公式HP 夢見ヶ崎動物公園 > 夢見の動物 公式FB  

  ブラウンキツネザル ワオキツネザル
Ring-tailed Lemur
エリマキキツネザル  

最新情報 2029 2028 2027 2026 2025 2024 2023 2022 2021 2020
2019 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010
2009 2008 2007 2006 2005 2004 2003 2002 2001 2000

Profile

学名は「猫に似たレムール」という意味があるそうです。尻尾に輪の模様があります。木の上だけでなく地上も飛び跳ねて歩きます。冬は太陽に向かい両手,両足を広げ日光浴します。大人のオスは両手首の内側に皮脂腺がありマーキング(臭いづけ)をします。
夢見では、ワオキツネザルは地上で、ブラウンキツネザルは樹上で暮らすことが多いため、同じ場所でも棲み分けができるだろう、と一緒に暮らすようにし成功しています。レムール舎内3ヶ所(ブラウンキツネザルと一緒のメスグループ、同じくオスグループ、そしてクロキツネザル舎内)に分かれて住んでいます。

名 前 ワオキツネザル(輪尾狐猿)
学 名 Lemur catta
英 名 Ring-tailed Lemur
分 類 霊長目(サル目){?}キツネザル科
分 布 マダガスカル南西部の落葉樹林、乾燥林、低木林の樹上に群れで暮らす。
食 物 草や木の実、果実、まれに昆虫
夢見定食 サツマイモ、煮サツマイモ、ニンジン、小松菜、リンゴ、トマト、バナナ、ミカン、煮干



日光浴が大好きなワオキツネザル2004/03/28
エリマキキツネザルほど新居に慣れていないようで、外に出ずに獣舎の中で、のんびりしていることもあります【写真左】。

2004/06/27
ブラウンキツネザルと同じ運動場を使用するようになりました。喧嘩もせず仲良く棲み分けています。午後4時、運動場が閉まるとき、ブラウンキツネザルの小屋に一緒に入りたがるのが一匹います。

  

2005/03/13
赤ちゃんが1頭誕生。お母さんのお腹にしがみついている小さな顔とヒモみたいな尻尾が見えています。現在は2つのワオキツネザル用獣舎のうち、1つが母子専用になっています。

2005/03/19
園内の掲示によると赤ちゃんが生まれたのは3月8日(火)だそうです。先週に続き隔離されていますが母子ともに元気です。小さなヒモみたいな黒い尻尾に白い輪が見え始めました。

2005/03/21
子供が周りに興味を持ち、お母さんの背に登るようになりました。

2005/03/27
現在3頭プラス子供1頭です。

2005/04/02
母子とも元気です。相変わらず隔離されています。母親は激しく動いても子供はシッカとしがみついています。時々父親が面会に来ます。


2005/04/08
2頭目の赤ちゃんが4月6日に誕生【写真上左】、3月8日の赤ちゃん【写真上中】と同じ父親ですが母親は別です(東京、ぴっぴさん)。これで住人はオス1頭、メス2頭、子供2頭になりました。

2005/04/09
4月8日に生まれたワオキツネザルの仔【写真上右】。

2005/04/09
4月6日に双子が生まれましたが生き残ったのは一頭でした。キツネザル舎は2部屋あり、1部屋は3月8日に生まれた子供と母親、もう1部屋は4月6日に生まれた子と両親が入り、ワオキツネザルの屋外展示は中止しています。屋外では共生しているブラウンキツネザルたちが、どうしたのかと部屋を覗きに来ます(川崎、RNさん)。本日の毎日新聞神奈川版によると、父親は推定3歳で昨年3月来園、メスのうち一頭は9歳、ここでは9年振りの繁殖だそうです。


2005/04/16
3月8日に生まれたワオキツネザルの子供【写真上左】。

3月8日に生まれた子供は大きくなり遊び盛りですが、まだ外に出しては貰えません。水道の蛇口に乗って遊んでいます【写真上中】。

2005/05/09 獣舎の扉が開き、母親と2頭の子供達は外の芝生に出て仲良く遊んでいます(東京、CTさん)。

2005/05/24
子供達は元気です。今日も外でピョンピョン跳ねながら、皆で仲良く遊んでいました(東京、CTさん)

2005/05/24
ブラウンとワオが同じ庭で同時展示になりました。どちらにも子供が生まれたので分離していましたが、思い切って同時展示に戻したそうです。

2005/05/26
ブラウンとワオ全員が同じ庭に出るようになりました(東京、ぴっぴさん)。

2005/05/29
2頭の子供は庭をピョンピョン跳ね回り、遊び盛りです。性別はまだ確認出来ていないようです。

2005/07/17
子供はブラウンキツネザルの双子と遊ぶようになりました。

2005/08/07
「暑い暑い」お昼過ぎ、親も子もバテ気味で冷房の効いた獣舎に入ります。投げ出した手足に尻尾も加わり太目の電線がこんがらがったようです【写真上右】。

2005/09/23
レムール舎がオープンしたときから、ここでは地上性のワオキツネザルと樹上性のブラウンキツネザルの同時展示を始めました。同じ運動場を使用し、ナイトルームは別々のため、それぞれが自分たちの部屋を覚えるのに3ヶ月かかりました。サルの世界ではメスがオスを選びます。子供が生まれると地上性のワオキツネザルは背中に子供を乗せ、樹上性のブラウンキツネザルはお腹に子供を下げて歩きます(夢見ヶ崎動物公園、横田さん)。


2006/03/11
一頭が右手の先を怪我したらしく赤いサックをしています。本人(ワオ)はそれが自慢のようです。一緒のワオにはそれがうらやましいようで、しきりに気にしていました【写真左】。

2006/04/20
今朝、赤ちゃんが1頭誕生しました。母子ともに順調なようです。

2006/04/22 赤ちゃんは両親に守られナイトルームにいました。お母さんの胸の下で、必死にしがみついている小さな頭と尻尾がちょこんと見えていました【写真右: ひよっこさん提供】。

2006/04/29
お母さんはナイトルームでの隔離が終わり、表に出るようになりました。赤ちゃんを抱いて切株に座っていると、次々とブラウンキツネザルが赤ちゃんを見にやってきます。

2006/05/02
昨日、4月20日に続き、片キバと呼ばれるメスも出産、昨年に続きぴっぴさんが撮影に成功しました。PhotologZoo をご覧ください。


2007/03/13
動物園の獣医さんによると、11日にワオの「首振り」に仔がうまれました。この春の出産第一号かも知れません。

2007/03/14
生まれた仔はワオキツネザル舎で見ることができますが、来週にはグラウンドへ出せそうです(SAUDE! SAUDADE 2 2007/03/13 に生まれたばかりの素晴らしい写真が掲載されています)。

07/03/17 母(首振り)と赤ちゃん2007/03/15
11日に生まれたワオッ仔は順調に育っているそうです。

2007/03/17 親子三人、ナイトルームに隔離されていました。赤ちゃん【写真左】は母親にしっかりしがみついていました。来週、暖かくなれば春の動物園まつりには外(グラウンド)に出て人気を集めることでしょう。

2007/03/20
11日に続き「片キバ」にも子供誕生。この春2頭目の子供です。

2007/03/21
春の動物園まつり「園内リレーガイド」でも生まれたことが紹介されました。ひよっこさんの「夢見zooにいってきたよ」にかわいい写真があります。これでワオ一家は総勢9頭になったそうです。

07/03/31 エリマキキツネザルの隣りに移されたワオ 07/04/21 07/03/31 首振りの子(3/11生まれ)がこんなに大きく

22007/03/31
バックヤードにいた瞳が茶色のオス【写真上左】が、エリマキキツネザルの2つあるナイトルームのひとつに移動しました【写真上中】。これと一昨年生まれた首振りの子供(メス)を一緒にして宇都宮動物園に夫婦養子で行くことになるそうです。
3月11日に生まれた首振りの仔【写真上右】は、こんなに大きくなりました。20日誕生の片キバの仔は、まだ母親にしがみついたままで小さな尻尾がちょこんと見えています。

2007/04/05
ひよっこさんの「夢見zooにいってきたよ」によると、宇都宮に行くオスは、首振りの娘とバックヤードで同居中、エリマキキツネザルの2つあるナイトルームのひとつに居候中のオスは、ずっとここに居るようです。

007/04/07
エリマキキツネザルのナイトルームのひとつに居候中のワオは、エリマキと共生を始めました。いままで、ワオとブラウンの共生は行われましたが、ワオとエリマキの組み合わせは初めてです。ワオは、現在、片キバ母さんと、首振り母さんの2グループに別れていますが、両方からはみ出たオスを集め、エリマキと共生させるようです。エリマキの2頭もオスなので、完全な男だけの世界になりますが、人間同様むさ苦しい世界になるかどうか。

2007/04/18
ワオキツネザルのオスと首振りの娘(2才)が宇都宮に行き、夫婦養子として迎えられました。交換でミーアキャットが夫婦養子で来園しました。

07/05/12 2007/04/21
片キバ親子は、まだ日中もナイトルームに居ます。首振り親子は、日中は外に出ています。

2007/05/05
片キバ親子もグラウンドにでるようになり、今年生まれた2頭の子供たちは順調に育っています。

2007/05/12
ワオキツネザルの母子【写真右】。

2007/05/29
4月、宇都宮動物園に夫婦養子で行った2頭の元気な様子が「ブログ「動物園からの手紙」」に掲載されました。

2007/06/04
上尾(埼玉の上尾丸山公園小動物コーナー)との動物交換?で、去年生まれたオスがお婿入りしました。


2007/06/05
お婿さんに行ったワオっ子の最近の様子と写真がひよっこさんの夢見zooにいってきたよで紹介されています。

2007/07/21
今年3月11日に生まれた、白いおでこがどちらかというと富士額の仔は「アンズ」、3月20日生まれの、白いおでこが平らな仔は「アイス」と命名されました。

2007/08/26
ワオキツネザル/ブラウンキツネザル共用のグラウンドにブランコ【写真左】が置かれ、今年生まれた「アンズ」と「アイス」が遊ぶ姿がひよっこさんのブログにあります。

2007/09/29
いままでエリマキキツネザルと同居していたオス1頭は、エリマキキツネザルの嫁さんがきたためどこかに移されました。今年はお彼岸が過ぎるまで、ずっと暑い夏が続いていましたが、突然、気温が半分近くに下がったため、ワオの子供は随分大きくなったのに暖かいお母さんにしがみついて離れようとしませんでした【写真右】。

2007/10/01
右犬歯突出のオスは、9月28日整復しました。

2007/10/19
ブラウンとワオは♂♀を分けるため真ん中にネットを張りました。多頭飼育は一見にぎやかで楽しく見えますが実情は結構厳しいものなんです。(ブログ「動物園からの手紙」 07-10-19)。

2007/11/01
お互いに闘争したメス2頭(ババとタヌキ)のあっちこっちを縫合手術しました(ブログ「動物園からの手紙」 07/10/31)。
2007/11/17 9月の終わりまでエリマキキツネザルと同居していたと思われるオスが、再びエリマキキツネザルのところに戻ってきたようです。

2007/11/21
17日にエリマキキツネザルのところに戻ったのは、退院した「タヌキ」♂だそうです。オスの「パパ」も退院し、ブラウンの♂と同居を始めました。


2008/02/19
「タヌ」♂が入院しました。

2008/02/27
闘争を回避するため、オスの「タヌ」を分離しました。

2008/03/06
「片牙」♀が入院しました。

2008/04/29
新緑萌える季節、無事冬を越した寒さが苦手のワオたちは、レムール舎の屋根のうえで少々暑いくらいの陽射しを全身で受ける日光浴を楽しんでしました【写真左】。

2008/05/04
ワオとブラウン、同じグラウンドで共棲していますが、子供同士は一緒に遊んだり毛づくろいしたりと仲良しです【写真右】。
  

2009/01/11
去年の秋、夢見から市原ぞうの国に3頭?が行き、元気に暮らしています。

2009/07/06
入院していたアンズが3日仮退院しました(ブログ「動物園からの手紙」)。4日、ケージに入ったままクロキツネザルのナイトルームに居候していました【写真右】。

2009/07/12
「アンズ」はケージから出され、クロキツネザルと一緒に住むようになりました。いまのところ一緒に行動することはなさそうです、闘争もなさそうです。

2009/07/18
クロキツネザルと一緒に住み始めたワオキツネザルの「アンズ」は、仲良く暮らしています(ブログ「動物園からの手紙」)。

2009/08/15
クロキツネと一緒の「アンズ」が姿を消しました。16日にもいませんでした。

2009/08/22
「アンズ」はやはりクロキツネのところから姿を消したままです。

2009/08/29
以前、クロキツネザルと一緒にいた「アンズ」が、半月ぶりに戻ってきました。

  

2010/09/20
今まで家族舎と独身舎に分けられていた、ワオキツネザル+ブラウンキツネザル舎は、秋の動物園まつり、動物リレーガイドでの説明によると、繁殖抑制のため、今では家族舎はメス専用に、独身舎はオス専用にしているそうです。リレーガイドでは、毛の色や位置によるそれぞれの個体の見分け方(全員に名前がついています)の説明がありました。クロキツネザルと一緒にいるアンズ♀は、他のワオキツネザルとの相性が悪いため、ここに居るそうです。クロキツネザルのオス2頭と同居しているのですが、最近ではオス2頭よりも威張っています【写真上左】。

2010/10/16
陽だまりでのんびり寛ぐメス。暑い夏もおわり、これからだんだん寒くなってくると、陽だまりで全身を広げるキツネザル独特の姿が見られるようになります【写真上中】。

2010/11/27 寒そうに日向ぼっこするブラウンキツネザルとワオキツネザル
いよいよ寒くなってきました。冬恒例の陽だまりでの日向ぼっこの季節が始まったようです。ワオキツネザルのほうが両手を広げ、それらしい恰好ですが、ブラウンキツネザルのほうは、まだ寒さに慣れていないためか、寒そうに身体を縮めていました。この冬は厳冬なのか暖冬なのか気になるところです。

2010/12/20
クロキツネザルのところにいるアンズ♀【写真上右】は、クロキツネザルのメスがいなくなり、残ったオス2頭がいつも一緒にいるため、仲間はずれとなり、いつも1頭で寂しそうです。

  

2011/01/29
クロキツネザルのナイトルームは2つあります。いままで、メスに先立たれたオス2頭が別々のナイトルームに陣取っていましたが、今日はクロキツネザルのオス同士が1つのナイトルームに、以前からクロキツネザルのオス1頭と同居していたワオキツネザルのアンズがもうひとつのナイトルームに入れられていました。

2011/02/05
1頭で暮らす「アンズ」のもとに新しいケージが運び込まれました【写真上左】。なかからブラウンキツネザルの金色の目が見えます。新しい相棒のようです。

2011/02/19
クロキツネザルのナイトルームに居候中のワオキツネザル「アンズ」のところに、ケージに入れられやってきたブラウンキツネザルはケージごと姿を消しました。

2011/06/11
クロキツネザル舎にいる「アンズ」【写真上中:奥の尻尾】と金網を隔て話すワオキツネザル。「アンズ」は同居しているブラウンキツネザルとも仲良しです。外への扉が閉じられているときは2頭で寄り添っています【写真上右】。


2011/07/17
暑い暑い。「アンズ」は外に出るより部屋の中が涼しいと、椅子にもたれ昼寝を決め込んでいました【写真上左】。

2011/07/30
メスグループでは、1頭が外の風とおしのよいところでのんびりしていました【写真上中】。

2011/10/02
ツクツクボウシの鳴く夏と、穏やかな気温の秋が交じり合う加瀬山で、ワオがのんびり日向ぼっこしていました【写真上右】。

2011/12/23
【写真左】ブラウンキツネザル(左)とワオキツネザル(右)の猿団子。寒くなると暖を求め仲の良い、くっつき合いが始まります。

2011/12/31
陽の射す日中は風の来ない金網の上で、両手、両足を広げた日光浴が見られます【写真右】。


2012/02/11
12月の冬至に比べると少しずつ日が長くなってきました。冬本番とは言え、風の当たらない陽の射し込むナイトルームは温かです。ブラウンキツネザルとワオキツネザルがそんな日溜りのなか、うつらうつらしていました【写真左】。それでも陽のあたる場所が時間の経過とともに少しずつ変わるため、ときどき、ちゃんと日溜りのなかにいるかどうか確認しているようです【写真右】。

2012/03/18
春の動物園まつり「バックヤードツアー」で、肺に腫瘍ができたワオキツネザルのレントゲン写真を例に、動物病院での病気への取り組みが紹介されました。

2012/05/02 かながわ生き物語<4>のんびり 日なた大好き ワオキツネザル 夢見ケ崎動物公園
 伸び上がるようにあごを突き上げ、太陽に向かって白い腹を丸出しにするポーズ。木の切り株にチョコンと腰掛け、気持ち良さそうに目を細めている。
 ワオキツネザルの飼育担当の河尻睦彦さん(51)によると、日なたぼっこを楽しんでいるのだという。河尻さんが「たまらなくかわいい」と目尻にしわを寄せるこのユニークなしぐさは、日差しの強い日中に見ることができる。「今だと午前中の方が見られる可能性が高いです」
 ワオ(輪尾)の名の通り、黒と白が交互に輪になっている長い尾が最大の特徴だ。英名も「Ring(リング=輪)-tailed(テール=尾)」。キツネのような容姿と見えなくもないが、さすがはサル。両手両足を器用に使い、二、三メートルジャンプする身の軽さを披露してくれる。児童歌で有名な「アイアイ」も仲間という。アフリカ大陸南東の、年間平均気温二〇度以上のマダガスカル島が原産地のため、寒さには弱く、夜を過ごす小屋には床暖房を備える。
 夢見ケ崎動物公園では、ブラウンキツネザルと同じ園舎で暮らしている。ブラウンキツネザルの数が増えすぎてその繁殖を抑えるため、オスとメスを別々にする必要に迫られたためという。かわいそうに、ワオキツネザルも向かって左側にオス、右側にメスと、別々に暮らすことになってしまった。
 もともとの生息地に天敵がいないためか、性格はいたって温厚。別種との共同生活も順調という。河尻さんによると、周囲を見渡せる平地に暮らすサルのため、ジャングルなどに住む種類と違い、仲間同士で連絡を取り合うための大きな声もない。周囲で別のサルが大音量を発すると、小さなネコのような声で応じるくらいだ。
 それでも、一緒にすると、引っかいたりかんだりと、けんかが絶えない仲間も。仕方なく、メスの園舎では、ワオキツネザル、ブラウンキツネザルそれぞれ一匹ずつが別の小さな部屋で暮らす。「人間と同じですよ」と河尻さん。「どうしても性格が合わないのがいるんでしょうね」
 不思議なことに、仲間外れになってしまったこの二匹、別種なのに実に仲むつまじい。じゃれ合ったり、抱き合うようにして眠ったりする姿が見られる。
 「じっくり見ていると、いろいろなしぐさを見せてくれます」と河尻さん。「ぜひ長い時間かけて観察してほしい」と話している。
<夢見ケ崎動物公園> 川崎市幸区南加瀬。JR南武線鹿島田駅から徒歩約20分、JR横須賀線・湘南新宿ライン新川崎駅から同約15分。JR川崎駅西口からバスも。年中無休。午前9時~午後4時。入場無料。ホームページ(園名で検索)の案内で分からない場合、問い合わせは同園=電話(588)4030=へ。(東京新聞神奈川版 2012/05/02)

2012/05/28
ゆめみにゅーす「獣医の日記」にレムールの治療の様子が紹介されました。また2月1日~4月30日の間に、ワオキツネザルのメス1頭が亡くなりました。(ゆめみにゅーす第24号 2012/05/11)

2012/08/19
西日がガンガン照りつける中、今日も元気な暑さに強いワオキツネザル♀【写真右】
  

2012/09/29
夏の終わり、日光浴を楽しむメス。強い日差しとももうじきお別れです【写真上左】。

2012/10/08 秋の動物園まつり
動物リレーガイドでは、ワオキツネザルとブラウンキツネザルが一緒に飼育されていること【写真上中】、最近の様子、個体識別の話などが紹介されました。また、クロキツネザル舎にいるワオキツネザルとブラウンキツネザルは、仲間との相性が悪く一緒に住めないため、離されているとのことでした。

2012/10/21
秋らしく涼しくなってきました。陽の当たらないナイトルームでは、寒さ避けるため体をくっつけ合う〝サル団子〟が始まりました【写真上右】。


2012/11/03
〝「猿団子〟の季節が始まりました。【写真上左】は、ワオキツネザルの猿団子。【写真上中】は、ワオキツネザルの「アンズ」♀と、ブラウンキツネザルの「ロール」♀の猿団子です。

2012/11/24
今日は少し暖かいのか並んで日光浴していました【写真上右】。

  

2013/01/26
冬のあいだはいつも太陽の方向を向き両手両足を広げ日光浴です【写真上左】。

2013/02/11
陽だまりのなか、真剣な表情でお互いに毛づくろいするワオキツネザル【写真上中】。

2013/02/17
ブラウンキツネザル2頭とワオキツネザル1頭の猿団子。真ん中にいるのがワオです【写真上右】。

2013/03/07 ★ピックアップ動物★ ワオキツネザル 分類: 哺乳綱 サル目 キツネザル科
 尾に輪の模様があることがその名の由来です。マダガスカル島南部の乾燥林などに生息し、昼間(特に朝夕)活発に活動します。ちなみにマダガスカル島に生息する生物は大部分が固有種(その地域のみにしか生息しない)です。ワオキツネザルは日本のみならず、世界中の動物園で繁殖に成功し、多くの人に知られるキツネザルの1種です。
野生ではメスを中心とした群れをつくり、メスのほうがオスより優位な場合が多く見られます。また、群れの中の同性どうしでも優劣の順序があり、争うこともありますが、毛づくろいなどを通じて親和な関係を保っています。寒い時には群れの仲間と身を寄せ合って団子状になるほか、上半身をすっくと伸ばして日光浴をする姿も見られます。(ゆめみにゅーす VOL.27 平成25年2月4日付)


2013/03/24
今日は春の動物園まつりの日です。ずいぶん暖かくなってきたものの、ナイトルームの中はまだ猿団子状態でした【写真上左】。

2013/09/28
暑い夏を乗り切ったワオキツネザル。少し涼しくなったためか、ブラウンキツネザルにべったりくっついていました。

2013/10/06
屋内で日光浴する2頭のワオキツネザル【写真上中】。

2013/10/14
外が寒くなってきたため室内の日当たりの良い場所でのんびりくつろくワオキツネザル【写真上右】。

  

2014/03/15
室内の日当たりの良い場所でお互い毛繕い【写真上左】。ワオキツネザル(左)とブラウンキツネザル(右)。

2014/04/16
閉園時、なかなかナイトルームに入ってくれないワオキツネザル【写真上中】。それから、スタッフ総出で『大捕り物』が繰り広げられます【写真上右】(島貫様)。


2014/04/20
ワオキツネザルの「アンズ」♀。ブラウンキツネザルの「ロール」と一緒にクロキツネザルの隣に住み、クロキツネザルと交代で運動場に姿を見せます。「ロール」は木々を伝い高い所を飛び跳ねますが、「アンズ」は地面にいることのほうが多いようです【写真上左】。

2014/05/17
暑くなり動きが活発になったワオキツネザル。メス舎の屋根で日にあたるメス【写真上中】。

2014/08/09
ブラウンキツネザル♀と一緒に扉の上に器用に座り、台風11号の影響でときおり降る雨を眺めるワオキツネザルのメス【写真上右】。


2014/08/15
直射日光を避け部屋でくつろぐワオキツネザル【写真上左】。

2014/08/24
【写真上中】レムール舎のうえの金網の屋根を行くワオキツネザル♂。金網で仕切られた向こうには、クロキツネザル舎に同居しているワオキツネザルの「アンズ」が会いに来ています。【写真上右】レムール舎の外への扉のうえでくつろぐメス。


2014/09/13
クロキツネザル舎にいるブラウンキツネザルの「ロール」(左)と、ワオキツネザルの「アンズ」(右)。樹上性の「ロール」は地上ではおっとりしていますが、地上にいることが多い「アンズ」は金網にマーキングしたりと、せわしなく動き回っています【写真上左】。

2014/10/18
夏が過ぎ、ワオキツネザルたちは、いままで避けていた日の光を求め、独特の日光浴スタイルを見せるようになりました【写真上中】。

2014/11/08
この時間、外に出してもらえないナイトルーム待機組のブラウンキツネザルとワオキツネザルが、なぜか全員天井からぶら下がっていました【写真上右】。

2014/11/22
ワオキツネザルのメス。地上歩行中、高々と長い尻尾を上げていました【写真右】。
  
  

2015/01/24
こちらではブラウンキツネザルとワオキツネザルが仲良く一緒に暮らしています【写真上左】。

2015/02/07
この冬の寒さもピークにきたようです。ブラウンキツネザルとワオキツネザルが固まって暖をとっていました【写真上中】。

2015/03/29
レムール舎に入ると、ワオキツネザルがガラス越しに親しげに寄ってきました【写真上右】。


2015/07/04
クロキツネザル舎の2つある部屋のひとつには、ブラウンキツネザルの「ロール」がいます。群れと相性が悪いためここにいるのですが、この部屋に新しくケージが置かれました。中にいるのはワオキツネザルのようです【写真上左】。去年の11月まで、ワオキツネザルの「アンズ」が「ロール」と一緒でしたが、喧嘩して分けられていました。その「アンズ」が戻ってきたのでしょうか。お互い気になるようで、2頭とも、せわしなく動いていました。

2015/07/11
ケージのなかのワオキツネザル。やはり「アンズ」のようです【写真上中】。

2015/07/16
新しいケージの中にいるのは、確かにワオキツネザルの「アンズ」で間違いないそうです。ブラウンキツネザルの「ロール」に馴れさせるための〝お見合い〟をさせているそうです(島貫様)。

2015/07/19 & 25
ワオキツネザルの「アンズ」は、まだ狭いケージのなかで活発に動いています。ブラウンキツネザルの「ロール」とお互い慣れるための〝お見合い〟はいつまで続くのでしょう。

2015/08/19
ワオキツネザルの「アンズ」は、まだブラウンキツネザル「ロール」の部屋でケージに入ったままです。

2015/08/28
閉園時、レムール舎のワオキツネザル+ブラウンキツネザルの♀ブースでは、なかなか部屋に戻ってくれず、飼育スタッフの苦労は続きます【写真上右】(島貫様)。

2015/09/06
ワオキツネザルの「アンズ」がここに来て2ヶ月、いまだケージのなかです。ブラウンキツネザル「ロール」とのお見合いはまだ続いています。


2015/09/11
台風18号の影響による長雨が去り、久しぶりに射した日光を楽しむワオキツネザル【写真上左】。
クロキツネザル舎内にいるブラウンキツネザルの「ロール」と同居するためケージに入ったまま「ロール」の部屋に運び込まれたワオキツネザルの「アンズ」は、ようやくお見合いが終わり、自由の身になりました。部屋を覗くと「アンズ」は両手で天井からぶら下がり、左足で餌を握り満足そうでした【写真上中】。「ロール」とのいざこざも起きていないようです。

2015/09/12
運動場でのブラウンキツネザルの「ロール」(左)とワオキツネザルの「アンズ」(右)。「アンズ」のほうが来園者に積極的に近寄り、「ロール」は、いつも、その後をくっついてくる感じです【写真上右】。


2015/11/03
レムール・メス舎で、寄り集まったブラウンキツネザルのなかに潜り込み暖をとるワオキツネザル【写真上左】。

2015/11/15
仲良く並ぶワオキツネザル(左)とブラウンキツネザル(右)。尻尾を見ると、この2頭のあいだに逆向きでもう1頭いるのでしょうか【写真上中】。

2015/11/21
寒そうにナイトルームの空いた扉のうえで日向ぼっこするメス。ここにはいつも誰か座っています【写真上右】。それをナイトルーム内部から覗くとこんな具合です【写真左】。

2015/11/29
クロキツネザル舎に居候?のワオキツネザルの「アンズ」(左下)とブラウンキツネザルの「ロール」(右ドアの上)【写真右】。

2015/12/10
恋の季節に入ったのか、オス舎とメス舎の間でお互いを呼び合う鳴き声が聞こえます。オスは「クウェーン」と長く尾を引く悲しそうな声、それに応じるメスは「クワッ、クワッ」と鋭く短いものでした。

  

2016/01/10
日光浴する「アンズ」【写真上左】。レムール・メス舎のなかで日光浴のワオキツネザル【写真上中】。

2016/01/21
〝寒い寒い〟ワオキツネザルの「アンズ」は、ブラウンキツネザルの「ロール」としっかり抱き合い、長めの輪尾をマフラーのように巻いてサル団子を作ろうと懸命です【写真上右】。


2016/03/12
ナイトルームの天井から吊るされた箱で休むワオキツネザルのる「アンズ」(手前)と、その先で「アンズ」に寄り添うブラウンキツネザルの「ロール」【写真上左】。

2016/03/20
外の高いところで日光浴するブラウンキツネザルの「ロール」(左)とワオキツネザルの「アンズ」(右)【写真上中】。

2016/03/21
ワオキツネザル・ブラウンキツネザル一緒のオス舎で現在いるのは、ワオキツネザル1頭、ブラウンキツネザル7頭だそうです(動物リレーガイド)。

2016/04/09
ブラウンキツネザルの「ロール」(左)とワオキツネザルの「アンズ」(右)【写真上右】。
ワオキツネザル・ブラウンキツネザル一緒のオス舎で毛繕いするキツネザルたち。白いのがワオキツネザル【写真右】
  

2016/04/16
天井から下がった箱がお気に入りのブラウンキツネザル(左)とワオキツネザル(右)【写真上左】。

2016/05/07
レムール(キツネザル)舎は、エリマキキツネ舎、クロキツネザル舎、ワオキツネザル+ブラウンキツネザル舎(メス舎)、同(オス舎)の4つに分かれており、その4区画の接点がある屋上では、色々なレムールを同時に見ることができます。【写真上中】は、左上:エリマキキツネザル、右下:ワオキツネザル(2頭)、真中奥:ブラウンキツネザルとワオキツネザルが昼寝していました。

2016/07/10
クロキツネザル舎の隣に住むブラウンキツネザルの「ロール」(手前)」と「アンズ」(奥)は、どちらも本来の群れと相性が悪く、ここで一緒に暮らしています【写真上右】。


2016/07/23
暑くなり元気よく外で遊ぶワオキツネザル【写真上左】。レムール舎のメス区画に張られた新しい遊具【写真上中】。

2016/09/18
ワオキツネザルに〝写真撮らせて〟と頼むと、ちゃんとポーズをとってくれました【写真上右】


2016/10/08
通路のうえに張られた網の上で尻尾の先まで伸ばし秋の日を浴びるメス【写真上左】。

2016/11/13
木の上で日光浴するメス【写真上中】。

2016/11/20 秋の動物園まつり
レムール舎には床暖房が入っています。クロキツネザル舎には、クロキツネザルと、ワオキツネザル+ブラウンキツネザルの2グループがいます。外へは1日交替で出されます。メス舎では2頭がのんびり日向ぼっこしていました【写真上右】(動物リレーガイド)。

  

2017/01/29
レムール(メス)舎ではワオキツネザルとブラウンキツネザルが仲良く日光浴していました【写真上左】。

2017/02/19
エリマキキツネザルと獣舎を分け合うワオキツネザルの「アンズ」が独特のポーズで日光浴していました【写真上中】。

2017/02/25
長い尻尾をマフラーにして日光浴【写真上右】。


2017/03/11
日光浴するブラウンキツネザルの「ロール」(左)とワオキツネザルの「アンズ」(右)【写真上左】。

2017/04/08
ワオキツネザルの「アンズ」(左)とブラウンキツネザルの「ロール」。クロキツネザル舎にいます【写真上中】。

2017/04/16 飼育の日
独特のポーズで日光浴して人気のあるワオキツネザルの「アンズ」【写真上右】。


017/04/28
ブラウンキツネザル・ワオキツネザル舎、オス舎のワオキツネザル【写真上左】。

2017/07/29
外へのドアの狭い場所に陣取るワオキツネザル。この場所が気に入っているようです【写真上中】。

2017/08/17
高いところが好きなワオキツネザル【写真上右】。

2017/09/09
レムール舎でケージに入っているワオキツネザルはアンズです。同居しているブラウンキツネザルのロールと些細なきっかけでいさかいを起こし、ロールが負傷したため、2頭を隔離したのですが、これまで仲良くやっていたことから、ほとぼりが冷めれば今後も仲良くやっていくことは可能だと判断し、「顔が見える状態で、かつ手は届かない状態」のお見合い形式をしています。その際、弱気な方(ロール)をケージに入れてしまうと、余計萎縮して同居がうまくいかなくなることが多く、逆のパターンだとうまくいくことが多いことから、アンズをケージに入れています(夢見ヶ崎動物公園)。

2017/10/26
部屋のなかで飛び跳ねるブラウンキツネザルの「ロール」、その奥で白く見えるのがケージの中で窮屈そうなワオキツネザルの「アンズ」【写真右】。

  

2018/01/27
夢見の風物詩、ワオキツネザルの日光浴風景【写真上左」。そしてメス舎の風景【写真上中】。
お腹が大きく見えるメスが一頭います。

2018/02/03
固まって暖をとるメス舎のワオキツネザル(手前3頭)とブラウンキツネザル(奥2頭)【写真上右】。

2018/03/26
お腹の大きいメスが2頭います。動物公園の話では、みんなと同じ餌をあげているだけなのに、なぜかこの2頭だけがどんどん太っているそうです。


2018/04/22 飼育の日でのキーパーズトーク
レムール舎での説明。ワオキツネザルとブラウンキツネザルは、バナナが大好きでトマトは苦手とのことです【写真上左】。

2018/06/02
日光浴するワオキツネザルのメス2頭【写真上中】。

2018/06/30
天井下の網のうえでくつろぐワオキツネザルのメス【写真上右】。


2018/08/13
ワオキツネザルの「アンズ」。ブラウンキツネザルの「ロール」と一緒にクロキツネザルの隣に住んでいます【写真上左】。

2018/08/26
室内で涼むワオキツネザル【写真上中】。

2018/09/08
レムール舎のクロキツネザル居住区は2つに分かれ、ひとつにはクロキツネザルのオス2頭、もうひとつにはワオキツネザルの「アンズ」とブラウンキツネザルの「ロール」が一緒に住んでいます。外の運動場は、クロキツネザルと、ワオキツネザル+ブラウンキツネザル・グループが交代で使用するため、写真のような掲示が出されるようになりました【写真上右】。


2018/09/22 ゆっくり食べよう エンリッチメント餌台
動物公園での飼育環境は、毎日が単純で変化が少ないものになりがちです。レムール舎のキツネザルたちも、特に給餌(食事)のときは、空腹で待ちきれず、エサを与えるとすぐに食べ終えてしまいます。(野生では、時間をかけて探しながら採食しています)
そこで、環境エンリッチメントとして、少しでもキツネザルたちがゆっくりと食べられるよう、またその様子をお客様に観察していただけるよう、既存の台のほかに新たに竹筒のエサ入れを用意しました。これをレムール舎内の各グラウンドに取り付けたところ、キツネザルたちはみな興味深々で、すぐに学習し、手探りで上手に果物やペレットを探して食べています。
この様子はレムール舎にてご覧いただけます。給餌時間は午前10時頃です。ぜひお越しください。(給餌時間は天候等により時間は前後するほか、日によっては竹筒エサ入れでの給餌は実施しない日もあります。ご了承下さい) (湯澤)【写真上左】(公式FB)

2018/10/03
秋の日差しを浴びくつろぐワオキツネザルのメス【写真上中】。

2018/10/13
ワオキツネザルのメス【写真上右】。

2018/10/27
ワオキツネザルのメス【写真右】。この前でキツネザルについてのキオーパーズトークが行われ、原産地、マダガスカルとキツネザル(レムール)の紹介、夢見のキツネザルについての詳しい説明がありました。
  
  

2019/01/19
園内のあちこちに夢見の動物たちの写真が掲示されるようになりました。【写真上左】は、旧売店前のベンチ背もたれに貼られたワオキツネザルの写真。

2019/03/16
来園者に近い格子際で日光浴するワオキツネザルのオス【写真上中】。

2019/06/01
ワオキツネザルの「アンズ」。クロキツネザルと日替わりで外に出ています【写真上右】。


2019/06/13
レムール舎の屋上で仲良くお互いに毛繕いするワオキツネザルの「アンズ」(左)とブラウンキツネザルの「ロール」【写真上左】。

2019/07/06
尻尾を毛繕いするオスのワオキツネザル【写真上中】。

2019/08/05 すっきりしました
 今年は5月に急に暑くなったと思ったら、6月7月と梅雨寒が続いていますが、季節は確実に移り変わっており、動物たちも冬毛から夏毛へと換毛しています。
 冬毛と夏毛で色や模様がすっかり変わってしまうのはホンシュウジカ。くすんだ焦げ茶色から、オレンジがかった茶色の毛に木漏れ日を思わせる白い斑点模様へと変身しますが、どちらもその季節において森林では目立たない色合いです。
 夢見ヶ崎動物公園にいる他の多くの動物たちの換毛 は、ふわふわしたダウンコートが抜け、全体的にすっきりした印象になります。ホンドタヌキのげんまいは まさにその典型で、夏と冬では別の動物のようなシルエットです。
 キツネザルたちは特に尾がスッキリ、細く見えます。 レッサーパンダに至ってはみすぼらしく見えるほど尾が細くなります。
 ヤギたちは木の柵や職員手作りの網に体をこすりつけ、抜け毛を自分で落とします。オスのヤギやマーコールは自分の角が届く範囲をわかっているようで、角の先端で背中を掻いていることもしばしばです。
 色も体の大きさもあまり変わらないものの、顔周りで大きな変化があるのがロバで、冬毛の時だけ、立派な前髪が現れます。
 冬の姿と比べてみると、ほかにもまだまだ発見があるかもしれませんね。
(ゆめみにゅーす VOL.53)

2019/08/05 獣医の日記
 動物の体調管理をするうえで、観察しなければならない点はいくつもあるのですが、もっとも手軽で、観察しやすいものの一つは便です。人間、特に日本では、赤ちゃんの時を除いてほとんどさっさと 水に流してしまいがちですが、実にいろいろなことが分かります。
 たとえばいつもより軟らかい便の時、感染症で下痢をしている場合もあれば、水分を多くとりすぎただけ、ストレスで胃腸の動きが おかしくなって食べ物を完全に消化できていない…などいろいろな原因が考えられます。便を薄く延ばして染色液で染めて顕微鏡で見たり、遠心分離器にかけたりして寄生虫の卵を探したりする検査な どを行い、原因を突き止めて治療に入ります。また、コロコロした小さな便が数珠のようにつながっていることがあり、ほぐすと毛が絡まっていることがあります。換毛期に毛づくろいしてたくさんの毛を飲み込んだ結果です。便に粘液や血液が混じることもあります。
 大事なのは、いつもと違うかどうか、です。便が軟らかいと言っても、キツネザルやレッサーパンダは正常でも未消化物の多い便を出し、クモザルやオマキザルはちょっと興奮するといつでもどこで も下痢便をします。においも人間は「くさい」で済ませがちですが、特に出血があったり微生物が増えすぎたりしたときは普段と違うにおいになるので、無視できません。
 そんなわけで、仕事熱心な我々はごはんを食べながらでもうんこの話をしていることがしばしばです。
(ゆめみにゅーす VOL.53)

2019/09/11 強い台風15号が襲来
ワオキツネザルの「アンズ」(手前)とブラウンキツネザルの「ロール」【写真上右】。


2019/09/14
ワオキツネザルのメス【写真上左】。

2019/09/28
ワオキツネザルのメス【写真上中】。

2019/10/21
クロキツネザル舎にいるワオキツネザルの「アンズ」(左)とブラウンキツネザルの「ロール」【写真上右】。
日光浴するワオキツネザル【写真左】。

2019/12/29
体を寄せ暖をとるブラウンキツネザル(左)とワオキツネザル【写真右】。
  
  

2020/01/04
クロキツネザル舎の隣に住むワオキツネザルの「アンズ」(手前)とブラウンキツネザルの「ロール」【写真上左】。

2020/02/15
しっぽを担いで日光浴のワオキツネザルのメス【写真上中】。

2020/03/15
日光浴するワオキツネザルのメス【写真上右】。


2020/04/15 (現在臨時休園中)レムール(キツネザル)とシャガ
レムール舎で今満開なのが、シャガという花です。
アヤメによく似た白い花を咲かせ、スラリとした姿の葉が魅力です。冬でも枯れない丈夫な性質をしています。
人里近くの湿地に自生しているので、名前は知らなくても一度は見かけたことがあるかもしれません。
学名は「Iris japonica」といいますが、中国原産で、4〜5月に開花し、たいへん綺麗です。
コロナウイルス感染拡大防止のため、現在 夢見ヶ崎動物公園も休園措置を取っていますが、シャガとキツネザルの写真をどうぞお楽しみ下さい。
(湯澤)【写真上左と上中】(公式FB)

2020/05/02
レムール舎、ワオキツネザルのオス【写真上右】。そこへメスが近づき金網越しに寄り添っていました【写真下】。


2020/06/06
日光浴するワオキツネザル。閉園中はこれほど格子際まで来ることはありませんでした【写真上中】。

2020/06/27
レムール舎、クロキツネザル舎でワオキツネザルの「アンズ」と同居のブラウンキツネザルの「ロール」が居なくなりました。室内にあったケージもありません。「アンズ」だけが寂しそうにしていました。

2020/07/12
ワオキツネザルの「アンズ」。相棒のブラウンキツネザルの「ロール」がいなくなり寂しそうです【写真上右】。
  
  

2021/03/27
陽だまりでくつろぐワオキツネザルの「アンズ」【写真上左】。

2021/04/03 レムール舎の面々
レムール舎の全員を紹介する掲示がそれぞれの寝室前に出されました【写真上中】。
【クロキツネザル舎 寝室1(通路側)】
●アンズ Anzu ワオキツネザル 2007年3月11日生 ♀
 他のメスたちとなかなかうまくいかず、いまは一頭で暮らしています。ちょっぴり気が強くて、慎重派です。ときどき窓に手を置いて、わたしたちのことを見ています。
【メスグループ舎 寝室2(通路奥)】
●ワイン Wine ワオキツネザル 2006年5月1日生 ♀
 おでこの灰色部分のまんなかに、白い線が入っています。
 いつもアイスといっしょです。
 よく肩に乗ってエサをねだってきます。
●アイス Ice ワオキツネザル 2007年3月20日生 ♀
 おでこの灰色と白の境目がまっすぐにわかれています。
 いつもワインと一緒で、よく一緒にひなたぼっこしています。
【オスグループ舎 寝室1(通路側)】
●ダン Dan ワオキツネザル 1995年3月10日生 ♂
 目のまわりの黒い模様と頭の灰色の模様がほとんどつながってます。
 ひなたぼっこが大好きで、晴れた日にはよく座ってひなたぼっこをしています。
(園内の掲示より)

2021/09/26
レムール舎のワオキツネザル【写真上右】


2021/09/29
ワオキツネザルの毛繕いをするブラウンキツネザル【写真上左】。

2021/10/16 レムール(キツネザル)を取り巻く現状
 人間がマダガスカルに移り住んできたことで、農業や家畜の放牧などをするために、森林を切り開いたり、野焼きをしたりするようになりました。キツネザルを捕まえたり、牛やヤギなどの外来種を持ち込んだりしました。そのため、いまキツネザルは、絶滅の危機に瀕しています。環境の変化にうまく適応できず、すでに絶滅してしまったキツネザルもいます。
現地の人たちにも生活があります。自然破壊をしないですむように、観光資源を活用してエコツーリズムなどを行い、人間の生活と環境保護を、どちらもうまくいくようにしようとしていますが、まだまだ道半ばです。
 キツネザルのかわいい仕草を見るとき、少しだけ、キツネザルたちの現状に思いを思いを馳せてみてください。そして、私たちになにができるか、ぜひ一度考えてみてください。
【写真上中】(レムール舎の掲示)

2021/10/16 ワオキツネザル
 マダガスカルの固有種です。しっぽがしましまのため、ワオ(輪尾)キツネザルとよばれています。
 地上にいることも多く、数頭のメスとオスの群れでくらしています。群れの中心はメスで、一番いいものを食べ、なわばり争いのときも、メスが中心となって戦います。長いしっぽは仲間への合図や、オスの順位づけなどに使われます。
 おもに植物を食べていますが、ときどき昆虫や小動物なども食べます。
 地上を歩いて移動することも多いです。長いしましまのしっぽは仲間への合図にもつかわれます。
 朝はよく、すわってひなたぼっこをしています。
【写真上右】(レムール舎の掲示)
  

This home page is written in Japanese.
Copyright © 2021 Misato World. All rights reserved.