上右】、キエリボウシインコとアオボウシインコの2組のペアが誕生したようです。



2013/05/15
ボウシインコ舎のカップルですが、4羽体制の時のカップルに戻っていました。キビタイボウシインコとキエリボウシインコのカップルの様子です【写真上左】。(島貫様)

2013/08/31
ボウシインコ舎の5羽。左からキビタイボウシインコ、アオボウシインコ、キエリボウシインコ(後ろ向き。お腹が灰色の「チャベス」)、キエリボウシインコ、キビタイボウシインコ【写真上中】。

2013/09/14
物まねが上手でいたずら好きなキビタイボウシインコ。子供達がいくら一生懸命「おはよう」と呼びかけても知らん顔。それで諦め次の檻に行こうとすると後ろから「オハヨウ」と呼びかけるのが得意です【写真上右】。

2013/10/12 秋の動物園まつり
バックヤードにいたキビタイボウシインコ【写真左】。病気で入院したり、ボウシインコ舎の他のインコたちと相性が会わないときは、バックヤードにいることになります。

2013/10/26
ボウシインコ舎は相変わらず5羽ですが、今日は、キエリボウシインコ3羽、キビタイボウシインコ1羽、アオボウシインコ1羽でした【写真右】。以前いたキエリボウシインコのチャベスは見当たりません。

  

2014/03/07
ボウシインコ舎では1羽だけのキビタイボウシインコ【写真左】とアオボウシインコは、人恋しいのか近寄ると寄ってくることが多く、口笛でお隣のヨウムの相手をしているときにも寄ってくることがあります(島貫様)。

2014/06/08
最近のボウシインコ舎【写真右】。以前と違い、キエリボウシインコ3羽が一緒に固まり(左3羽、1番左が「チャベス」)、その右にアオボウシインコ、右端にキビタイボウシインコがいました。

2014/08/03
キビタイボウシインコは、アオボウシインコとともに、ここ、ボウイインコ舎では少数派です。寂しいときは隣のヨウムと仲良くなろうとしたり【写真上右】、来園者がくると構ってもらおうと寄ってきます【写真左】。

2014/08/07
現在いるキビタイボウシインコの名は「サッチ」というそうです(島貫様)。

2014/09/23
キビタイボウシインコの「サッチ」(左)と、アオボウシインコの「チコ」ちゃん(右)【写真右】。キエリボウシインコ3羽とは別に一緒にいることが多いようです。
  
  

2015/03/22 春の動物園まつり
バックヤードにいたキビタイボウシインコ。

2015/04/11
ボウシインコ舎を覗くと、奥の一番右にいた「サッチ」【写真上中】が、あっという間に飛んできて、目の前の格子にドシンと着陸?「遊んでくれる?」と期待に満ちた目でこちらを見ました。

2015/05/09
「サッチ」【写真左】は、あいかわらず来園者が大好きで、すぐに寄ってきます。

2015/06/08
ボウシインコ舎の食事風景です【写真右】(島貫様)。
  

2015/07/29
午前中、餌が待ちきれない様子のボウシインコたち【写真上左】(島貫様)。左から、キエリボウシインコ2羽(「ポー」ちゃんと「ピー」ちゃん?キビタイボウシインコの「サッチ」、アオボウシインコの「チコ」ちゃん。

2015/09/06
近頃ボウシインコ舎で流行るもの。それは止まり木の皮をむしって、ひもにする作業。この後夕鶴≠ンたいに機織が始まるのかな?【写真上右。左下、キエリボウシインコの「ポーチャン?」、上左、アオボウシインコの「チコ」ちゃん、上右、キビタイボウシインコの「サッチ」】

2015/09/19
【写真左】剥いた木の皮で遊ぶキエリボウシインコ(左。「ピー」ちゃんか「ポー」ちゃん)と、キビタイボウシインコの「サッチ」(島貫様)。
  

2016/04/07
いままでキビタイボウシインコに分類されていた「サッチー」は、パナマボウシインコと判定され、オウム・インコ舎の表示を変更後、7日、公式ホームページも訂正されました。以後の記録はパナマボウシインコの項をご覧ください。パナマボウシインコとキビタイボウシインコはよく似ており、額や後頭部(エリ)の羽色などで区別するそうですが、なかなか分かりにくいところがあります。

2016/11/20 秋の動物園まつり
動物病院にいるキビタイボウシインコ【写真右】(バックヤードツアー)。

This home page is written in Japanese.
Copyright © 2021 Misato World. All rights reserved.