公式HP 夢見ヶ崎動物公園 > 夢見の動物 公式FB  

  オオタカ チョウゲンボウ
Common Kestrel
アカオヒメシャクケイ  

最新情報 2029 2028 2027 2026 2025 2024 2023 2022 2021 2020
2019 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010
2009 2008 2007 2006 2005 2004 2003 2002 2001 2000

Profile

保護されたチョウゲンボウが、2006年5月29日〜2011年6月まで野鳥舎で展示されていました。この個体は、怪我も治り、リハビリが終了したため放鳥、多摩川方面に飛んで行きました。小さいながらも精悍、そして利発そうな表情が印象的でした。
野鳥舎は、野生の鳥のリハビリ用ケージです。怪我をして保護された野生の鳥が、ここで元気になり野生に復帰できるまで療養しています。
2017年5月、ニワトリ舎、右から2番目の元ショウコクがいた場所に篭脱けらしい保護されたチョウゲンボウが入りました。筋力が落ちているためここでリハビリを続けています。正式な展示でないためか、名前の表示はありません【写真左】。9月、ようやくチョウゲンボウの表示が出されました。


名 前 チョウゲンボウ
分 類 タカ目 ハヤブサ科
学 名 Falco tinnunculus
英 名 Common Kestrel
分 布 ユーラシア大陸、アフリカ大陸の低地から高山まで広く分布。日本では本州中部より北、北海道で留鳥。ほかの地域では冬鳥で市街地でも見かける。
特 長 翼の先が尖り、他のハヤブサより尾が長い。オスは頭と尾が灰色。メスは上の面が赤茶色で、全身に黒いこまかい模様がある。崖のくぼみ、木の穴、ビルなどに巣をつくり、空中でホバリング、急降下して獲物を捕らえる。
食 物 ノネズミ、小鳥、トカゲ、バッタなどの昆虫。



2006/05/29
チュゲンボウ1羽が、カケス、ツグミと一緒に、ここ野鳥舎に入園しました。不法に飼育されていたものが保護されたのだそうです。

2006/06/05
ここへ来て1週間が過ぎました。さすがに猛禽類らしく堂々としており、一緒にきたなかでは一番元気です【写真左】。
 
 
07/07/01 チョウゲンボウを威嚇するゴイサギ 07/07/07 チョウゲンボウとゴイサギ 07/11/03 チョウゲンボウ

2007/07/02
ここしばらくはゴイサギと一緒で、野鳥舎ではゴイサギより偉い地位でした。ところが、6月28日、サシバが入居、ゴイサギと一緒にサシバに遠慮していましたが、ゴイサギが「ゴイの乱」を起こし親分(牢名主)に就任、サシバと共にゴイサギに遠慮するようになり、時にはゴイサギに頭をコツンと突つかれています【写真上左】。

2007/07/07
野鳥舎では、再び、チョウゲンボウがトップの地位に就いたようで、一番高い枝に止まっていました。次いでゴイサギ、これでサシバが入居する前の状態に戻りました。これが野生の世界なら、一番威張るはずの?サシバは、新参者ゆえの悲しさで、ゴイサギの下のランクです【写真上中】。

2007/11/03
7月末にゴイサギが去り、一緒にいるサシバが大きくなったためか、野鳥舎ではナンバー2の地位にいますが、元気そうです【写真上右】。

  

2008/01/31
若いオスが保護されました。どこかで飼われていた疑いがあります。

2008/02/13
保護されていた若いオスは、採食不良で亡くなりました。

2008/04/19
しばらく野鳥舎の檻の前には住民紹介の表示がありませんでしたが、現在いる2羽「サシバ」と「チョウゲンボウ」が写真とともに紹介されるようになりました。

2008/09/23
サシバが居なくなり、野鳥舎はチョウゲンボウ1羽になりました【写真左】。

2009/05/16
利発そうな表情のチョウゲンボウ。野鳥舎にきて半年以上、野鳥舎はチョウゲンボウ1羽だけの状態が続いています【写真右】。

2009/06/26
去年9月に姿を消したサシバはバックヤードにいます。チョウゲンボウと折り合いが悪いため移されたようです。

 

2010/01/30
1羽になってから1年以上が過ぎましたが元気に暮らしています。相変わらず利発そうな表情をしています。多摩川の川原で仲間を見かけることがあります。

2010/02/20
今日は枝にとまらず、下でのんびりしていました【写真上左】。

2010/07/19
梅雨が開け陽射しの強い暑い日が続いています。今日はいつもの定位置とちがい、水道のうえの涼しい場所に陣取っていました【写真上中】。相変わらず賢そうな風格のある顔をしています。

2010/10/03
9月の終わりころから、いままでのように野鳥舎の高いところや奥に居るのではなく、比較的格子に近いところ、来園者のすぐ目の前にいることが多くなりました【写真上右】。

  
 

2011/04/02
今日は暖かいためか、元気よく羽をバサバサやっていました。春になり新しい毛に生え揃ったようです【写真上左】。

2011/06/04
野鳥舎から姿を消しました。「チョウゲンボウ」の表示もありません。他の鳥を入れるためバックヤードに下げられたのか、それとも落鳥(亡くなった)したのでしょうか。気になります。

2011/06/11
随分長いこと、この野鳥舎に居たたため、もう自然に還ることはない、と思っていたのですが、リハビリが終了、元気を回復したので、無事、自然に帰されました。本人(本鳥?)も、3食昼寝付の世界から突然自然に戻されたため、随分戸惑った様子だったそうですが、加瀬山の主、カラスに攻撃されることもなく、しばらく野鳥舎の近辺に滞在後、多摩川方面に巣立って行ったそうです。元気でね【写真上中 04/30 撮影】。

2012/03/18
春の動物園まつり「バックヤードツアー」で、保護されたチョウゲンボウの説明がありました。バックヤード内にある大きな檻を覗くと、それらしき鳥がじっとこちらを見ていました【写真上右】。


2017/05/27
ニワトリ舎、右から2番目の元ショウコクがいた場所に新しい猛禽類が。動物名の表示はありません。保護されたチョウゲンボウでしょうか【写真左】。

2017/06/08
「チョウゲンボウは衰弱してうまく飛べない状態で保護されたのですが、やや人馴れしていたことから野生個体ではない可能性が浮上したため、リリースせず今に至ります。現在も筋力が落ちた状態で好ましくないため、リハビリのため退院させ展示に出しました。今後、日本産である可能性が高まり、さらにリリース可能と判断されたら放鳥する可能性もありますが、今のところは全く決まっていません」(夢見ヶ崎動物公園)。

2017/06/11
ここに来て半月、現在の環境に慣れてきたようで、格子越しに人なつっこい表情を見せてくれました【写真右】。
 

2017/06/19
相変わらず人懐っこいチョウゲンボウ。来園者が近づくと向こうからも寄ってきてじっとこちらを見詰めます。眼が大きいため表情豊かに見えます【写真上左】。

2017/06/30
相変わらず人懐っこいチョウゲンボウ。大きな目で来園者にすり寄ってきます。しかし筋力回復中で今後の処遇未定のためか動物名の表示がなく「まあかわいい。なんていう鳥?」と来園者を悩ませています【写真上中】。

2017/07/08
カメラを近づけると好奇心一杯に近寄ってきました【写真上右】。


2017/07/24
好奇心が強く表情豊かなチョウゲンボウ【写真上左】。

2017/07/27
今日は羽ばたきの練習?をしていました【写真上中】。

2017/08/20
セミの声をじっと聴きながら体を動かしていました【写真上右】

2017/08/28
カメラを見てなんだろうと寄ってきました。まだ子供らしいあどけなさも感じられます【写真左】。

2017/09/09
展示が始まり3ヶ月あまり、ようやく名前の表示が出されました【写真右】。


2017/11/12 秋の動物園まつり
確認できませんでしたが、バックヤードにもチョウゲンボウがいるかもしれません(バックヤードツアー)。

 

2018/03/18
鳥インフルエンザの影響で鳥舎(ニワトリ舎)は透明なシートで外気と遮断されたままです。シート越しに中を覗くと一生懸命羽ばたきの練習をしている最中でした【写真上左】。

2018/04/07
相変わらず羽ばたきの練習に余念がないチョウゲンボウ【写真上中】。シート越しに見ているこちらに気づくと「なあに」といった人懐っこい表情をしました【写真上右】。


2018/05/03
鳥インフルエンザ対策用シートが外され、久しぶりに直接見たチョウゲンボウ【写真上左】。

2018/05/19
相変わらず羽ばたきの練習に余念のないチョウゲンボウ【写真上中】。

2018/06/09
今日は地面に近い石のうえにいました【写真上右】。


2018/07/21
最近奥の暗がりに引っ込んでいたチョウゲンボウが久しぶりに姿を見せました。足元が大人らしくなっていました【写真上左】。

2018/08/26
餌を食べるチョウゲンボウ。暑い日は奥の風通しの良い暗がりにいて姿を見せません【写真上中】。

2018/10/27
涼しくなり日射しが恋しくなったのか格子際にいるようになりました【写真上右】。

2018/11/23
奥の電燈の脇で暖をとるチョウゲンボウ【写真右】。
 
 

2019/01/19
鳥インフルエンザ対策のため透明シートに覆われた舎内のチョウゲンボウ【写真上左】。

2019/03/16
日光に向かい翼を震わせるチョウゲンボウ【写真上中】。

2019/04/06
温かい格子際で羽ばたきの練習を繰り返すチョウゲンボウ【写真上右】。


2019/05/14
鳥インフルエンザ対策のため透明シートが撤去され、チョウゲンボウの様子を直接見ることができました【写真上左】。

2019/06/23
去年と比べなかなか近くまで来てくれないチョウゲンボウ【写真上中】。

2019/07/13
外を眺めるチョウゲンボウ【写真上右】。


2019/07/21
餌の鶏頭を食べるチョウゲンボウ【写真上左】。

2019/07/27
チョウゲンボウ、舎内の奥で何を思う?【写真上中】。

2019/08/10
賢そうなまなざしのチョウゲンボウ【写真上右】。


2019/08/11
昨日に続き外を眺めるチョウゲンボウ【写真上左】。

2019/09/21
足に骨付きの鶏肉を挟み食事中のチョウゲンボウ【写真上中】。

2019/10/15
外を眺めるチョウゲンボウ【写真上右】。


2019/10/21
奥の止まり木で休むチョウゲンボウ【写真上左】。

2019/11/02
じっと遠くを見るような目をしたチョウゲンボウ【写真上中】。

2019/11/16
チョウゲンボウ【写真上右】。

2019/11/30
外を眺めるチョウゲンボウ【写真左】。

2019/12/12
チョウゲンボウが旧フサホロホロチョウ舎に引っ越しました。冬対策のためか格子に透明シータが張られ快適に冬を過ごせそうです【写真右】。


2020/05/08
閉園中の鳥獣舎。左からアカオヒメシャクケイ、チョウゲンボウ、オオタカ【写真左】。

2020/06/20
「体調管理のため、当面の間チョウゲンボウはご覧いただけません。」の掲示が出され展示が中止になりました【写真右】。
 

2020/09/03 チョウゲンボウの展示復帰
猛禽類は年に一度換羽しますが、その時期には体調を崩すことも多いです。
当園のチョウゲンボウも6月中旬に体調を崩し、病院に入院となりました。
チョウゲンボウは、鋭い爪と嘴を持ち、野生下ではカラスや自分より体の大きな猛禽類に対しても威嚇をするような、身体は小さくても気の強い猛禽類です。
治療の際は、我々も怪我をしないように革手袋やキャスティングジャケット(保定具)を用います。
猛暑の影響で再び体調を崩さないよう、退院のタイミングを見計らっていたため少し入院が長引きましたが、先週 無事に展示場に戻りました。
展示に戻ったチョウゲンボウは、久しぶりの止まり木の上でくつろいでいるように見えました。
写真1【写真上左】:展示に戻った初日のチョウゲンボウ
写真2【写真上中】:入院中の様子
写真3【写真上右】:キャスティングジャケット(保定具)を使用して体重測定
写真3【写真左】:流動食の強制給餌
(石川)(公式FB)

2020/12/19
鳥インフルエンザ予防のため鳥舎は透明シートに覆われていますが中では元気な様子です【写真右】。
 
 

2021/05/29
鳥インフルエンザ対策用のシートが外され、久しぶりに直接会えるようになりました。来園者が両手を広げてみせると、チョウゲンボウも大きく翼を広げます【写真上左】。

2021/06/05 
チョウゲンボウの展示が中止され「体調管理のため、当面の間チョウゲンボウはご覧いただけません。」の掲示が出されました。

2021/09/07 チョウゲンボウの展示再開
6月の始めにバックヤードで療養していたチョウゲンボウが戻ってきました【写真上中】。

2021/10/16 チョウゲンボウの展示復帰
換羽期に体調を崩して6月から入院していたチョウゲンボウ(♀きびちゃん)ですが、治療を経て体調が回復し、9月2日より展示場に戻りました。
チョウゲンボウは、その可愛い見た目から野鳥ファンの間では「猛禽界のアイドル」などと言われることもありますが、小さく可愛い見た目とは裏腹に鋭い爪と嘴を持ち、カラスや自分より体の大きな猛禽類に対しても威嚇するような気の強さがあります。
そこがまた魅力なのかもしれません。
入院中、我々が下手に近づくと「キキキ!」と鳴きながら爪で掴みにくることもありました。
食餌を用意しているだけなのに…
ワガママなお嬢様の世話をするような気分でしたが、とにかく威嚇するほど元気になり何よりです。
(石川)【写真上右】(公式FB)
 

This home page is written in Japanese.
Copyright © 2021 Misato World. All rights reserved.